• TOP
  • ニュース一覧
  • カメラ画像利活用における事前告知・通知の事例をIoT推進コンソーシアムらがとりまとめ
2019/05/21

カメラ画像利活用における事前告知・通知の事例をIoT推進コンソーシアムらがとりまとめ

IoT推進コンソーシアム、経済産業省、総務省の3者は5月17日、「カメラ画像利活用ガイドブック 事前告知・通知に関する参考事例集」を公開しました。

近年、防犯のため以外にも顧客分析、行動履歴作成、風景監視、状況把握といったさまざまな目的で、店舗や屋外、交通機関にカメラが設置される事例が増加しています。一方で、カメラ画像の取得前・取得中に、当該カメラ画像の利用目的や利用方法が生活者に十分伝わっているケースは限られています。

IoT推進コンソーシアム、経済産業省、総務省の3者は2018年3月に、事業者が生活者のプライバシーを保護し、適切なコミュニケーションをとるに当たっての配慮事項を整理した「カメラ画像利活用ガイドブックver2.0」を公表しています。今回これに加え、カメラ画像の利活用に取り組む事業者が生活者と相互理解を構築する際の一助となることを期待して「事前告知」「通知」に関する実例を紹介する事例集をまとめました。

この事例集では、「事前告知・通知する内容として、どのようなものが適切なのか」「物理的な方法で実施する場合、どのような場所にポスター掲示などをするとよいか」「電子的な方法で実施する場合、どのようにWebサイト等を活用するとよいか」を紹介するとともに、事業者が行っている独自の工夫も取り上げています。

参考事例集は、総務省サイトよりPDFファイルがダウンロード・閲覧が可能です。


「事前告知・通知に関する参考事例集」紙面の例(公開資料より抜粋)

「事前告知・通知に関する参考事例集」紙面の例(公開資料より抜粋)

おすすめの動画

IoTで広がる世界とそのセキュリティ

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop