Trend Micro Cloud OneFile Storage Security

クラウドファイル/オブジェクトストレージのためのセキュリティ

※ 2020年3月時点の情報です。リリース予定は2020年第4四半期(10月~12月)以降。予告なく変更する場合がございます。

高度な検索機能

トレンドマイクロの脅威研究によって提供される、最新のファイルレピュテーション、亜種対策、および機械学習型検索によって不正プログラムを検索します。

柔軟な統合

ファイルスキャンAPIを介したカスタムワークフローによる柔軟な統合が可能です。これらのAPIは既存のツールおよびワークフローによって呼び出し可能です。

様々なサービスに対応

Amazon S3、Azure Blob、およびGoogle Cloud Storageを含む、主要なオブジェクトストレージサービスをサポートします

  • 2020年3月時点の情報です。予告なく変更する場合がございます。

エンタープライズ規模の保護

クラウドネイティブのアプリケーションアーキテクチャは、クラウドファイル/オブジェクトストレージサービスをワークフローに統合しています。しかし、その結果として脆弱となる新しい攻撃領域を生み出しています。Trend Micro Cloud One™  - File Storage Security(以下、File Storage Security)は不正プログラム検索を通じてワークフローを保護し、また広範なクラウドストレージプラットフォームをサポートします。

不正プログラム検索による脅威の減少

File icon

ファイルレピュテーション当社の不正プログラム対策シグネチャを使用して既知の不正なファイルをブロック

Variant icon

亜種対策難読化された、または多様な形態を持つ不正プログラムの亜種を、以前に確認された不正プログラムの断片および検出アルゴリズムを介して検索

Machine icon

機械学習機械学習アルゴリズムを使用して未知のファイルおよびゼロデイ脅威を分析

Advanced intel icon

高度なインテリジェンス30年以上に渡るサイバー攻撃の研究によって培われたスレットインテリジェンス

カスタムワークフローへの柔軟な統合

  • 新しいファイルがアップロードされたときにいつでもファイル検索がトリガされるよう自動化
  • APIによって、検索を呼び出し、それに従って対策を実行することが可能
  • 監査および調査のためにレポートおよび検索履歴の詳細情報を提供

 

ファイルストレージサポートのロゴ

主要なオブジェクトストレージサービスに対応

  • AWS S3、Azure Blob、およびGoogle Cloud Storage
  • シームレスな導入: その他のクラウドネイティブアプリケーションと整合性を持つKubernetes Helm Chartとして導入
  • 2020年3月時点の情報です。予告なく変更する場合がございます。

その他のCloud Oneサービス

File Storage Securityは、セキュリティプラットフォームであるTrend Micro Cloud One™のひとつです。このプラットフォームには以下の製品・サービスが含まれています。

※ 2020年3月時点の情報です。予告なく変更する場合がございます

File Storage Securityについて、さらに詳しく