ヘルスケア業界向け総合セキュリティソリューション

院内閉域網から地域医療、クラウドまで

セキュリティ課題

病院

  • 医療サービスを支えるシステムの安全性確保
  • セキュリティレベルの異なる部門
  • システム環境の全体最適化
  • ICT利活用の拡大にともなう適切な運用管理

医療・福祉/クリニック

  • IT人材・セキュリティ人材不足への対処
  • 情報リテラシーに起因するリスクの回避
  • クラウド利用時のリスク軽減

クラウドサービス事業者/地域連携サービス事業者

  • サービスとしての安定性・安全性の担保
  • 多種多様な外部接続によるリスクの最小化
  • 共有情報・連携データの保護

トレンドマイクロのセキュリティソリューション

医療・介護の現場特有の課題に対し、包括的なセキュリティを提供

サイバーリスクの侵害プロセスの進行を困難にさせる環境、対策が有効

1点集中での対策をすり抜けた際のリスクを低減するため、 複数のポイント(場所・層)で考えることが重要

病院

福祉・介護施設/クリニック

福祉・介護施設

クリニック

クラウドサービス事業者/地域連携サービス事業者

クラウドサービス事業者

地域連携サービス事業者

トレンドマイクロ製品群によるセキュリティ対策マップ

解説ウェビナー

オンデマンド(ライブウェビナーの録画版)

医療機関におけるBCPとサイバーセキュリティ               

病院情報システム(HIS)のランサムウェア感染が国内でも発生、報道されました。今後考えるべきセキュリティ対策のアプローチをご紹介します。

オンデマンド(ライブウェビナーの録画版)

医療機関のセキュリティインシデント 対応における課題と対策

攻撃を100%防ぐ事が難しい現在、インシデント発生時にいかに対処するかが重要です。あるべきインシデント対応の考え方と技術的対策をご紹介します。

導入事例

 

福井大学医学部附属病院

脅威情報を製品間で共有し“免疫”を自動で獲得する仕組みを実現ゼロデイ攻撃への一次対応を強化する

 

旭川医科大学病院

クローズド環境こそ内部対策が必要閉域網の安全を過信せず手間なく監視する仕組みと体制を構築

 

東洋メディック株式会社

ロックダウン型の対策製品を組み込み、 閉域網環境・可用性重視の医療機器の対策を実現顧客要望に真摯に応え、製品付加価値を向上

 

大阪回生病院

統制が困難な持ち込み端末であってもゲートウェイに設置するだけで対策ランサムウェアから医療現場を守る

ソリューション

複雑化するネットワークの防御

healthcare cyber security


住民に係わる情報を狙った標的型サイバー攻撃。これらの攻撃では巧妙な手口を使い、入口出口対策をかいくぐり、ネットワークに侵入してきます。

トレンドマイクロのネットワーク防御ソリューションは、ネットワーク上の不審な通信を可視化、さらに対策製品との連携により、お客さまの組織と重要なデータを守ります。

ハイブリッドクラウドセキュリティ


ITによる校務の効率化が進む一方で、セキュリティの原則として不正な侵入を防ぎ、価値あるデータを保護することは変わりません。

トレンドマイクロのハイブリッド・クラウド・セキュリティのソリューションでは、重要なデータを格納するサーバインフラが仮想化、クラウドと進化する中で最適化されたセキュリティによりサーバを保護します。

多様な環境におけるユーザ保護


トレンドマイクロのユーザ保護ソリューションは複数レイヤーでの防御アプローチにより端末、アプリケーション、場所を問わず、組織で取り扱う重要データやユーザを保護します。

Office 365向けセキュリティ


多くの医療機関が、クラウドのメリットを実現するためにOffice 365に移行しています。
患者の安全を守るために必要な保護を強化するために、Office 365向けのセキュリティを強化します。

ヘルスケア業界向け総合セキュリティソリューションについて、さらに詳しく