エグゼクティブ一覧

エグゼクティブ

エバ・チェン Eva Chen

エバ・チェン Eva Chen

代表取締役社長 兼 CEO

1988年にトレンドマイクロを共同創業し、設立当初より技術責任者として経営に従事。CTOを長年務める中で、数々の革新的なセキュリティ技術、製品開発を牽引。

CEO就任以前の1988年から1996年までは、エグゼクティブ・バイスプレジデント、そして、1996年から2004年までは同社のCTOに就任。エバの指揮の下、トレンドマイクロは製品からセキュリティ・マネジメント・ソリューションに至るまで、数々の業界初のサービスを展開。2004年末に、代表取締役社長兼 CEOに就任。

テキサス大学で経営学修士 (MBA) 並びに経営情報システム修士 (MIS) を取得し、さらに台北の国立政治大学で哲学の学位を取得。

彼女の多くの実績や受賞した賞のうち、顕著なものは下記の通り:

  • 2012年、V3 Magazine誌のHigh-flying Women in Technologyのトップ10に選出
  • 2012年、Forbes Asiaの「50 Power Businesswomen (アジアで最も有力な女性企業家トップ50)」に選出
  • 2012年、Cloud Security Alliance Industry Leadership Awardを受賞
  • 2009年、CRNの「Top 100 Most Influential Executives in the Industry (業界で最も影響力のあるエグゼクティブトップ100)」に選出
  • 2004年、Network Worldの「50 most powerful people in networking (ネットワーキングで最も影響力のある人物50人)」の1人に選出
  • 2003年、情報セキュリティにおける「Women of Vision (明確なビジョンを持った女性)」トップ5に選出
  • 2001年、Secure ComputingのLifetime Achievement Awardを受賞
マヘンドラ・ネギ Mahendra Negi

マヘンドラ・ネギ Mahendra Negi

代表取締役副社長(グループCFO)

マヘンドラ・ネギはCFOおよび取締役の一員として、グローバルなテクニカルサポート、IT、財務、および法務部門を担当。

マヘンドラのビジネス誌における評価のうち、顕著なものは下記の通り:

  • Institutional Investor誌にて、日本のインターネット・アナリスト第1位に選出
  • Institutional Investor誌および日本経済新聞の両誌にて、ソフトウェア・アナリストとして第2位に選出

 

トレンドマイクロに入社前の2000年5月に、Merrill Lynchに勤務し、日本のインターネットおよびソフトウェア業界に特化。

インドのナグプール大学で物理学の修士を取得し、ロンドンビジネススクールで経営学の修士号を取得。

大三川彰彦

大三川彰彦

取締役副社長

2003年、トレンドマイクロ株式会社に入社。日本地域代表の執行役員として、国内における個人ユーザならびに企業ユーザ向けビジネスの総責任者として同社を牽引。また、グローバルのエグゼクティブとしても従事し、2012年、取締役副社長に就任。

トレンドマイクロ入社以前は、日本ディジタルイクイップメント株式会社 (現日本ヒューレットパッカード株式会社) のセールスマネージャを経て、日本マイクロソフト株式会社で執行役員としてビジネスインターネット事業部長、エンタープライズ営業本部長、ゼネラルビジネス統括本部長を歴任。2003年2月、トレンドマイクロ入社。

1982年に日本大学商学部経営学科を卒業。

ケビン・シムザー Kevin Simzer

ケビン・シムザー Kevin Simzer

最高執行責任者 (COO)

COOとして、ケビンはグローバルセールス、マーケティング、事業開発、戦略的アライアンスおよび、会社の成長戦略を含むすべてのフィールドオペレーションを担当。

トトレンドマイクロに入社以来、最高マーケティング責任者(CMO)や、グローバルアライアンス、成長戦略などのさまざまな業務に従事。トレンドマイクロに入社前、セキュリティ企業のパイオニアであるEntrust(現Entrust-Datacard)にて、COO、ゼネラルマネージャ、最高マーケティング責任者(CMO)、エンジニアリング担当バイスプレジデントとして、さまざまな管理職を務め、同社の立ち上げに貢献。

Entrust社を設立する前、Nortel社のエンジニアリング部門でいくつかの製品開発ポジションに就き、次世代のネットワーク技術を開発。ケビンは、エントラスト社およびクイーンズ大学ハイパフォーマンス・コンピューティング・バーチャル・ラボラトリーで数々の役員を務め、革新的なクラウドネットワークセキュリティのスペシャリストであるCertes Networks社の役員としても従事。

コンピュータエンジニアリングの学士課程を修了し、カナダのオンタリオ州・キングストン市のクイーンズ大学でMBAを取得。

キャロル・アン・マクワイグ Carole Ann McCuaig

キャロル・アン・マクワイグ Carole Ann McCuaig

シニアバイスプレジデント グローバルビジネスオペレーション

キャロル・アンは、収益の可視性の向上、成長の予測、およびビジネスの自動化に重点を置いた販売運用と戦略的計画に従事。

データと分析に対する熱意のもと、キャロルはトレンドマイクロのグローバル販売組織のあらゆる側面について深く理解し、その洞察により世界中の市場における当社の成功に貢献。

キャロルは、技術およびセールスオペレーションを25年以上経験。
トレンドマイクロに入社前、Corel Corporation、Zix、Entrustでさまざまなシニアセールスオペレーションの役職に就任。
キャロルは、カナダのオンタリオ州キングストンのクイーンズ大学で商学士号を取得。

オスカー・チャン Oscar Chang

オスカー・チャン Oscar Chang

エグゼクティブ バイスプレジデント 研究開発(R&D)

トレンドマイクロの研究開発 (R&D)部門のエグゼクティブバイスプレジデントとして、1,000人以上のエンジニアをまとめ、トレンドマイクロがセキュリティ業界のリーダーとして成功することに貢献。

1993年、トレンドマイクロに入社。日本にて、R&Dチームを設立し、ウイルスバスターを含む多数の主力製品の開発を指揮。

トレンドマイクロ以前は、Diamond Ware Corporationに勤務。国立台湾大学にて、コンピュータサイエンスと情報工学の学士号を取得。その後、カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて、コンピュータサイエンスの修士号を取得。

ケビン・シムザー Kevin Simzer

リア・マックミラン Leah MacMillan

最高マーケティング責任者(CMO)

CMOとして、リアはグローバルのマーケティング戦略とオペレーションを担当。

トレンドマイクロ社の認知度および、お客様からの製品・サービスに対する関心度、嗜好性を高める為、コーポレート・ブランドマネジメント、プロダクトマーケティング、アナリスト・メディアリレーションズ、ウェブ・デジタルマーケティング、コミュニケーション・イベントなど、あらゆる部門を統括。

彼女の仕事の原動力は、技術イノベーションと市場にメッセージを伝える情熱に由来。トレンドマイクロに入社前、IBMのエグゼクティブとして、Cognosビジネスアナリティクスの市場戦略とコミュニケーションを担当。その以前、企業向けセキュリティ企業であるEntrust社や、グラフィックデザインソフトウェアのリーディングカンパニーであるCorel社にて、製品管理、マーケティングの部長職を担当。

McGill大学にて、マーケティングと国際ビジネスの商学士号を取得。

マックス・チェン Max Cheng

マックス・チェン Max Cheng

CIO 兼 エグゼクティブバイスプレジデント コアテクノロジ

CIO兼コアテクノロジ最高責任者として、情報システムとセキュリティ部門を統括。

マックスは、トレンドマイクロでいくつかの幹部職を歴任。マニラを拠点とするグローバル研究・サポートセンターのTrendLabsを統括。マックスのリーダーシップの下、TrendLabsは世界有数のウイルス対策研究および、製品サポートサービスへと成長。現在、グローバルセールスエンジアリング、ウイルス調査・研究、グローバルテクニカルサポートの統括および、エンタープライズビジネスユニットのゼネラルマネージャを兼務。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で経営修士号(MBA)を取得。

クラウディア・ウー

クラウディア・ウー Claudia Wu

シニアバイスプレジデント 人事担当

クラウディアは企業文化、組織開発、経営理念、リーダーシップ、および人材管理を含むグローバルな人材戦略と運用を担当。

クラウディアの他者の成功に貢献したいという情熱と、文化の多様性やビジネスについてのナレッジが彼女の成功と評判を形成。

ミシガン州立大学で人事の修士号を取得。

フェリックス・スターリング

フェリックス・スターリング Felix S. Sterling

CLO 兼 エグゼクティブバイスプレジデント グローバルポリシー&コンプライアンス 

トレンドマイクロのCLO(チーフ・リーガル・オフィサー)として取締役に就任。ガバナンス、コンプライアンス、戦略実務に従事し、また、各国の子会社の法務監査を担当。トレンドマイクロのグローバルポリシーや、コンプライアンスの取り組みを牽引。

トレンドマイクロに入社前、VeriSign社のAGC兼バイスプレジデントに就任。それ以前は、技術系法律事務所であるウィルソン、ソンシーニ、グッドリッチ・ロサティにて、訴訟および技術取引業務のアソシエイトを務めた後、ヤフーの法務部門に所属。ロースクール卒業後、ネバダ州最高裁判所裁判長に仕えるシニア・ロー・クラークに就任。

ロースクールに入学前、大学院で認知科学とヒューマンファクターエンジニアリングを学び、NASAエイムズ研究センターのフライトヒューマンファクター部門で執務。

カルフォルニア大学デイビス校にて博士号を取得。在学中、King Hall Advocateの編集長、ウエストU.S. A.B.A模擬裁判で優勝。また、カリフォルニア大学サンタクルーズ校にて学士号を取得。ハーバードビジネススクールと、スタンフォードビジネススクールにて経営教育プログラムを受講。

Frank Kuo

フランク・クオ Frank Kuo

CPO チーフプラットフォームオフィサー

Frank Kuoは、チーフプラットフォームオフィサーとして、トレンドマイクロの製品群を、単一のプラットフォームに統合することを実現。彼のダイナミックなリーダーシップは、より良い製品とサービス開発を行い、売上の成長を実現するチーム作りに貢献。

フランクは、IT業界にて30年以上の経験があり、20年以上にわたってトレンドマイクロに在籍。グローバル企業のITアーキテクチャのトランスフォーメーションと、サイバーセキュリティ領域に関する彼の深い洞察は、多数の企業プロジェクトの基盤づくりに貢献。

フランクは、トレンドマイクロで製品マネージャとしてキャリアをスタート。トレンドマイクロのイノベーションは、彼の貢献と共に成長。フランクは以前、テクノロジー会社を設立し、取締役として就任。国立台湾大学で経営学の修士号を取得。

創業者

スティーブ・チャン Steve Chang

スティーブ・チャン Steve Chang

代表取締役会長

スティーブ・チャンは、トレンドマイクロの会長であり、共同創業者。2004年末まで、同社の元最高経営責任者。トレンドマイクロは、スティーブ・チャンのリーダーシップの下で驚異的な成長を遂げ、1994年の1000万ドルから2003年末までに4億5400万ドルへと収益を拡大。現在、30カ国以上で営業、運用、研究、サポート、開発を行う2,000人以上の従業員がおり、取締役会会長として、顧客および業界のパートナーにとって、会社の声であり続けている。

コンピュータウイルスの脅威を認識後、チャンは1988年にカリフォルニア州にて、トレンドマイクロを創業。そこで、パーソナルコンピュータ用のウイルス対策ソフトウェアを開発。ローカルネットワークが急増し、インターネットが成熟するにつれて、同社の焦点はウイルス対策および、コンテンツセキュリティソフトウェアとサービスに対処するために進化。

スティーブ・チャンの経営スタイルとビジョンは、革新的で、タイムリーなアンチウイルス戦略をもたらした。彼は2001年、ZDNetアジアによって 「25人のMovers & Shakers 賞」 の一人に選出。フォーチュン誌は 彼を「世界的勢力」と呼び、 ビジネスウィーク誌のスターズ・オブ・アジア賞に2度選出。変革の最前線にいる50人のアジアのリーダーの一人として認められる結果となった。スティーブ・チャンは2004年にイノベーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2009年11月26日に、シンガポールのテレビビジネスニュースチャンネルCNBCによって主催された第8回アジア・ビジネスリーダー賞にて、「ライフタイム・アチーブメント賞」を受賞。

トレンドマイクロを創業前、Hewlett-Packardでエンジニアとして働き、後に台湾を拠点とするUNIXソフトウェアデザイン会社AsiaTek、Inc.を設立。台湾のFu-Jenカトリック大学で応用数学の理学士号、ペンシルバニア州のLehigh大学でコンピュータサイエンスの修士号を取得。

エバ・チェン Eva Chen

エバ・チェン Eva Chen

代表取締役社長 兼 CEO

1988年にトレンドマイクロを共同創業し、設立当初より技術責任者として経営に従事。CTOを長年務める中で、数々の革新的なセキュリティ技術、製品開発を牽引。

CEO就任以前の1988年から1996年までは、エグゼクティブ・バイスプレジデント、そして、1996年から2004年までは同社のCTOに就任。エバの指揮の下、トレンドマイクロは製品からセキュリティ・マネジメント・ソリューションに至るまで、数々の業界初のサービスを展開。2004年末に、代表取締役社長兼 CEOに就任。

テキサス大学で経営学修士 (MBA) 並びに経営情報システム修士 (MIS) を取得し、さらに台北の国立政治大学で哲学の学位を取得。

彼女の多くの実績や受賞した賞のうち、顕著なものは下記の通り:

  • 2012年、V3 Magazine誌のHigh-flying Women in Technologyのトップ10に選出
  • 2012年、Forbes Asiaの「50 Power Businesswomen (アジアで最も有力な女性企業家トップ50)」に選出
  • 2012年、Cloud Security Alliance Industry Leadership Awardを受賞
  • 2009年、CRNの「Top 100 Most Influential Executives in the Industry (業界で最も影響力のあるエグゼクティブトップ100)」に選出
  • 2004年、Network Worldの「50 most powerful people in networking (ネットワーキングで最も影響力のある人物50人)」の1人に選出
  • 2003年、情報セキュリティにおける「Women of Vision (明確なビジョンを持った女性)」トップ5に選出
  • 2001年、Secure ComputingのLifetime Achievement Awardを受賞
ジェニー・チャン Jenny Chang

ジェニー・チャン Jenny Chang

共同創立者 兼 文化担当役員

ジェニーは、トレンドマイクロのコアバリューと文化を高めることを目的に、同社が絶え間ない変化と革新ができる基盤づくりに邁進。彼女は業界のパイオニアとして認知されているが、CCOに就任前は、共同創業者の一人としてマーケティングと人事に精通。ジェニーは、70%以上の市場シェアを持つ日本一のウイルス対策製品であり、台湾でも4年連続で「台湾グローバルブランド」のトップ賞を獲得したウイルスバスターの地位確立に貢献。

国立台湾大学を卒業し、中国語文学を専攻。Lehigh Universityで情報科学の学位を取得。ジェニーはCOOとしての役割に加え、中国文学の啓発にも注力。ライター、プロデューサー、ラジオホストとしても活躍。ジェニーはトレンドマイクロに関する本を4冊出版し、さらに、北京オペラと中国の文学ドラマを制作。人間の心理的幸福に深い関心があり、トレーニング、ワークショップ、およびカウンセリングを提供する精神療法の基礎を確立。

取締役

スティーブ・チャン Steve Chang

スティーブ・チャン Steve Chang

代表取締役会長

スティーブ・チャンは、トレンドマイクロの会長であり、共同創業者。2004年末まで、同社の元最高経営責任者。トレンドマイクロは、スティーブ・チャンのリーダーシップの下で驚異的な成長を遂げ、1994年の1000万ドルから2003年末までに4億5400万ドルへと収益を拡大。現在、30カ国以上で営業、運用、研究、サポート、開発を行う2,000人以上の従業員がおり、取締役会会長として、顧客および業界のパートナーにとって、会社の声であり続けている。

コンピュータウイルスの脅威を認識後、チャンは1988年にカリフォルニア州にて、トレンドマイクロを創業。そこで、パーソナルコンピュータ用のウイルス対策ソフトウェアを開発。ローカルネットワークが急増し、インターネットが成熟するにつれて、同社の焦点はウイルス対策および、コンテンツセキュリティソフトウェアとサービスに対処するために進化。

スティーブ・チャンの経営スタイルとビジョンは、革新的で、タイムリーなアンチウイルス戦略をもたらした。彼は2001年、ZDNetアジアによって 「25人のMovers & Shakers 賞」 の一人に選出。フォーチュン誌は 彼を「世界的勢力」と呼び、 ビジネスウィーク誌のスターズ・オブ・アジア賞に2度選出。変革の最前線にいる50人のアジアのリーダーの一人として認められる結果となった。スティーブ・チャンは2004年にイノベーター・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2009年11月26日に、シンガポールのテレビビジネスニュースチャンネルCNBCによって主催された第8回アジア・ビジネスリーダー賞にて、「ライフタイム・アチーブメント賞」を受賞。

トレンドマイクロを創業前、Hewlett-Packardでエンジニアとして働き、後に台湾を拠点とするUNIXソフトウェアデザイン会社AsiaTek、Inc.を設立。台湾のFu-Jenカトリック大学で応用数学の理学士号、ペンシルバニア州のLehigh大学でコンピュータサイエンスの修士号を取得。

エバ・チェン Eva Chen

エバ・チェン Eva Chen

代表取締役社長 兼 CEO

1988年にトレンドマイクロを共同創業し、設立当初より技術責任者として経営に従事。CTOを長年務める中で、数々の革新的なセキュリティ技術、製品開発を牽引。

CEO就任以前の1988年から1996年までは、エグゼクティブ・バイスプレジデント、そして、1996年から2004年までは同社のCTOに就任。エバの指揮の下、トレンドマイクロは製品からセキュリティ・マネジメント・ソリューションに至るまで、数々の業界初のサービスを展開。2004年末に、代表取締役社長兼 CEOに就任。

テキサス大学で経営学修士 (MBA) 並びに経営情報システム修士 (MIS) を取得し、さらに台北の国立政治大学で哲学の学位を取得。

彼女の多くの実績や受賞した賞のうち、顕著なものは下記の通り:

  • 2012年、V3 Magazine誌のHigh-flying Women in Technologyのトップ10に選出
  • 2012年、Forbes Asiaの「50 Power Businesswomen (アジアで最も有力な女性企業家トップ50)」に選出
  • 2012年、Cloud Security Alliance Industry Leadership Awardを受賞
  • 2009年、CRNの「Top 100 Most Influential Executives in the Industry (業界で最も影響力のあるエグゼクティブトップ100)」に選出
  • 2004年、Network Worldの「50 most powerful people in networking (ネットワーキングで最も影響力のある人物50人)」の1人に選出
  • 2003年、情報セキュリティにおける「Women of Vision (明確なビジョンを持った女性)」トップ5に選出
  • 2001年、Secure ComputingのLifetime Achievement Awardを受賞
マヘンドラ・ネギ Mahendra Negi

マヘンドラ・ネギ Mahendra Negi

代表取締役副社長(グループCFO)

マヘンドラ・ネギはCFOおよび取締役の一員として、グローバルなテクニカルサポート、IT、財務、および法務部門を担当。

マヘンドラのビジネス誌における評価のうち、顕著なものは下記の通り:

  • Institutional Investor誌にて、日本のインターネット・アナリスト第1位に選出
  • Institutional Investor誌および日本経済新聞の両誌にて、ソフトウェア・アナリストとして第2位に選出

 

トレンドマイクロに入社前の2000年5月に、Merrill Lynchに勤務し、日本のインターネットおよびソフトウェア業界に特化。

インドのナグプール大学で物理学の修士を取得し、ロンドンビジネススクールで経営学の修士号を取得。

大三川彰彦

大三川彰彦

取締役副社長

2003年、トレンドマイクロ株式会社に入社。日本地域代表の執行役員として、国内における個人ユーザならびに企業ユーザ向けビジネスの総責任者として同社を牽引。また、グローバルのエグゼクティブとしても従事し、2012年、取締役副社長に就任。

トレンドマイクロ入社以前は、日本ディジタルイクイップメント株式会社 (現日本ヒューレットパッカード株式会社) のセールスマネージャを経て、日本マイクロソフト株式会社で執行役員としてビジネスインターネット事業部長、エンタープライズ営業本部長、ゼネラルビジネス統括本部長を歴任。2003年2月、トレンドマイクロ入社。

1982年に日本大学商学部経営学科を卒業。

野中郁次郎

野中郁次郎

取締役(社外)

野中郁次郎氏は、2011年3月からトレンドマイクロの社外取締役として就任。

「知識創造理論」を世界に広めたナレッジ・マネジメントの権威で、海外での講演も多数あり。

早稲田大学政治経済学部卒業。カリフォルニア大学バークレー校経営大学院にてPh.D.取得。

一橋大学名誉教授。南山大学経営学部教授、防衛大学校教授、一橋大学産業経済研究所教授、北陸先端科学技術大学院大学教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授を経て現職。

2013年11月に最も影響のある経営思想家50人を選ぶThinkers50のLifetime Achievement Award(生涯功労賞)を受賞。2015年12月、日本学士院会員に選定。

古賀哲夫

古賀哲夫

取締役(社外)

古賀哲夫氏は2017年3月より、トレンドマイクロの社外取締役に就任。

東日本電信電話株式会社の代表取締役副社長を務めた経験を有し、現在他の上場企業の社外取締役を複数務める。

兼職の状況:
株式会社ヒト・コミュニケーションズ 社外取締役
株式会社朝日ネット 社外取締役

監査役

千歩優

常勤監査役(社外)

長谷川文男

監査役(社外)

亀岡保夫

監査役(社外)

藤田浩司

監査役(社外)