サイバーセキュリティの変革

トレンドマイクロはグローバルシェアNo.1

トレンドマイクロは、エンドポイント、クラウドワークロードセキュリティで世界シェアNo.1(2020)

  • IDC, Worldwide Corporate Endpoint Security Market Shares, 2020: Pandemic and Expanding Functionality Propelled Market Growth, Doc # US47768021, June 2021 (Based on 2020 revenue)、IDC, Worldwide Cloud Workload Security Market Shares, 2020: Time to Shift Left, Doc # US47837121,June 2021 (Based on 2020 revenue)

すばらしいレジリエンスを

トレンドマイクロでは、さまざまな要素を正しく組み合わせることにより、すばらしいサイバーセキュリティを実現でき、さらにより多くのことができるようになると考えています。30年以上の経験と実証済みの先見性を生かし、トレンドマイクロは混沌としたサイバーセキュリティの世界を変革します。トレンドマイクロと一緒によりよいレジリエンスを実現しましょう。 

より優れたテクノロジ戦略

適切な技術を適切なときに

セキュリティの問題を解決する特効薬はありません。脅威を効率的かつ効果的に阻止するには、既存の環境と統合し、行動分析、機械学習、その他AI(人工知能)など、さまざまな高度な脅威防御技術を備えたサイバーセキュリティプラットフォームが必要です。

"Apex One SaaSによってエンドポイントセキュリティを効率化したことで、私たちは他の業務に専念できるようになりました。また、テレワークの基盤としても有効で、働き方改革の加速につながっています"

Pete Statia picture
North Georgia Health System

株式会社TOKAIホールディングス
次世代経営戦略本部 グループIT統括部
森下 佑紀 氏

ITの選択に適合するように設計されたソリューション

異なる環境にセキュリティ技術を一様に適用することは理想的ではないことは明白です。セキュリティが最適化され、仮想化やクラウドのような革新的なテクノロジを活用するために不可欠な役割を果たせるよう、当社では多くの場合、最先端の新しい環境に早い段階で投資を行っています。

当社の主要なソリューションはSaaSとして提供されているため、お客さまの運用負荷を減らし、ビジネスの成功に注力することを可能にします。またお客さまは、新しいクラウドベースのインフラストラクチャサービスに対する、シームレスで優れた保護機能を利用できます。

"Workload Securityによって、安心してクラウドを活用できる環境が整い、今後のクラウドシフトに向けた大きな一歩となっています"

Mario Mendoza picture
blackbaud

森永乳業株式会社
経営戦略本部 IT改革推進部
大幸 千奈美 氏

複数のレイヤでの可視化と連携したセキュリティ

DX(デジタル・トランスフォーメーション)プロジェクトでデータプライバシーとコンプライアンスが求められることにより、ITの複雑さがより増しています。サイバーセキュリティプラットフォームであるTrendMicro Vision One™を使用すると、拡張された検出と応答(XDR)と強化されたリスクの可視性により、脅威をより多く確認し、より迅速に対応できます。

連携した防御では、Trend Micro XDRでの一元的な可視化により検出と対応が効率化され、またエンドポイント、メール、仮想およびクラウドのワークロード、ネットワークにまたがるセキュリティデータの共有により、強力な保護が実現されます。

"トレンドマイクロは、個別の製品を提案する際にも、前提となるセキュリティのあるべき姿などから示してくれる。セキュリティの全体像を描く上でも非常に助かります"

Ed Martinez picture
ClubCorp logo

株式会社アデランス
情報システム部 マネージャー
吉永 瑞樹 氏

トレンドマイクロは
グローバルシェアNo.1

トレンドマイクロは、エンドポイント、クラウドワークロードセキュリティで世界シェアNo.1(2020)

トレンドマイクロは、エンドポイント、クラウドワークロードセキュリティでグローバルシェアNo.1を獲得しました。DXやゼロトラストなど、セキュリティの重要性が高まる今、世界で最も選ばれているのがトレンドマイクロ。世界で評価される革新的なソリューションで、お客さまのDXによるビジネス変革をご支援します。

  • IDC, Worldwide Corporate Endpoint Security Market Shares, 2020: Pandemic and Expanding Functionality Propelled Market Growth, Doc # US47768021, June 2021 (Based on 2020 revenue)、IDC, Worldwide Cloud Workload Security Market Shares, 2020: Time to Shift Left, Doc # US47837121,June 2021 (Based on 2020 revenue)

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

グローバルな脅威リサーチ

現在および将来のセキュリティの課題をより適切に理解し、対処することを支援するために、トレンドマイクロの研究チームは、世界中からの脅威研究、Zero Day Initiative™(ZDI)プログラムからの脆弱性インテリジェンス、およびサイバーセキュリティの状況に関する洞察を、24時間365日配信しています。

また研究チームは、インターポール、国連、FBI、および米国国土安全保障省などの政府機関および法執行機関とも密接に連携しています。

機関
地球儀

450450人を超える社内脅威リサーチャーとデータサイエンティスト

10,00010,000人の、100か国からの、登録されたセキュリティリサーチャー

数億もの数億もの日々の脅威をブロック

脅威インテリジェンス

クラウドコンピューティング時代におけるサプライチェーン攻撃

クラウド利用において、さまざまな攻撃を行う多数の不正プログラムや、その他のサイバー攻撃がもたらすセキュリティリスクは、標的となる企業や組織の事業継続に重大な影響を及ぼします。特に、クラウドでのソフトウェア開発はサプライチェーンの弱点を狙う攻撃者にとって格好の攻撃対象となることが懸念されています。本書では、デジタルトランスフォーメーションにおいて重要な役割を果たしてきたクラウドでのDevOpsの世界に関連する複数のセキュリティギャップやリスクについて解説します。

熱意にあふれた トレンダー

独自のコアバリューを持つセキュリティエキスパート世界有数のセキュリティテクノロジとサポートによりお客さまを守ることに絶えず力を注いでいるトレンダーは、カスタマバリュー、連携、変化、革新、そして信頼性という当社のコア原則を体現しています。

世界をより良くすることに力を注ぐ従業員当社は、何千社もの小規模ビジネスや大学だけでなく、世界中の何百万人もの子供たちや家族に、つながった世界で安全でいるための方法について教えています。また当社のGlobal CitizenshipおよびGive&Matchプログラムでは、世界中の恵まれない人々を支援しています。

Benny Yazdanpanahi picture

"トレンドマイクロに連絡をするたびに、知識が豊富で頼りになる方が対応してくれます。お客さまを大切にしていることが伝わってきます。私たちは同じ理念を持つパートナーを求めていました。"

- Benny Yazdanpanahi, CIO, City of Tyler

4500万Give &Matchプログラムにより4500万ドル以上を寄付しました。

1,800フィリピンでは、住む家を失った家族のために1,800軒を超える家屋を建設しました。

2500万教育プロジェクトを通して、2500万を超える子供たち、保護者、および小規模ビジネスに携わってきました。

お客さまに選ばれて

65か国以上で500,000以上の法人のお客さまおよび事業所で採用されているトレンドマイクロは、世界中の最大手の企業の多くを保護しています。

お客さまのデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを当社がどのように支援できるかについては 業界をリードする私たちのソリューションをご覧ください