Trend Micro Cloud One Workload Security

パフォーマンスを損なうことなく、データセンター、
クラウド、 コンテナを保護するクラウド型セキュリティ

主な特長

多くの脅威を防御

幅広いセキュリティ機能により脆弱性や不正プログラム、不正な変更から仮想、物理、クラウド、およびコンテナ環境やそれらのハイブリッド環境を防御します。Trend Micro Cloud One™ – Workload Security(以下、Workload Security)は、機械学習型検索や仮想パッチなどのセキュリティ機能により、ワークロードを保護します。 

  • ひとつのエージェントで多様なセキュリティ機能を提供
  • 脆弱性を保護し、サポート終了OSを使用したシステムの延命を支援
  • コンプライアンス準拠を支援
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

総合サーバセキュリティ

ワークロードセキュリティは、物理、仮想、クラウド、およびコンテナの各環境で一貫したセキュリティを実現します。そのため各環境で個別のソリューションを展開するコスト、労力の削減につながります。

  • 環境全体にわたる一元的な監視、可視性、ポリシー、およびレポート作成
  • 直感的で分かりやすいダッシュボードによって迅速なインシデント対応を支援
  • ひとつのソリューションで一貫したセキュリティを強化し、セキュリティの抜け漏れを回避
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

シームレスな連携

DevOpsプロセスにシームレスに適合するセキュリティツールを導入することで、開発チームや組織全体にセキュリティ影響範囲を拡大します。

  • 豊富なAPIセット、テンプレート、およびクイックスタートにより、セキュリティの展開、ポリシー管理、ヘルスチェック、およびコンプライアンスレポートを自動化します。
  • トレンドマイクロのオートメーションセンターで、ベストプラクティス、スクリプトサンプル、APIキー、およびドキュメントを提供しています。
  • セキュリティを他の製品やツール(セキュリティ電子メール、Webなどで共有する脅威インテリジェンスの共有)、SIEM、オーケストレーション(SOAR)、ビルドパイプラインなどと結び付けます。
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

クラウド向けに最適化された総合セキュリティ

システム要件

Trend Micro Cloud One - Workload Security システム要件

※ Trend Micro Deep Security(以下、Deep SecurityまたはDS)
※ Trend Micro Cloud One - Workload Security(以下、C1WS)

Trend Micro Cloud One - Workload Security(C1WS)のご利用に際しては、保護対象サーバにDeep Security Agent (DSA) をインストールしていただく必要があります。
バージョンを指定をせずにDSAをインストールした場合、リリース済みの最新バージョンのDSAがインストールされます。特に理由がない限り、最新バージョンのDSAをお使いいただくことをお勧めします。
現在C1WSでサポート可能なDSAのバージョンは以下のとおりです。

  Deep Security Agent 20.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 12.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 11.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 10.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 9.6 SP1 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。

注意事項:
・C1WS配下においては、上記いずれのバージョンにおいてもUNIXプラットフォーム(AIX, Solaris, HP-UX)はサポート対象外となります。
・C1WSご利用の場合において、Deep Security Virtual Appliance (DSVA)による保護機能はご利用いただけません。
・C1WS配下でご利用いただけるDSAのバージョンは、ソフトウェア版Deep Securityのサポート期限に依存します。各バージョンのサポート期限については、こちらを確認してください。
・お使いのDSAのバージョン、インストール先OSの種類/バージョンによって、各セキュリティ機能のサポート状況が異なります。詳しくはこちらをご確認ください。
・システム要件に記載されている一部のOSへの対応には、特定のUpdateプログラムの適用が必要になる場合があります。
・トレンドマイクロでは、既知問題に対する修正やパフォーマンス改善などを累積的に含んだUpdateプログラムを定期的に公開しています。安定した状態で製品をご使用いただくためにも、Updateプログラムの定期的な適用を強く推奨します。詳細については、こちらを参照してください。
・システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

コラボレーションを行うビジネスパーソン

パフォーマンスを損なわない

クラウドはビジネスや開発に応じたスピーディな導入、拡張が可能です。セキュリティも同様のスピードで対応しなければなりません。Workload Securityは、AWS、Azureと連携して、新しいインスタンスを自動的に検出し、速やかに保護します。

  • シームレスなオートスケールを可能にするホストベースのセキュリティ
  • 必要なすべての保護機能を備えた単一エージェント
  • PCI DSSのサービスプロバイダーレベル1に認定

 

攻撃を阻止して業務を守る

Workload Securityは、世界中から収集されたスレットインテリジェンス(Trend Micro Smart Protection Network)を使用し、新しい脅威からインフラを保護します。

トレンドマイクロのスレットインテリジェンスは以下を提供します。

  • 高度な分析によるリアルタイム検出とゼロアワー攻撃の検出
  • ファイル、IPアドレス、URL、脆弱性などの情報を収集。1日あたり2億件以上の脅威をブロック
  • 世界中の拠点で活動するセキュリティエキスパートが、24時間体制で対応

※ 2017年トレンドマイクロ調べ

ひとつの製品でサーバセキュリティの様々なニーズに対応

サーバセキュリティに必要となる機能を備え、様々な環境のアプリケーション、プラットフォーム、データをひとつのエージェントで保護します。

  • IPS/IDSとファイアウォールでネットワークの脅威を未然に防止
  • IPS/IDSによる仮想パッチで脆弱性を保護
  • 変更監視とログ検査で予期しないシステム変更を警告

 

クラウドのスピードを損なわない

Workload Securityは、AzureおよびAWSとAPI連携し、クラウドでシームレスに機能します。構成管理ツールを使い、自動生成される導入用のスクリプトを実行することで、クラウド環境にセキュリティを迅速に組み込むことができます。

  • Chef、Puppet、Ansibleなどの主要なオーケストレーションツールと連携
  • 保護されていないインスタンスを可視化
  • オートスケール時でも自動的に導入が可能なホスト型セキュリティ

管理工数の軽減

Workload Securityは、管理サーバをSaaSで提供するため、お客さま環境に管理サーバを構築せずに、迅速に重要データを保護できます。

  • 管理サーバを構築する工数を短縮し、スピーディな導入が可能
  • ひとつのセキュリティ製品でデータセンターとクラウドのサーバを保護
  • 製品の更新、ホスティング、データベース管理の運用負荷の軽減

コンプライアンス対応を効率化

ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境のコンプライアンスを促進、維持します。AWSとAzureには多くのコンプライアンス認定がありますが、お客さまはクラウド上の情報を保護する責任を担います。

Workload Securityはひとつの製品で多くの要件に対応しているため、監査証拠を効率的に収集し、継続的なコンプライアンスを支援します。

  • FedRamp
  • HIPAA/HITECH

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

お客さまの声

TRC

“トレンドマイクロというセキュリティパートナーを得ることで、最新テクノロジや高度な脅威にリアルタイムに対応でき、アーキテクチャが変化してもワークロードが常に守られているという安心感が自信をもたらしてくれます。“ ...詳しくはこちら(英語)

Jason Cradit
Senior Director of Technology
TRC

他の導入事例

その他のCloud Oneサービス

Workload Securityは、セキュリティプラットフォームであるTrend Micro Cloud One™のひとつです。このプラットフォームには以下の製品・サービスが含まれています。

※ 2020年3月現在。予告なく変更する可能性がございます。

ソフトウェアベースの物理、仮想、クラウドなどのサーバセキュリティ製品をお探しですか?Trend Micro Deep Securityをご覧ください。

Workload Securityについて、さらに詳しく