Trend Micro Cloud One Workload Security

データセンター、クラウド、 コンテナを保護する
多層防御・脆弱性対策を提供するクラウド型セキュリティ

主な特長

多くの脅威を防御

幅広いセキュリティ機能により脆弱性や不正プログラム、不正な変更から仮想、物理、クラウド、およびコンテナ環境やそれらのハイブリッド環境を防御します。Trend Micro Cloud One – Workload Security™(以下、Workload Security)は、機械学習型検索や仮想パッチなどのセキュリティ機能により、ワークロードを保護します。 

  • ひとつのエージェントで多様なセキュリティ機能を提供
  • 脆弱性を保護し、サポート終了OSを使用したシステムの延命を支援
  • コンプライアンス準拠を支援
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

総合サーバセキュリティ

Workload Security は、物理、仮想、クラウド、およびコンテナの各環境で一貫したセキュリティを実現します。そのため各環境で個別のソリューションを展開するコスト、労力の削減につながります。

  • 環境全体にわたる一元的な監視、可視性、ポリシー、およびレポート作成
  • 直感的で分かりやすいダッシュボードによって迅速なインシデント対応を支援
  • ひとつのソリューションで一貫したセキュリティを強化し、セキュリティの抜け漏れを回避
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

シームレスな連携

DevOpsプロセスにシームレスに適合するセキュリティツールを導入することで、開発チームや組織全体にセキュリティ影響範囲を拡大します。

  • 豊富なAPIセット、テンプレート、およびクイックスタートにより、セキュリティの展開、ポリシー管理、ヘルスチェック、およびコンプライアンスレポートを自動化します。
  • トレンドマイクロのオートメーションセンターで、ベストプラクティス、スクリプトサンプル、APIキー、およびドキュメントを提供しています。
  • セキュリティを他の製品やツール(セキュリティ電子メール、Webなどで共有する脅威インテリジェンスの共有)、SIEM、オーケストレーション(SOAR)、ビルドパイプラインなどと結び付けます。
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

検知と対応

Trend Micro Vision One™でサーバ、クラウドワークロード、およびコンテナプラットフォーム向けに設計されたEDR機能です。

  • 侵害の痕跡(IoC)の探索と攻撃の痕跡(IoA)のハンティング
  • LinuxサーバとWindowsサーバで攻撃の根本原因分析を実行し、それぞれの範囲と実行プロファイルを検出
  • 関連付けられた検出、調査、対応のための、その他の媒体に対するTrend Micro Vision Oneの活用
  • SIEMプラットフォームやSOARツールとのAPIを介した統合
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

クラウド向けに最適化された総合セキュリティ

システム要件
コラボレーションを行うビジネスパーソン

クラウド環境にフィット

クラウドはビジネスや開発に応じたスピーディな導入、拡張が可能です。セキュリティも同様のスピードで対応しなければなりません。Workload Securityは、AWS、Azureと連携して、新しいインスタンスを自動的に検出し、速やかに保護します。

  • シームレスなオートスケールを可能にするホストベースのセキュリティ
  • 必要なすべての保護機能を備えた単一エージェント
  • PCI DSSのサービスプロバイダーレベル1に認定

 

攻撃を阻止して業務を守る

Workload Securityは、世界中から収集された脅威インテリジェンスを使用し、新しい脅威からインフラを保護します。

Trend Micro™ Threat Researchは、以下を提供します。

  • 自動的な保護を実現する、継続的に更新および関連付けられた脅威データ
  • 450億を超えるURL、メール、およびファイルを監視して不正プログラム、ランサムウェア、脆弱性、C&Cの場所をより迅速に停止
  • 15か所以上の国際研究センターと450人の社内研究者が、24時間365日の脅威対策をクラウドに提供

ひとつの製品でサーバセキュリティのさまざまなニーズに対応

サーバセキュリティに必要となる機能を備え、さまざまな環境のアプリケーション、プラットフォーム、データをひとつのエージェントで保護します。

 

 

 

DevOpsに最適化 安全な構築、迅速な出荷、場所を問わない実行

Microsoft Azure、AWS、およびGoogle Cloud™と緊密にAPI統合されているため、Workload Securityはクラウドでシームレスに機能することができます。

以下により、クラウド環境にセキュリティを容易に適用することができます。

  • Chef、Puppet、Ansibleなどの主要なオーケストレーションツールと統合
  • クイックスタートのAWS CloudFormationテンプレートをNISTおよびAWS Marketplaceで使用可能
  • オートスケール時でも自動的に導入可能なホストベースのセキュリティコントロール

管理工数の軽減

Workload Securityは、管理サーバをSaaSで提供するため、お客さま環境に管理サーバを構築せずに、迅速に重要データを保護できます。

  • 管理サーバを構築する工数を短縮し、スピーディな導入が可能
  • ひとつのセキュリティ製品でデータセンターとクラウドのサーバを保護
  • 製品の更新、ホスティング、データベース管理の運用負荷の軽減

コンプライアンス対応を効率化

ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境のコンプライアンスを促進、維持します。AWSとAzureには多くのコンプライアンス認定がありますが、お客さまはクラウド上の情報を保護する責任を担います。

Workload Securityはひとつの製品で多くの要件に対応しているため、監査証拠を効率的に収集し、継続的なコンプライアンスを支援します。

  • NIST 800-53
  • HIPAA/HITECH

お客さまの声

TRC

“トレンドマイクロというセキュリティパートナーを得ることで、最新テクノロジや高度な脅威にリアルタイムに対応でき、アーキテクチャが変化してもワークロードが常に守られているという安心感が自信をもたらしてくれます。“ ...詳しくはこちら(英語)

Jason Cradit
Senior Director of Technology
TRC

他の導入事例

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

その他のCloud Oneサービス

Workload Securityは、セキュリティサービスプラットフォームであるTrend Micro Cloud One™のひとつです。このプラットフォームには以下の製品・サービスが含まれています。

Workload Securityについて、さらに詳しく