学校・教育委員会向けセキュリティ

教育の情報化と校務システム基盤のセキュリティ

教育の質の向上、教職員の校務負担の軽減を背景に教育機関でのICT環境整備が進む中で、文部科学省から「教育情報セキュリティのための緊急提言」が通知される等、教育情報セキュリティの更なる対策強化が必要です。

セキュリティリスク

  • 教職員や生徒の個人情報や成績情報の流出
  • 持ち込みPCやモバイル端末からの不正プログラムの校務系システムへの侵入
  • 学習系システムから校務系システムへの感染拡大
  • 教職員を狙ったフィッシングメールによるシステムへの侵入

セキュリティ課題

  • 個人情報の保護
  • ネットワーク侵入防御
  • 脆弱性対策
  • ネットワーク内に潜む不正プログラムや不正活動の検知
  • Web、メールの出入口の対策

導入事例一覧

 

小山市教育委員会

狙われやすい教職員への標的型攻撃メールなど脅威を検知。万一の事案発生時には状況を明示できる体制を整備

 

佐野市/佐野市教育委員会

市役所庁内から教育委員会までネットワークの可視化で強靭なIT環境を構築

 

東京都教育委員会

持ち帰りタブレット利活用の安心・安全をクラウドアプリケーションに特化したセキュリティで支える

トレンドマイクロのセキュリティソリューション

学校・教育委員会 システムのネットワーク図

 

① Trend Micro Deep Security™
② TippingPoint Threat Protection System™
③ Deep Discovery™ Inspector
④ Deep Discovery™ Analyzer
⑤ InterScan Messaging Security™
⑥ InterScan Web Security™
⑦ ウイルスバスター™ コーポレートエディション
⑧ Trend Micro 情報漏えい対策オプション™

複雑化するネットワークの防御

healthcare cyber security


教育機関に所属する教職員や生徒の個人情報を狙った標的型サイバー攻撃。これらの攻撃ではフィッシング詐欺やソーシャルエンジニアリングなど巧妙な手口を使い、気付かない間に組織のネットワークに侵入してきます。

トレンドマイクロのネットワーク防御ソリューションは、ネットワーク上の不審な通信を可視化、さらに対策製品との連携により、お客さまの組織と重要データを守ります。

ハイブリッドクラウドセキュリティ


ITによる校務の効率化が進む一方で、セキュリティの原則として不正な侵入を防ぎ、価値あるデータを保護することは変わりません。

トレンドマイクロのハイブリット・クラウド・セキュリティのソリューションでは、重要なデータを格納するサーバインフラが仮想化、クラウドと進化する中で最適化されたセキュリティによりサーバを保護します。

多様な環境におけるユーザ保護


教育機関ではWindows, MacのPCやモバイル機器といった様々な端末が使われます。

トレンドマイクロのユーザ保護ソリューションは複数レイヤーでの防御アプローチにより端末、アプリケーション、場所を問わず、組織で取り扱う重要データやユーザを保護します。

製品連携によるサイバー攻撃の防御


多くの組織は、様々なセキュリティ製品を導入して高度化する攻撃から組織を守ろうとします。しかし、複数の製品管理はコストと時間のかかる複雑なタスクになりかねません。

トレンドマイクロの製品連携によるソリューション「Connected Threat Defense™」では、仮にサイバー攻撃を受けた場合でも検知、解析、配信、ブロックのサイクルを迅速に回すことで、対処にかかる時間を短縮し、被害を最小限におさえます。

教育機関向け特別ライセンス

トレンドマイクロは、複雑化するセキュリティ対策のご支援を行うことでお客さまが安全なICT環境を確保できることになり、教育活動の促進につながると考えております。

お客さまの環境に最適なソリューションのご提供に加えて、教育機関向け特別ライセンスもご用意しておりますのでセキュリティ対策導入をご検討、もしくは他社製品からの乗り換え/他社製品への乗り換えをご検討される場合は以下窓口までお気軽にご相談ください。