• TOP
  • ニュース一覧
  • IPA/SEC、“IoT時代の組込みソフト開発”に焦点を当てたデータ白書を発行
2017/11/16

IPA/SEC、“IoT時代の組込みソフト開発”に焦点を当てたデータ白書を発行

独立行政法人情報処理推進機構/技術本部ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)は11月14日、「組込みソフトウェア開発データ白書2017」を発表しました。15日よりPDF版の公開を開始、また近日中に書籍版の販売を開始するとのことです。

IoT時代の組込みシステムは、より大規模化・複合化しており、従来の属人的な開発スタイルから、組織的な開発スタイルに転換させていく必要があります。また顧客からは「作業計画と進捗(D)」「コスト見込と実績(C)」「品質計画と実績(Q)」、いわゆるQCDの可視化が求められます。そのため、「どの工程で」「どのくらいの人/月を要し」「どの程度のバグが発生し」「どのくらいのテスト期間が必要なのか」といった定量的なプロジェクト監視と、プロジェクトを適切にコントロールできる組織力が必要とされています。

「組込みソフトウェア開発データ白書2017」は、こうした定量的プロジェクト管理の導入の実態を調査した報告書です。組込みソフトウェア開発の指標値となる参考データ/分析結果を掲載しており、各企業は、プロジェクトの計画立案・予算見積の算出に、役立てることが可能です。

同白書は2015年の初版に続く2冊目で、掲載件数が初版の174件から416件に増加。さらに、リアルタイム性(時間制約)の強弱による違いや利用環境の違い等、組込みソフトウェアならではの分析を今回は行っています。その結果、「リアルタイム性の強い製品は生産性が落ちる」「屋外等、特殊環境の利用条件が生産性に大きく影響する」といった傾向が、工数実績への影響といった具体的な数値とともに示されています。

IPA/SECでは、「こうした分析データは、一般的なデータブローカーからは入手することが困難であり、定量的にデータを蓄積していくことで、近い将来AIへの活用も期待される」としています。


「リアルタイム性の強い製品は生産性が落ちる」ことの分析内容(IPAのリリースより)<br />

「リアルタイム性の強い製品は生産性が落ちる」ことの分析内容(IPAのリリースより)


おすすめの動画

コネクテッドカーのセキュリティリスクとは

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop