Trend Micro DIRECTION 2017年11月17日

気づけない脅威の侵入にXGenで対応するネットワークセキュリティ

標的型サイバー攻撃の対策を知りたい

Trend Micro DIRECTIONでは、標的型サイバー攻撃対策をテーマに展示と複数のセッションを行った。気づかない攻撃を可視化する Deep Discoveryファミリーや、不正な通信をブロックするTippingPoint、製品が自動連携し全社的な面の対策を実現するConnected Threat Defenseに加え、パートナーさまによるソリューションや運用支援サービスを展示し、質疑対応が活発に行われた。

セッションレポート:
”未知の脅威”を最短で”既知”にするテクノロジー、Connected Threat Defense

「従来からの磨き抜かれた検知技術に最新のAI技術をうまく融合させ、効率化、正確性、柔軟性を同時にかなえるソリューションをすでに多くのお客さまにご提供しています。」 - プロダクトマーケティング本部の大田原 忠雄が講演を行った。

課題を解決するソリューションについて、事例を交えながら具体的な方法を紹介した。

トレンドマイクロ プロダクトマーケティング本部 大田原 忠雄

標的型サイバー攻撃は、ビジネスに大きな影響を及ぼすインシデントで近年大きな脅威となっている。しかし、攻撃に気づくことが難しく侵入を100%止めることは難しい。また、対策として感染端末の特定に時間がかかる、専門知識も求められる、根本的な原因解明が困難など多くの課題がある。

このような課題に対して「”未知の脅威”を最短で”既知”にするテクノロジー Connected Threat Defense(CTD)が効果的である」と語った。

CTDは、AIやサンドボックスに代表される最新の技術と、実績のある従来からの検知技術の融合で既知の脅威だけでなく未知の脅威をも検知・分析し、製品間の連携により自動的に対処が行える、効率化、正確性、柔軟性を同時にかなえるソリューションである。

講演では、CTDの仕組みの紹介に加えて、限られた人員で運用を行うことで安全性と効率性を両立できた、加古川中央市民病院さまや、未知の脅威を可視化するだけでなく、ウイルスバスター コーポレートエディションと連携することで運用負荷の軽減を行った株式会社D2Cさまなどの事例をもとに、具体的なCTD導入効果についても紹介した。

※ 全ての未知の脅威に対応するものではありません

自動連携防御のソリューション概要動画

 

解説概要資料ダウンロード

新手の攻撃を素早くとらえて対処する自動化の仕組みを解説

情報セキュリティカンファレンス

Trend Micro DIRECTION

Securing Your Connected World

今年のTrend Micro DIRECTION へお申し込みはこちら。
是非ご参加ください。

記事公開日 : 2017.12.12
 この記事は、公開日時点での情報です