Trend Micro DIRECTION 2017年11月17日

IoTをフルレイヤーで守る
トレンドマイクロのIoT向けネットワーク&クラウドセキュリティ

IoT 時代のネットワークは、分散と連携で守る

「これまではネットワークの境界とエンドポイントが主戦場だったが、IoT時代には新しいセキュリティのアーキテクチャが必要だ」 - 2017年11月17日に都内で開催したTrend Micro DIRECTION 東京でIoT事業推進本部ソリューション推進部 部長 津金 英行が講演を行った。

これからの環境に適応するために、従来の考え方と異なる、機能を分散し、連携する新しい形態のネットワークセキュリティの必要性を説いた。

トレンドマイクロ IoT事業推進本部ソリューション推進部 部長 津金 英行

IoTデバイスの限定されたリソースではパソコンとは異なり、常駐できるソフトウェアが限られることや、インターネットを経由せずデバイス間で通信が完了する環境が広まることを例に挙げ、従来の境界とエンドポイントに集中したセキュリティだけでは適応できない、と語った。

サービスに応じて必要なセキュリティ機能を必要な場所で効率的に実装していかなければならない。そのために、キーとなるコンセプトは「分散」と「連携」である。仮想ネットワーク(SDN、NFV)の技術をベースにした柔軟な通信インフラが求められる。
トレンドマイクロは、分散し、動的に連携するセキュリティVNFという技術を開発し、新しい環境に適応する通信インフラを実現するため、国内外のサービスプロバイダ、インフラ事業者とのパートナーシップを推進する。

また、本イベントの展示会場では、インターネット上のIoTデバイスが乗っ取られ、特定のサイトにDDoS攻撃が仕掛けられる攻撃シナリオに対して、通信インフラのネットワーク側のセキュリティとデバイス側のセキュリティが連携してブロックするデモが紹介された。

デモの概要は動画でご覧ください。

 

NFVネットワークのセキュリティに関する詳しい情報は
ホワイトペーパーをご覧ください。

NFVネットワークでIoTサービスのセキュリティを強化する

情報セキュリティカンファレンス

Trend Micro DIRECTION

Securing Your Connected World

今年のTrend Micro DIRECTION へお申し込みはこちら。
是非ご参加ください。

記事公開日 : 2017.12.12
 この記事は、公開日時点での情報です