「クラウド×セキュリティ」でビッグビジネスに挑む

「スマホ決済」のコイニーが加速する230兆円市場のイノベーション

2012年3月、この理念の下、クレジットカード決済サービス企業、コイニーが産声を上げました。会社立ち上げからわずか2年。創業社長の佐俣 奈緒子氏はクラウドとトレンドマイクロ製品のメリットを巧みに生かし、サービスの早期立ち上げに成功、ビジネスを軌道に乗せました。そんな同氏と、同じ女性で経営トップのトレンドマイクロ 代表取締役社長兼CEO エバ・チェンとの対談は、ビジネス、クラウド、そして経営に至るまで多岐に及んだ。以下、そのエッセンスを紹介します。

「現金払いが主流」の世の中を変える

コイニー株式会社
代表取締役社長
佐俣奈緒子氏

エバ 早速ですが、コイニーのビジネスの特色について教えてください。基本的には、クレジットカードの決済(代行)サービスを展開されているんですよね。

佐俣氏 そうですね。売りはスマートフォンやタブレット端末をクレジットカード決済の端末として用いていること。世に言う「スマホ決済」を実現しているわけです。サービスのターゲット顧客は、個人商店や小規模店舗で、カードリーダーは無償でご提供しています。主な収入源はサービスの手数料(カード決済額の3.24%)ですね。

エバ とても面白いビジネス・モデルですね。でも、どうしてこのようなビジネスを日本で?

佐俣氏 1つは、潜在市場の大きさです。カード文化が定着している欧米とは異なり、日本では「現金払い」がまだまだ主流。小売りのレジでも、クレジットカードが使えるのは大規模チェーンや百貨店がほとんどで、個人商店では使えないことのほうが多い。結果、GDPの約半分(約160円分)が現金取引で、クレジッドカードによる取引は12%程度にすぎないんです。私はそれを変えたかったんです。

エバ 逆に言えば、カード決済の市場の「のびしろ」が大きいということですね。そして、コイニーのサービスは、カード利用を巡る日本の現状を変えるためのものであると。

佐俣氏 ええ。私たちのサービスは、加入するのも、使い方も、手数料も、すべてが簡単・便利で低コストです。3.24%の手数料率にしても相場の5%~6%よりも割安に設定。サービス利用のための月額費用は無料で、カード決済用の専用端末・専用線も不要なので、その点でも安上がりなんです。

エバ なるほど。ならば、個人営業の店舗でも使いやすいですね。これから、海外の旅行客も増えるでしょうし、東京オリンピックもある。小さなお店もカード払いに対応できたら、本当にいいですね。

トレンドマイクロ株式会社
代表取締役社長兼CEO
エバ・チェン

ビッグなチャレンジを支えるセキュリティ

エバ ビジネスのほうも好調そうですね。

佐俣氏 おかげさまで順調です。数人でスタートした会社ですが、今は30人を超える規模になっています。

エバ 短期間に素晴らしいですね。 でも、サービスが成長した分、決済サービス基盤への負荷は高まっていますよね。そもそも、創業時の少ない人数で、カード決済サービスのIT基盤を立ち上げ、回していくのも大変だったと思うのですが。

佐俣氏 それを簡単にするために、クラウドを採用したんです。カード決済サービスは、クレジッドカードのデータセキュリティ標準「PCI DSS」に準拠したインフラを持たないかぎり、始められません。しかし、私たちのようなスタートアップは、オンプレミスでPCI DSS準拠の基盤を構築している時間的な余裕もなければ、資金もない。そこで、クラウドを使いながら、PCI DSSへの準拠をすばやく実現する方法を探したんです。その結果、たどり着いたのが、Amazon Web Services (AWS)であり、トレンドマイクロさんのセキュリティ製品「Trend Micro Deep Security™」だったということです。

エバ 選択は正解でしたか。

佐俣氏 大正解ですね。およそ360項目にも及ぶPCI DSS要件を、たった3カ月で満たせたんですから。しかも、大きな運用上のトラブルもありません。もし、オンプレミスでシステムを構築していたら、絶対にこうはならなかったはずです。PCI DSSの認定には1年以上かかるのが普通ですから。

エバ では逆に、ビジネスでご苦労されていることって何なのでしょう。今後の展望も併せてお聞きしたいのですが。

佐俣氏 例えば、コイニーと同種のサービスもいくつか出てきていますので、競争が厳しくなっているのは事実です。とはいえ、それ以上に市場が伸びているので、今は、自分たちの目の前の仕事をこなすので精一杯ですね(笑)。今後は、東南アジアなど、海外への進出も視野に展開していきたいと考えています。インフラがクラウドなので海外でのサービス展開もスピーディに行えますから。

エバ すごい、とてもパワフルですね。私は常々、日本では女性CEOの数がまだまだ少ないなって感じていたんです。私たちのようなテクノロジー企業は特にそう。

佐俣氏 同感ですね。

エバ 置かれた環境によっては、自分の仕事や可能性に自ら制限をかけてしまう、そんな女性もまだまだ少なくないのではないのでしょうか。でも、佐俣さんからは、そんな部分が一切見受けられない。

佐俣氏 コイニーを立ち上げるときに、こう心に決めたんです。「小さくちゃダメ。ビッグに行くぞ」って。

エバ なるほど、「Think global, think big」。ビックに、グローバルにビジネスを発想するということですね。これからのコイニーさんの更なる発展が楽しみです。私達も全力で御社のクラウド基盤を守り続けます。

Coiney(コイニー)とは

スマートフォンやタブレット端末と専用のカードリーダーを使ったクレジットカード決済サービス。専用アプリをインストールして、カードリーダーをイヤフォンジャックに装着。これだけで、スマートフォンやタブレットがクレジットカード決済端末として機能するようになる。10,000円以下の少額決済の場合はサインレス決済ができる独自機能があるのも特徴。

記事公開日 : 2014.06.20
 この記事は、公開日時点での情報です