トレンドマイクロ事業戦略 2015
継続的なイノベーションと幅広いソリューションで変化するIT環境と脅威から企業を包括的に保護

2015年3月25日、トレンドマイクロは報道機関向けの発表会で、企業をとりまく環境変化が著しい「3つのC」分野――「サイバー攻撃」、「クラウドと仮想化」、「コンシューマライゼーション」に対応したセキュリティ・ソリューションの強化を明らかにしました。

“3C”戦略で組織全体のセキュリティを向上させる

大規模な個人情報漏えい事件が世界各国で多発する中、サイバーセキュリティの強化は企業の競争優位・持続可能性を確保するうえで必須と言えます。一方で、「3C」の潮流は、企業のセキュリティリスクを増大させる方向へと流れ、これら3領域のすべてにおいて、企業のセキュリティ投資が大きく伸びると目されています※1

CEOのエバ・チェンは「3C分野のいずれかにおける当社ソリューションを既にお使いいただいているお客さまの間では、その適用範囲を別の3C分野に広げていただくことで、セキュリティレベルを高める動きが活発化しています。当社は、お客さまの組織全体のセキュリティレベルがさらに向上するよう、『3C』分野への対策をさらに強化していきます」と述べました。

トレンドマイクロ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO
エバ・チェン

目指すのは、幅広いソリューションと連携による包括的な保護

トレンドマイクロ株式会社
取締役副社長
大三川 彰彦

上述の方針に沿い、2015年も多岐にわたる製品/サービスの機能拡張・拡充が計画されています。
マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Office 365」向けの新たなセキュリティ製品がその1つです。また、市場ナンバーワン・シェア※2を堅持するサーバ・セキュリティ製品に関しても、対応するクラウド/仮想化プラットフォームを一層拡充していきます。さらに、サイバー攻撃に対するソリューションも強化されます。例えば、潜在脅威の早期発見を支援するネットワークトラフィック監視製品「Deep Discovery™」と、統合管理ツール「Trend Micro Control Manager™」が連携することで、Deep Discoveryが検知した脅威に対応した独自のシグネチャ、カスタムシグニチャを自動で生成し、それをTMCM経由で企業内端末に配信することで、カスタマイズされた攻撃に対し迅速かつ確実性の高い保護を提供します。

取締役副社長 大三川 彰彦は、「これまでのマルチベンダポリシーという考え方では、現在のIT 環境や脅威の変化に対応する事が難しくなっています。今必要なのは、一枚岩のセキュリティ体制を敷くことで何かあったときにどれだけ迅速にかつ確実に対処できるかです」と述べます。また、2015年戦略についてこう強調します。

「トレンドマイクロは、3C 戦略に基づく継続的なイノベーションと幅広いソリューションにより、変化するITと脅威からお客さまを包括的に守っていきます」

※ 1、2 IDC調べ

記事公開日 : 2015.06.10
 この記事は、公開日時点での情報です