• TOP
  • 人気ランキング

人気ランキング

1 Bluetooth機器を乗っ取る脆弱性「BlueBorne」、IoT機器にも深刻な影響
2017/09/19

Bluetooth機器を乗っ取る脆弱性「BlueBorne」、IoT機器にも深刻な影響

トレンドマイクロは9月14日、公式ブログで「脆弱性『BlueBorne』、Bluetooth機器の乗っ取りを可能に」と題する記事を公開しました。

2 「IoT」にも「セキュリティ」が必要?
2016/08/15

「IoT」にも「セキュリティ」が必要?

なんでもできる便利なパソコンは、インターネットと繋がることで不正プログラムをはじめとする脅威に遭遇し、最終的に利用者である我々が情報漏えいや金銭的な被害を受ける可能性に見舞われています。IoTの世界でも同様のことは起こるのでしょうか?本記事ではIoTにおける脅威の可能性と有効な対策について事例を踏まえ解説します。

3 総務省主導で「IoT機器の実態調査」を実施、所有者やメーカーに注意喚起も
2017/09/06

総務省主導で「IoT機器の実態調査」を実施、所有者やメーカーに注意喚起も

総務省は9月5日、国民生活・社会生活に直接影響を及ぼす可能性の高い「重要IoT機器」を中心に、IoT機器について実態調査を行うことを発表しました。

4 「GAFA」の支配に懸念、経産省が「第四次産業革命」に向け制度を検討へ
2016/09/20

「GAFA」の支配に懸念、経産省が「第四次産業革命」に向け制度を検討へ

経済産業省は9月15日、「第四次産業革命に向けた横断的制度研究会」の報告書を取りまとめた内容を発表しました。

5 SCADAシステムのHMIにおける脆弱性の現状
2017/08/15

SCADAシステムのHMIにおける脆弱性の現状

「つながる工場」を実現する核となる産業制御システムの一種、SCADAのHMI(ヒューマンマシンインターフェース)を構成するソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃が以前より確認されています。本記事では、トレンドマイクロが2015年~2016年にかけて行ったSCADA内のHMIソフトウェアの脆弱性に関する調査結果から判明したセキュリティの現状を紹介します。

6 CAN通信の脆弱性を突いたコネクテッドカーのハッキング手法を確認
2017/08/24

CAN通信の脆弱性を突いたコネクテッドカーのハッキング手法を確認

トレンドマイクロは8月22日、公式ブログで「コネクテッドカー:CAN通信の脆弱性を突くPoCについて解説」と題する記事を公開しました。

7 「情報セキュリティ10大脅威 2017」発表、“IoT機器のリスク”が初ランクイン
2017/02/01

「情報セキュリティ10大脅威 2017」発表、“IoT機器のリスク”が初ランクイン

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は1月31日、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表しました。

8 日本の産業が目指す新コンセプト「Connected Industries」、経産省が発表
2017/03/22

日本の産業が目指す新コンセプト「Connected Industries」、経産省が発表

経済産業省は3月20日、未来に向けて日本の産業が目指す新コンセプト「Connected Industries」(コネクテッド・インダストリーズ)を発表しました。ドイツ(ハノーバー)で開催中の「国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)」に、世耕弘成経産大臣が参加しており、これに合わせての発表となります。

9 なぜいまサイバー攻撃者に工場が狙われるのか?
2017/03/29

なぜいまサイバー攻撃者に工場が狙われるのか?

工場の生産設備やビル管理システムなど、様々な場所で産業制御システム(ICS)が利用されています。化学工場や発電所などの重要な生産設備やインフラ施設で利用される産業制御システムは、現在サイバー攻撃者の標的となっています。IIoT(インダストリアルIoT)との融合も進む産業制御システムを導入する各施設におけるサイバー脅威の深刻さと対策の必要性を解説します。

10 “近未来に起きるIoT攻撃”はどんなものか、10のストーリーを紹介| CSAジャパン
2017/08/10

“近未来に起きるIoT攻撃”はどんなものか、10のストーリーを紹介| CSAジャパン

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は8月6日、「IoTへのサイバー攻撃仮想ストーリー集(第一版)」を公開しました。

PageTop