• TOP
  • 人気ランキング

人気ランキング

1 製造業特有のサイバーリスクを調査 ~産業制御システムに特化したハッキングツールの販売を確認~
2019/09/25

製造業特有のサイバーリスクを調査 ~産業制御システムに特化したハッキングツールの販売を確認~

大きな期待が寄せられる工場のスマート化。
インダストリー4.0に向けての活動が各国で活発化する一方で、製造業を狙ったサイバー攻撃も増加すると予想されます。
トレンドマイクロは、製造業特有の脅威の調査を行い、インダストリー4.0の時代における新たなセキュリティ上の課題とその対策についての考察を行いました。本コラムでは、当該調査の結果を中心にご紹介し、スマートファクトリー化に関わる担当者が知っておくべき脅威とその対策をご紹介いたします。

2 覗き見される映像:無防備なIP監視カメラを悪用するサイバー犯罪者のアンダーグラウンド動向
2018/06/28

覗き見される映像:無防備なIP監視カメラを悪用するサイバー犯罪者のアンダーグラウンド動向

IP監視カメラは、その利便性から一般家庭、企業を問わず広く利用されている中で、セキュリティに不備のあるものが観測されています。トレンドマイクロでは、IP監視カメラに無断でアクセスして映像を覗き見したり、カメラに映る個人情報を盗み取ろうとしたりするアンダーグラウンドでの動向を確認しました。

3 実被害は9割、実害意識は4割 ~セキュリティチームは経営陣と話したい~
2019/09/05

実被害は9割、実害意識は4割 ~セキュリティチームは経営陣と話したい~

IoTセキュリティに関する意思決定の質を高めるには、経営陣とセキュリティチームの対話と相互理解が欠かせません。
しかし、リサーチを通して双方の意識に差があることがわかってきました。
このコラムでは、リサーチに基づき、経営陣とセキュリティチームのコミュニケーションの重要性を示します。

4 Raspberry Piから侵入 ~NASAの事例から学ぶIoT時代のセキュリティ~
2019/07/22

Raspberry Piから侵入 ~NASAの事例から学ぶIoT時代のセキュリティ~

「攻撃されていたことに気づきませんでした」
嘘のような話に聞こえますが、他人事では済まされないかもしれません。

標的型攻撃は、多くの企業がターゲットになり得る、気づきにくい攻撃です。その性質から被害が表面化しにくいものの、標的型攻撃は企業にとっての深刻な脅威のひとつになっています。しかも、今はIoT時代。「見えない攻撃」の脅威は増していきます。このコラムでは、昨月に公表されたアメリカ航空宇宙局(NASA)の事例から、IoT時代の標的型攻撃の脅威と、その対策について考察していきます。

5 ITとOTの融合で加速するスマートファクトリーのセキュリティ脅威
2019/01/06

ITとOTの融合で加速するスマートファクトリーのセキュリティ脅威

たった1度のサイバー攻撃が、リアルタイムのデータ監視、サプライチェーンマネジメントのようなスマートファクトリーの利点を帳消しにしてしまうこともあり得ます。特にIT(Information Technology)とOT(Operational Technology)を融合させたIIoTの領域において、サイバー攻撃を発端とした攻撃は、よりはっきりとした物理的な被害に結びつくことになるからです。本稿ではスマートファクトリーのセキュリティ脅威とそのリスクについて解説します。

6 M2M通信を支えるプロトコル「MQTT」「CoAP」が抱える課題、さまざまな攻撃の可能性
2018/12/11

M2M通信を支えるプロトコル「MQTT」「CoAP」が抱える課題、さまざまな攻撃の可能性

トレンドマイクロは12月10日、公式ブログで「マシン・ツー・マシン(M2M)技術における設計および実装上の脆弱性」と題する記事を公開しました。David Quarta氏と共同執筆したリサーチペーパー「The Fragility of Industrial IoT's Data Backbone: Security and Privacy Issues in MQTT and CoAP Protocols」での調査結果に基づく内容です。

7 総務省が「IoT・5Gセキュリティ総合対策」を公表、次代に向けた国家戦略を確立へ
2019/09/05

総務省が「IoT・5Gセキュリティ総合対策」を公表、次代に向けた国家戦略を確立へ

総務省は8月30日、「IoT・5Gセキュリティ総合対策」を公表しました。

8 2019年上半期はIoT/IIoTセキュリティの大きな転機、ハードウェアや重要インフラへの攻撃が顕著に
2019/09/11

2019年上半期はIoT/IIoTセキュリティの大きな転機、ハードウェアや重要インフラへの攻撃が顕著に

トレンドマイクロは9月5日、日本と海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ」を公開しました。

9 IoT機器向けプロトコル「MQTT」サーバの探索が急増 警察庁観測
2017/10/10

IoT機器向けプロトコル「MQTT」サーバの探索が急増 警察庁観測

警察庁は10月6日、IoTやM2M等で使用されるメッセージプロトコル「MQTT」による探索行為の増加を、8月に観測したとして、注意を呼びかけました。インターネット定点観測システムへのアクセス情報等の観測・分析により判明したとのことです。

10 自動車のキーフォブに存在する脆弱性が公開:問われるスマートカーのセキュリティ
2017/11/22

自動車のキーフォブに存在する脆弱性が公開:問われるスマートカーのセキュリティ

自動車のスマート化が進み、様々なテクノロジーを駆使してユーザーにさまざまな機能が提供されるようになると、自動車のハッキングは急速に問題化するようになりました。今回、エレクトロニクス設計者のTom Wimmenhove氏によって、自動車のキーフォブシステムに脆弱性があることが公開されました。

PageTop