• TOP
  • ニュース一覧
  • スマート家電の脆弱性、トレンドマイクロの無料ツールで有無を診断
2018/04/13

スマート家電の脆弱性、トレンドマイクロの無料ツールで有無を診断

トレンドマイクロは4月10日、家庭内ネットワークの安全性を診断する無料ツール「オンラインスキャン for Home Network」に、スマート家電の脆弱性の有無を診断する機能を追加しました。

「オンラインスキャン for Home Network」は、「コネクテッドデバイス可視化機能」「デバイス設定の診断機能」、新たに追加された「脆弱性診断機能」の3つの機能を搭載した、一般家庭向けのシンプルなネットワーク診断ツール(Windows向けソフトウェア)です。

・コネクテッドデバイス可視化
 接続デバイスをアイコン形式でリストアップする。未知のデバイスが接続されていないか確認できる。
・デバイス設定の診断
 ルータ、Webカメラ、NASにアクセスするための管理ID/パスワードが、簡易なものに設定されていないかを診断する。またWi-Fiの暗号化方式およびパスワードを診断し、セキュリティ強度が弱い場合は変更を促す。
・脆弱性診断
 ルータやWebカメラを遠隔操作する脆弱性、UNIXのシェル「Bash」の脆弱性(Shellshock)、SMB 1.0の脆弱性(WannaCry)等の脆弱性の有無を診断する。またMiraiやBrickerBotがスキャンするポートについて、開放されていないかどうかを診断する。

リストアップされた機器をクリックすると表示画面が切り替わり、名称・IPアドレス・Macアドレス・ブランド・カテゴリ(種別)等とともに、そのデバイスの抱える問題点が3段階(赤の×印、オレンジの!印、青のランプ印)で指摘されます。たとえば「管理画面のパスワードが初期パスワードのままになっている」「脆弱性が存在する」「他デバイスからアクセス可能なオープンポートが存在する」といったポイントが一覧で表示されます。

「オンラインスキャン for Home Network」は、トレンドマイクロのサイトより無料でダウンロード/インストールが可能。Microsoft Windows 7/8.x/10で動作します。



診断結果の画面例<br /><br />

診断結果の画面例



おすすめの動画

IoTで広がる世界とそのセキュリティ

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop