OT Defense Console™
(ODC)

管理コンソールにて、
重要資産のセキュリティ対策と保守を一元化

情報を整理してアラート疲労を回避

ODCのダッシュボードは、ICSネットワーク上のアクティビティの包括的で統合されたレポートを提供します。レポートはアラート、資産、インシデントイベントに分類され、セキュリティ状況を把握できます。

産業ネットワーク状況の可視化

ODCは、OT環境にインストールされているすべてのICS資産を、その接続方法を含めて可視化します。これにより、今まで管理されていなかったシャドーOT資産の可視化も可能となります。

多数のICSネットワークデバイスを容易に管理

ODCにより、さまざまな施設に導入されたすべてのEdgeIPS™およびEdgeFire™デバイスの管理工数を大幅に削減できます。ユーザは、ODCからすべてのノード保守タスクをリモートで実行できます。

TXOne EdgeIPS™

ポリシーを適用し、グループごとにIPSノードを管理

ODCはEdgeシリーズのノードに脅威シグネチャを配信し、多数のノードを簡単に最新の状態に維持できるようにします。

OTプロトコルの信頼リストをグループごとに編成

ODCを使用すると、管理者はOTプロトコルの信頼リストを編集して、主要な実稼働マシン資産間のインタラクティブな相互運用性を実現し、ノードグループごとにL2-L7ネットワークを詳細に分析できます。

EdgeIPS™

ODCは仮想環境に対応

仮想環境のODCはシステムリソースに応じて、最大数のノードを管理します。

産業向けネットワークセキュリティ

OT Defense Console™を始める