OT Defense Console™
(ODC)

産業用管理コンソールで
セキュリティと資産管理を一元化

情報を整理してアラート疲労を回避

ODCのダッシュボードは、OTネットワーク上のアクティビティに関する包括的な情報(アラート、資産、インシデントイベント)を提供します。

サイバー状況の俯瞰図を取得
 

ODCは、OT環境に導入されている資産を、その通信方法を含めて可視化します。これにより、資産の把握が困難であったOT環境において、資産の可視性が向上します。

多数のEdgeシリーズを集中管理して効率的に運用

ODCにより、さまざまな施設に導入されたEdgeIPS™およびEdgeFire™を集中管理して、運用に費やされる時間を削減します。Edgeシリーズの保守に必要となるタスクは、ODCからすべてリモートで実行できます。

TXOne EdgeIPS™

ポリシー適用により、グループごとにEdgeシリーズを管理

ODCはEdgeシリーズに脅威保護のためのシグネチャをポリシーに応じ配信します。それにより多数のEdgeシリーズを工数をかけずに最新の状態に維持します。

OTプロトコルの信頼リストをグループごとに編成

ODCを使用すると、OTプロトコルの信頼リストを作成してグループに適用できます。OT環境の資産間の運用に必要な通信のみを許可しつつ、ネットワークのL2~L7の情報を分析できます。

EdgeIPS™

ODCは仮想環境に対応

ODCは仮想アプライアンスでの提供となります。管理できるノード(Edgeシリーズ)の最大数は、仮想環境のシステムリソースおよびライセンス有効数に基づきます。

産業向けネットワークセキュリティ

OT Defense Console™を始める