TippingPoint
Security Management System

TippingPointソリューションを一元化して集中管理

主な機能

実践的な脅威インテリジェンス

TippingPoint Security Management System (SMS) は、脅威インテリジェンスについてグローバルなビジョンとセキュリティポリシー制御を提供し、包括的な分析と関連付けを可能にします。TippingPointのフィルタ(Digital Vaccine)更新を自動的に確認し、ダウンロードして配信するように設定できます。セキュリティポリシーに基づいて、イベントに対する処理を即座に実行することも可能です。

  • STIXおよびTAXIIの情報共有のサポートによる機械可読型の脅威インテリジェンス (MRTI) の運用
  • サードパーティソースによる脅威インテリジェンスフィードのAPI経由の使用

Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

脆弱性リスクの回避 (eVR)

脆弱性をトレンドマイクロの脅威インテリジェンスと照らし合わせ、セキュリティ対応範囲を最大化即座に処理を実行して、脆弱性脅威の優先順位に基づき修復を行います。

  • お客さまの環境でアクティブなCVEに仮想パッチを適用し、ネットワークセキュリティを迅速に最適化
  • 最新の脅威インテリジェンスに基づきポリシーの決定を簡素化
  • コンプライアンスプロセスの強化および改善
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

高度な脅威分析

TippingPointソリューションは、ネットワークの既知および未知の脆弱性を自動的にブロックします。フォレンジック機能を追加することで、ポリシーやネットワーク基盤を変更することなく、未知または潜在的な侵害の痕跡 (IOC) がDeep Discoveryへ自動的に配信され、サンドボックス分析し復旧します。

  • 全ての未知の脅威に対応するものではありません。
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

コンテキスト認識

SMSは、セキュリティ脅威に関するコンテキストとエンドユーザ情報を組み合わせた通知が可能で、業務に合わせたセキュリティポリシーの定義と容易な変更が可能であり、発生した脅威に対処することができます。

  • 地域や国に基づいてネットワークトラフィックを検出およびブロック
  • Active Directory (AD) と連携し、IPアドレスをADユーザ、マシン、ドメイン、ADグループにマッピングすることで、セキュリティ侵害を受けたユーザのコンテキスト、可視化、レポートを提供
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

ハードウェア仕様・システム要件

統合管理システム Security Management System(SMS)

  H3 H3 XL
概要 TippingPoint 製品を統合管理するシステムです。
提供形態 ハードウェアアプライアンス ハードウェアアプライアンス
管理可能デバイス数
150 500
保存可能イベント数 200,000,000 600,000,000
外観 1U 2U
外形寸法(幅x奥行x高さ) 43.47 cm x 69.85 cm x 4.32 cm 44.55 cm x 67.94 cm x 8.73 cm
重量 16.78 kg 23.6 kg
電源 冗長500W
冗長800W
管理ポート 10/100/1000 RJ-45 x 1
シリアルコンソール x 1
VGA モニタ
USB キーボード x 1
10/100/1000 RJ-45 x 1
シリアルコンソール x 1
VGA モニタ
USB キーボード x 1

TippingPoint 統合管理システム Security Management System(SMS)

  TippingPoint vSMS Enterprise Virtual アプライアンス
提供形態 仮想アプライアンス
管理可能デバイス数 サーバ環境に依存する
検査セグメント数 200,000,000
仮想プラットホーム VMware : ESXi 5.5, 6.0, 6.5
KVM : Red Hat Enterprise Linux 6, 7
提供形式 ova, img ファイル
論理コア数 2
メモリ 12GB
ディスク容量 300GB
仮想 NIC 2

Threat Insights

お客さまのネットワークにおける脅威の量と深刻度を可視化します。Threat Insightsは、TippingPoint、Deep Discovery、サードパーティのソリューションから脅威データを収集、集約し、迅速な対応を必要とする攻撃や阻止された攻撃を可視化することで、ネットワークの脅威情報の優先順位付け、自動化、統合を可能にします。

Threat insights

プロアクティブな対応と修復

Active Responder:自動対応システムを使用して、セキュリティイベントに対する処置を指定できます。自己修復サイトへのユーザの誘導や障害チケットの生成、重大なイベントの場合にはセキュアなVLANへの移動やネットワークからの隔離など、さまざまな対応が可能です。

サードパーティ統合

SMSは、他のトレンドマイクロソリューションやSIEM、脆弱性管理ツール、その他の補完的なセキュリティソリューションとシームレスに統合されます。ネットワークを一元的に可視化することで、的確な情報に基づいた意思決定を行い、インフラストラクチャやデータに対する潜在的な様々な脅威に迅速に対処することができます。

ITアドバイザリ企業・第三者機関の評価

TippingPoint Threat Protection SystemTM は、 RECOMMENDED(推奨)ソリューションと評価されました

グローバルな脆弱性調査および検出におけるリーダー

TippingPoint SMSについて、さらに詳しく

次世代を超えて

トレンドマイクロの脅威インテリジェンスはトレンドマイクロの Network Defenseにも使用されています。成熟した技術と新しい技術を融合したXGenセキュリティにより、既知、未知※の脅威から素早く保護することができます。

  • 全ての未知の脅威に対応するものではありません。