ウイルスバスター™コーポレートエディション XGのよくある質問

セキュリティ対策における同様の関心をお持ちの皆様の参考になればと、イベントやセミナーで多く聞かれた代表的な質問とその答えをご用意いたしました。
ウイルスバスターコーポレートエディションをお持ちの方向けにFAQと詳細資料をご案内します。
今後のセキュリティ対策のご参考にご活用ください。

問. 最新バージョン「ウイルスバスター™ コーポレートエディションXG(以下、ウイルスバスター Corp. XG)」の機械学習機能は他社のAI技術を実装した製品と比較して何が違うのでしょうか。

答. AI技術を使った機械学習によってマルウェアスキャンを行うという点では同様ですが、製品への実装方法や内部のアーキテクチャは異なります。ウイルスバスター Corp. XGにとっての機械学習型検索は、トレンドマイクロが提供する幾つもの検出技術の中の一つです。

問. 従来のセキュリティ機能をすり抜けたファイルはすべて機械学習型検索でチェックされるのでしょうか?それは、インターネットにつながった環境でのみ有効なのでしょうか。

答. ウイルスバスター Corp. XGの処理は、全てのファイルを検索するのではなく、特定の条件を満たすファイルのみ、その特徴を元に検索を実施します。
尚、機械学習型検索をご利用いただく際は、インターネットに接続できる環境が必要です。

関連資料:AIだけで守れるのか
- ITセキュリティにおけるAI技術の有効性の検証 -

実際にAI技術はどのようにセキュリティ分野で利用されているのか。AIが得意なこと、苦手なこと。それを踏まえて企業のセキュリティにおいてどのように活用すべきなのか解説いたします。

Trend Micro Deep Security に関する詳細Webページはこちら

問. 最新バージョン「ウイルスバスター™ コーポレートエディションXG(以下、ウイルスバスター Corp. XG)」では何が変わったのでしょうか?

答. AI技術を使った機械学習型検索を実装したことが前バージョンとの大きな違いです。機械学習型検索の先進技術と高い実績を融合した(クロスジェネレーション)防御アプローチにより、急激に拡散する未知の不正プログラムに対しても、迅速に検知・処理を行うことができます
※ 全ての未知の不正プログラムに対応するものではありません。

問. ウイルスバスター Corp. XG にアップグレードした場合、エッジリレーサーバは必要でしょうか。MacやLinuxにも対応しているのでしょうか?他社のエンドポイントセキュリティ対策製品と併用できるのでしょうか。

答. エッジリレーサーバは持ち出しPC利用時のセキュリティを向上するものですので必須ではありません。またWindows環境に有効な機能のため、MacやLinux、また他社のエンドポイントセキュリティには対応しておりません

関連資料:ウイルスバスターコーポレートエディションXG アップグレードガイド

本資料は、ウイルスバスター™ コーポレートエディション 11.0 をご利用の方向けのアップグレードガイドです。最新バージョンにアップグレードすることで、製品の機能とパフォーマンスが強化されます。ウイルスバスター Corp. XGには、最新の脅威からユーザを保護する機能とともに、お客様の要望に応える対策が組み込まれています。

関連資料:ウイルスバスターコーポレートエディションXG 機械学習型検索の評価ガイド

本資料は、ウイルスバスター Corp. XG の機械学習型検索の評価方法を説明する資料です。

  • ウイルスバスターCorp.XG の構成とインストール手順
  • 機械学習型検索を行う際の注意事項

 

関連資料:ウイルスバスターコーポレートエディションXG 構成ガイド

本資料は、ウイルスバスター Corp. XGのサーバ構成について解説した資料であり、検索方法やWebレビュテーション機能の利用有無に応じた構成を中心に記載しています。