VMware仮想化環境への
セキュリティ対策

日々進化するITインフラにおける「セキュリティ」の立ち位置

ITインフラが日々進化し、変化していく中で「セキュリティ」をどのように捉え、上手く運用していくか。
このサイトでは、仮想化環境に特化して情報システム部門の抱える課題を整理し、トレンドマイクロがお手伝いできることをご紹介いたします。

これからのサーバインフラセキュリティの在り方

home-icon1

どのサーバ環境でも
セキュリティを一括管理

Deep Securityなら、クラウド・仮想化・オンプレミスといった環境に関わらず、統一された管理コンソールから様々なセキュリティ機能を一元管理することができます。 また、vCenter Server、AWSマネジメントコンソールなどプラットフォームのインベントリ情報とリアルタイムに連携することで、迅速な状況把握を可能にします。

home-icon1

高セキュリティHCIで
導入・運用負荷を大幅軽減

HCI環境にDeep Securityをバンドルすることにより、コンピュート、ネットワークのインフラリソースにシームレスにセキュリティを実装することが可能となり、多層防御によるセキュリティ強化を実現しつつ、構築、運用の付加を大幅に軽減することが可能となります。

home-icon1

仮想デスクトップに最適な
セキュリティ対策を実現

各仮想デスクトップにかかるセキュリティ負荷を軽減することで仮想デスクトップにおけるユーザの利便性を向上させるとともに、VMware NSX🄬との連携によりランサムウェアの感染や標的型サイバー攻撃の着弾に対する内部感染防止の自動隔離機能も提供可能となります。


まずは体験してください。
30日の体験期間中、すべての機能を制限なく利用いただけます。

VMware仮想化環境でDeep Securityが選ばれる3つの理由

VMware仮想化環境おけるセキュリティの考え方から、Deep Securityが選ばれる理由を動画でわかりやすく解説します。

お役立ちリンク集
Deep Security製品紹介
サポート
ヘルプ
製品ダウンロード

メールでのお問い合わせ
VMwareTech@trendmicro.co.jp

Copyright © 2019 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.