ウイルスバスター
コーポレートエディション XG

AI技術と実績の高い技術を融合したエンドポイントセキュリティ

主な特長

防御力とパフォーマンスの両立

ウイルスバスター コーポレートエディション XGは次世代のAI技術と成熟した技術を融合したXGenセキュリティを採用した、ウイルスバスター コーポレートエディションの最新バージョンです。

Trend Micro Smart Protection Network™を軸としたスレットインテリジェンスを活用し、適切なタイミングで適切な技術を適用することで、高い防御力とパフォーマンスを両立します。

windows mac android ios new power

XGenセキュリティの活用

最新技術の機械学習型検索を対策技術に融合し、ランサムウェアや高度な攻撃への防御力を高めます。

  • 効率的な方法で脅威を段階的に除去し、高い検出率と低い誤検知率を実現します。
  • パターンファイルを使用しない機械学習型検索と、ファイルレピュテーション、Webレピュテーション、C&C(コマンドアンドコントロール)通信 をブロックするレピュテーション、挙動監視、亜種対策、センサスチェック、アプリケーションコントロール、脆弱性対策、ファイルの正否チェックなどの技術を融合。
  • ファイルの実行前だけでなく、実行時も独自の方法でファイルを分析する先端技術の機械学習型検索により、検出の精度を高めます。
  • 各レイヤでのホワイトリストチェック/対象の普及度チェックなどのノイズ除去技術により、誤検出を減らします。
  • 不審なネットワーク活動とファイルに関する情報を他のセキュリティ製品と即座に共有し、それに続く攻撃を阻止します。
  • 高度なランサムウェア対策でエンドポイントの不審なファイル暗号化処理を監視し、悪意のある活動を強制終了し、暗号化された場合でも復旧を行います。
windows mac android ios new power

集中管理と製品連携

Trend Micro Control Managerを併せて導入することで、ウイルスバスター コーポレートエディションの複数のサーバを1つのコンソールで管理、可視化を実現します。

さらに、Deep Discovery Inspectorのサンドボックス機能と連携することで、新たな脅威がローカル検出されると迅速に対応するパターンファイル(カスタムシグネチャ)を共有し、ブロックします。保護の時間短縮と不正プログラムの拡大抑止を提供します。

windows mac android ios new power

システム要件

セキュリティ課題への対応

以前と異なり、現在は正しいデータと悪意のあるデータを見分けることが難しくなっています。従来のパターンファイルベースのウイルス対策だけでは急速に拡散するランサムウェアの新種や亜種、あるいは未知の脅威を十分に防ぐことができず、知らない間に侵入され、遠隔操作により脅威が広がるケースが報告されています。このような脅威に対応するため注目されている次世代技術は、一部の脅威しか防御できず、複数のツールを1つのエンドポイントに導入していくと、連携して機能しない製品を数多く抱えることになります。様々な場所やデバイス、さらにはクラウドのサービスから企業リソースにアクセスするユーザの増加が、事態をさらに複雑にしています。多層防御で様々なタイプの脅威を防ぐ、信頼できるベンダーが提供するエンドポイントセキュリティが求められています。

ウイルスバスター コーポレートエディションは以下の課題に対応します。

  • 従来型のエンドポイントセキュリティ対策をすり抜ける不正プログラムやランサムウェアへの対策
  • PCのエンドポイント、Mac、VDIにおいて未知と既知の脅威(※)を防ぐ1つのソリューションが必要
  • エンドポイントセキュリティが他レイヤのセキュリティ製品と連携しないため、対策に要する時間が長くなり、管理者の負担が増加
  • クラウド経由など、新たな方法で情報を共有し、リモートで働くワークスタイルによって生じるセキュリティリスク

※ すべての未知の脅威に対応するものではありません

導入にかかる影響の軽減

従業員への影響と管理コストを削減します。

  • 適切な検出技術を適切なタイミングに使用することで、デバイスとネットワークへの影響を最小限におさえます。
  • エンドポイントの状況を一元的に把握することで、セキュリティリスクをすばやく可視化できます。
  • スレットインテリジェンスをセキュリティのレイヤ間で自動的に共有し、脅威の全社的な拡大を防ぎます。
  • 社外に持ち出して使用するPCのコンプライアンスとセキュリティ対策をエッジリレーサーバにより実現します。エッジリレーサーバはVPNを介さずにウイルスバスター コーポレートエディションとの接続を確保し、企業ネットワークの外部で従業員が作業できるようにします。
  • ダッシュボードをさまざまな管理業務に合わせてカスタマイズできます。

アナリスト企業・第三者機関による高い評価

ガートナー マジック・クアドラント"エンドポイント保護プラットフォーム"において15年連続でリーダーに位置づけられる(※1)

第三者機関のテストにおいて、トレンドマイクロはパフォーマンス、保護、ユーザビリティで高得点を獲得

Forrester Wave™:エンドポイント セキュリティ スイート、2016 年第 4 四半期でリーダーの評価を獲得

企業向けエンドポイントセキュリティ製品
国内市場シェア 9年連続No.1(※2)

トレンドマイクロ製品は、(株)富士キメラ総研の調査で企業のサーバ/クライアント向けウイルス対策ツールで13年連続(※3)最も高いシェアを占めています。

※1 本リサーチは、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、発行物全体のコンテクストにおいてご覧いただく必要があります。ガートナーの発行物は、リクエストにより トレンドマイクロからご提供することが可能です。GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 
出典:Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, January 30, 2017, Eric Ouellet, Ian McShane, Avivah Litan
※2 出典: IDC Japan, Japan Semiannual Security Software Tracker 2016 H2 エンドポイントセキュリティー2008年~2016年下期連続No.1 (シェア算出全期間)
※3 出典:(株)富士キメラ総研「ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」2003~2015年度金額ベース

お客さまの声

株式会社サンケイリビング新聞社


社内外を問わずセキュリティポリシーを均一化し、その状況も一元的に把握できます。現場は安心して仕事に専念できるようになり、情報システム部は管理が容易になりました...詳細はこちら

株式会社サンケイリビング新聞社
情報システム部
水谷 明 氏

ラインナップ

お客さまの目的やご利用環境に合わせて製品選定いただくことができます。

Client/Server Suite Premium™

脆弱性対策、仮想パッチによる統合管理機能を備えたクライアント/サーバ向けの総合セキュリティ対策製品です。Windows環境だけでなく、Mac端末やスマートフォン・タブレット端末、また仮想デスクトップ環境(VDI)など多様化するデバイス/環境に対応したセキュリティ管理を実現します。また、統合管理機能を強化した「Trend Micro Control Manager™ アドバンス」をあわせて提供しウイルス対策、スパイウェア対策、パーソナルファイアウォール機能、Webレピュテーション、ダメージクリーンナップサービス、Mac OS向けクライアントセキュリティ「Trend Micro Security for Mac」、Trend Micro Virtual Patch for Endpoint、スマートフォン・タブレット端末のセキュリティを行う「Trend Micro Mobile Security™ スタンダード」などをセットにした、総合セキュリティスイートです。

ウイルスバスター™ コーポレートエディション Plus

スマートフォン、タブレット端末や、Mac端末に対しても、製品に含まれる「Trend Micro Mobile Securityスタンダード」や「Trend Micro Security for Mac」をプラグインとして機能追加することで、これらのデバイスにおけるセキュリティレベルも高めることが出来ます。

ウイルスバスター コーポレートエディション XGのオプション

オプション製品でセキュリティを拡張し、保護の範囲を拡大できます。オプション製品はウイルスバスター コーポレートエディションの管理サーバによる一元管理が可能です。

情報漏えい対策とデバイスコントロール強化(Trend Micro 情報漏えい対策オプション)

可視化と制御により機密データを保護します。詳細はこちらをご覧ください

Mac OSのセキュリティ対策(Trend Micro Security for Mac

ネットワーク上のMacクライアントを保護します。Macクライアントが悪意のあるWebサイトにアクセスして不正プログラムの感染を防ぎます。

VDI環境利用時の最適(Trend Micro VDIオプション)

物理デスクトップと仮想デスクトップのいずれでもエンドポイントセキュリティを1つのソリューションに統合できます。

機能比較

ライセンス別 機能比較

※1 Client/Server Suite PremiumはTrend Micro Control Managerアドバンスを使用します
※2 ウイルスバスター コーポレートエディション PlusとClient/Server Suiteについては、オプションとして別途ライセンス購入が必要です
※3 ウイルスバスター コーポレートエディション PlusとClient/Server Suiteについては、オプションとして別途ライセンス購入が必要です
※4 Client/Server Suite Premium、ウイルスバスター コーポレートエディション Plus、Client/Server Suiteともに、オプションとして別途ライセンス購入が必要です

バージョン別 機能比較

User Protection

Trend Micro User Protectionソリューションは、エンドポイント、メール、Web、SaaSアプリケーションを保護する、クロスジェネレーションの技術が融合したXGenセキュリティによって強化されています。一連のテクノロジにより、すべてが連携して機能することで、高度化する脅威に対する可視性と制御の向上を図ることができます。 

XGenセキュリティについて