Trend Micro Apex One™
エンドポイントセキュリティ

多層の機能によりエンドポイントを強固に保護

Trend Vision One – Endpoint Security 販売開始に伴う
Trend Micro Apex One SaaS およびTrend Micro Cloud One – Workload Security 新規販売終了のお知らせ

※ なお、オンプレミス版 Trend Micro Apex One は新規販売終了いたしません。

アイコン

自動対処

ファイルレスやランサムウェアなど、増え続けるさまざまな脅威に対する高度な自動脅威検出と対処を提供します。トレンドマイクロのクロスジェネレーションの高度な技術が融合したエンドポイント保護により、パフォーマンスと有効性を最大限に高めます。

アイコン

統合

EPPとEDRの統合、強力なSIEM統合、およびオープンAPIの実装により、対処に必要なインサイト、拡張された調査機能、一元化された可視性を得ることができます。エンドポイントを超えて関連付けられる拡張された脅威調査が実施され、さらにMDR(Managed Detection and Response) サービスでセキュリティチームを強化します。

アイコン

柔軟性

進化する技術と脅威に対しては、従来のウイルス対策を超えるセキュリティが必要です。Trend Micro Apex One™は、脅威の検出、調査、および対処を単一のエージェント内で提供します。機能とコンソールを統合し、それぞれSaaSとオンプレミスの導入が可能です。

Gartner Peer Insights ロゴ

エンドポイントセキュリティ市場における評価

エンドポイントプロテクション(EPP)におけるガートナーのマジッククアドラントでリーダーの評価を獲得するとともに、ガートナーのピアインサイトでもお客様からの高い評価をいただいています

AI技術を用いた高度な検出

Apex Oneは、クロスジェネレーションの脅威対策技術を融合して、あらゆる種類の脅威に対して強力な保護を提供します。

  • 実行前および実行時の機械学習
  • ファイルレス、環境寄生型、ランサムウェアの脅威など、高度なマルウェアをより正確に検出
  • 検出のすべてのレイヤにわたってノイズ除去技術により誤検出を大幅に低減
  • 革新的な挙動分析により、スクリプト、インジェクション、ランサムウェア、メモリ、ブラウザ攻撃に対する効果的な保護を実現 



APEX ONEを選ぶ理由

エンドポイントセキュリティの再定義

脆弱性からの保護 expand_more

脆弱性への対策

Apex One Vulnerability Protectionは、ホストベースの侵入防御システム(HIPS)を使用して、パッチが利用可能または展開可能になる前に、既知および未知の脆弱性に仮想的にパッチを適用します。  

  • リスクエクスポージャの排除
  • 重要なプラットフォーム、物理デバイス、および仮想デバイスに保護を拡張
  • 復旧と緊急パッチによるダウンタイムを削減
  • CVE、MS-ID、重大度に基づいて脆弱性を特定
  • 業界最先端の調査により、他のどのベンダよりも多くの脆弱性を検出
機密データの保護 expand_more

機密データに対する効果的なセキュリティ

ネットワーク上またはネットワーク外にある機密データを保護し、最大限の可視性と制御を実現します。エンドポイント暗号化、*統合DLP、およびデバイス制御。

  • 多種多様なデバイス、アプリケーション、ファイルタイプを網羅
  • GDPRを含む多くの規制コンプライアンスへの準拠を支援
  • デバイスコントロールとデータ管理の詳細なポリシーを設定
強化されたアプリケーションコントロール expand_more

悪意のあるソフトウェアに対するアプリケーション制御の強化

未知のアプリケーションや不要なアプリケーションがエンドポイントで実行されるのを防ぎます。Trend Micro Apex Oneのアプリケーションコントロールを使用すると、以下が可能になります。

  • カスタマイズ可能なロックダウン、セーフリスト、ブロックリストポリシーを使用して、悪意のあるソフトウェアをブロックします。
  • アプリケーション分類とレピュテーションインテリジェンスにより動的なポリシーを作成し、管理負荷を削減
  • 数百万件のアプリケーションイベントのデータを関連付けて脅威を識別し、検証済みアプリケーションの最新データベースを維持

動作の仕組み

多層化された一連の検出技術と調査および対処を併用し、エンドポイントをあらゆる段階で保護

統合された検知と対処

Apex Oneと Trend Vision OneTMを活用することで、市場をリードするXDR機能を実現します。複数のセキュリティレイヤにわたる検出、調査、および対処機能が強化され、組織全体に影響を及ぼす脅威を包括的に可視化します。​

業界をリードするXDRでエンドポイントセキュリティを強化する方法を体験可能です。無料の体験版で Trend Vision Oneを体験してください。

  • 必要な対処につながるアラート​
  • 影響を明らかにし、シームレスに対処を開始​
  • メール、ネットワーク、クラウド、およびワークロード全体で、強化された関連付けられた検出、調査、および応答を取得
  • 脅威を特定し、疑わしい活動を検証する
  • SIEMプラットフォームやSOARツールとのAPIを介した統合
  • 24時間365日利用可能

業界をリードするパフォーマンス

Gartner® Peer Insights™ Customers’ Choiceの1社に選出

The Forrester Wave™のリーダーに選出 Endpoint Security SaaS,Q2 2021

トレンドマイクロは、2020年のエンドポイントセキュリティ市場の10.5%を獲得し、最も高いシェアを獲得しました。

Forrester New Wave™ XDRベンダー評価でリーダーに選出 Extended Detection and Response, Q4 2021

Forrester Wave™ のリーダーに選出 Endpoint Security, Q4 2023

TESTIMONIALS
お客さまの声
「トレンドマイクロの導入以来、数百万件の攻撃を検知し、1日で117,000の脅威を阻止し、18か月で感染はゼロになりました。トレンドマイクロは、私が寝ている間も常に働き続けています」
SBV Services社 最高セキュリティー責任者(CSO) Ian Keller 氏

関連情報を見る

ソリューションの概要

セキュリティアセスメントツール

メールセキュリティとエンドポイントセキュリティがどのように連携するか体験してください

デモ

製品詳細説明​

Trend Micro Apex One™によるエンドポイントセキュリティ

デモ

エンドポイント向けのセキュリティ製品一覧

【システム要件URL変更のお知らせ】
Trend Micro Apex One™ SaaS、Trend Micro Apex One™、Trend Micro Apex One™ (Mac) SaaSおよびTrend Micro Apex One™ (Mac) のシステム要件は、各々下記の URLへ移動いたします。ブラウザブックマークの変更をお願いいたします。本ページの記載は「Trend Micro Apex One™システム要件」を除き2024年2月29日までの掲載となります。

Trend Micro Apex One™ SaaS システム要件

remove add

Apex One™ SaaSセキュリティエージェント(Windows プラットフォーム)

CPU
  • 1.4GHz Intel Pentium 以上または同等の CPU、2GHz以上を推奨

Windows7 SP1/Windows Server 8.1/Windows10の場合、
  • 1GHz(32ビット)/2GH(64ビット) Intel Pentium以上または同等のCPU、2GHz以上を推奨
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One専用)
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2.0GB 以上)

Apex One SaaS Endpoint Sensor、アプリケーションコントロール、仮想パッチ、データ保護をアクティベートする場合:
  • 3.0GB 以上の空き容量
OS
  • Windows 7 SP1 [Home Basic / Home Premium / Ultimate / Professional / Enterprise / Professional for Embedded Systems / Ultimate for Embedded Systems / Thin PC]※1※2
  • Windows 8.1 [Standard / Pro / Enterprise]
  • Windows 10 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstation / Education / Enterprise ]※3
  • Windows 11 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstation / Education / Enterprise ]
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [Standard / Enterprise / Datacenter / Web / Server Core]※2
  • Windows Storage Server 2008 R2 SP1 [Basic / Standard / Enterprise / Workgroup]※2
  • Windows HPC Server 2008 R2
  • Windows MultiPoint Server 2010
  • Windows MultiPoint Server 2011 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Storage Server 2012 [Workgroup / Standard]
  • Windows Storage Server 2012 R2 [Workgroup / Standard]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2012 R2 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2019 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Storage Server 2016 [Workgroup / Standard]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2022 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server (Modern Life Cycle適用)※3
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer11 (Windows 10/Windows Server 2016/Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ/Windows Storage Server 2016/Windows Server 2019でWebセットアップを実行する場合)
  • Microsoft Internet Explorer10 (Windows Server 8.1/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Storage Server 2012/Windows Storage Server 2012R2/Windows MultiPoint Server 2012/Windows Server 2012フェイルオーバークラスタ/Windows Server 2012R2フェイルオーバークラスタ、でWebセットアップを実行する場合)
  • Microsoft Internet Explorer 8.0または9.0(上記以外のOSでWebセットアップを実行する場合)
その他
  • 簡易ファイルの共有は無効にする。(Windows7 SP1の場合)
  • Windowsファイアウォール(有効な場合)でプリンタ/ファイルの共有を許可する。
  • 初期設定のローカル管理を有効にする。
  • アップデートのサポートは Windows10 19H2 以前(Windows10の場合)

※ 【重要】トレンドマイクロでは、Microsoft 社からの要請に基づき、2023年2月中旬より、Azure Code Signing (ACS) を使用して各製品モジュールの署名を行います。お客さまにはご利用されている Microsoft Windows に応じてセキュリティパッチを適用いただく必要があります。詳細はこちらをご覧ください。
※ Apex One SaaSセキュリティエージェント各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。
※ 特定のプラットフォームのプロセッサおよび RAM の要件については、該当するプラットフォームの Microsoft システム要件を参照してください。
※ Apex One SaaS Endpoint Sensor をご利用の場合、スタンダードサポートでは解析結果などについてコンサルティングが必要な高度な内容はサポート範囲に入りませんので、ご注意ください。
※ WindowsRTまたはWindowsUIはサポートされていません。
※ オペレーティングシステムについて、サポート期間を定めております。サポートポリシー・期間の情報は、https://success.trendmicro.com/jp/solution/1122809  をご参照下さい。

※1 セキュリティエージェントは Windows Embedded システムをサポートしていますが、インストールには特定のコアコンポーネントが必要です。Windows Embedded システムで必要なコンポーネントの詳細については、製品 Q&A を参照してください。また、各Windows Embedded システムの構成は一律ではないため、オプションの Windows コンポーネントの一部が Apex One でサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントを組み合わせて使用するにあたり、互換性の問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。
※2 弊社製品のコードサイニング証明書情報(https://success.trendmicro.com/jp/solution/1113179)をご参照下さい。
※3 Trend Micro Apex One SaaS のサポート期間内において Windows10 および Windows Server のLTSB / LTSC およびSACをサポートします。各バージョンのサポート情報は(https://success.trendmicro.com/jp/solution/1122809)をご参照下さい。

< 備考 >
原則として32ビットOS 環境および64ビットOS環境で動作しますが、一部の機能では64ビットOS環境に対応していないものもあります。
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)



Apex One™ (Mac) SaaS セキュリティエージェント

OS
  • macOS™ Ventura 13.0 ※2022年11月メンテナンス以降
  • macOS™ Monterey 12.0 ※2021年9月メンテナンス以降
  • macOS™ Big Sur 11.0 ※2020年11月メンテナンス以降
  • macOS™ Catalina 10.15
  • macOS™ Mojave 10.14(2023年11月定期メンテナンスにてサポート終了予定)
  • macOS™ High Sierra 10.13(2022年11月定期メンテナンスにてサポート終了)
  • macOS™ Sierra 10.12(2021年12月31日サポート終了)
  • OS X™ El Capitan 10.11(2021年3月10日サポート終了)
ハードウェア
  • プロセッサ:Intel Core プロセッサ / M1・M2 プロセッサ
    ※M1プロセッサ : 2021年7月メンテナンス以降
    ※M2プロセッサ : 2022年8月メンテナンス以降
  • RAM: 2GB 以上
サーバーエージェント間コミュニケーション
  • セキュリティエージェント バージョン3.5.3.xまたはそれ以降:443
  • セキュリティエージェント バージョン 3.5.2.x: 8443
その他
  • *.trendmicro.comへのアクセス
  • (必要な場合)インターネット接続のためのプロキシサーバ設定



【提供終了済】Apex One™ SaaS セキュリティエージェント(Linux プラットフォーム)

プラットフォーム
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (32/64ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (64ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 8 (64ビット)
  • Ubuntu 16 (64ビット)
  • Ubuntu 18 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2, SP3 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 15 (64ビット)

※ Apex One SaaS は Endpoint Sensor 機能のみを持つ Linux エージェントを提供していましたが、2020年7月15日をもって、すべての Linuxエージェント機能の提供およびサポートを終了いたしました。



アップデートエージェント

CPU
  • 1GHz(32ビット)/2GHz(64ビット)Intel Pentium 以上または同等のCPU、2GHzを推奨
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One専用)
ハードディスク
  • 1.8GB 以上の空き容量(推奨2.3GB 以上)※1
ディスプレイ
  • 解像度1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※1 Patch5以降、ハードディスク要件が(空き容量1.5→1.8GB/推奨2.0→2.3GB)変更となりました。



Apex One™ SaaS 管理コンソール

対応ブラウザ
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome



仮想化環境

仮想化サポート

VMware™

  • ESX/ESXi Server (Server Edition) 5.x、6.x、7.x、8.x
  • Server (Server Edition) 1.0.3、2
  • Workstation および Workstation ACE Edition 7.0、
  • 7.1、8.0、9.0、10.0、11.0、12.0、14.0、15.0
  • vCenter 5.0、5.1、5.5、6.x、7.x、8.x
  • View 5.0、5.1、5.3、6.x
  • Horizon Air Desktops
  • Horizon Mirage 5.x
  • Horizon View 7
  • Horizon View 8

 

Citrix™

  • XenDesktop 5.0、5.5、5.6、7.x
  • XenServer 6.5, 7.0
  • XenApp 4.5、5.0、6.0、6.5、7.x
  • VDI-in-a-Box 5.1

 

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)
  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V

 

Windows Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V

 

Windows Virtual Desktop

※ VDI環境上でサーバOSを利用する場合には設定について一部制限があります。詳細はこちらをご覧ください。
※ 上記仮想化環境をご利用いただく上での注意点や制限事項はこちらをご覧ください。


記載内容は2023年7月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

Trend Micro Apex One™ Service Pack 1 システム要件

remove add

Apex One™ サーバ

CPU
  • 1.86GHz Intel™Core™2 Duo (デュアルコア) 以上
  • AMD 64 (デュアルコア) プロセッサ
  • Intel 64 (デュアルコア) プロセッサ
メモリ
  • 3GB 以上のRAM (Apex One専用)

アプリケーションコントロールまたは仮想パッチを使用する場合:
  • 8GB 以上のRAM (Apex One専用)

Apex One Endpoint Sensorを使用する場合:
  • 16GB 以上のRAM
ハードディスク
  • 7GB 以上

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 8GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter] ※1
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter] ※2
  • Windows Server 2022 [Standard / Datacenter]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
データベース
  • SQL Server 2012(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2012 Express
  • SQL Server 2014(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2014 Express
  • SQL Server 2016(Enterprise/Standard)SP1 以降
  • SQL Server 2016 Express SP1 以降
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017 Express
  • SQL Server 2019(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2019 Express
  • SQL Server 2022 (Enterprise / Standard)
  • SQL Server 2022 Express

※ Apex One は指定のSQL Serverエディションのみ利用が可能です。


Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • SQL Server 2016 SP1 以降(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2019(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2022 (Enterprise / Standard)

※ SQL Server Express は利用できません。

※ Endpoint Sensorを使用する場合、SQLの設定で、[検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出] を有効にする必要があります。必要な機能の詳細はインストールガイドに記載しています。

※ Apex One は指定のSQL Serverエディションのみ利用が可能です。

その他
  • ギガビットネットワークインタフェースカード
  • 解像度1366×768、256色以上をサポートするモニタ

※ 【重要】トレンドマイクロでは、Microsoft 社からの要請に基づき、2023年2月中旬より、Azure Code Signing (ACS) を使用して各製品モジュールの署名を行います。お客さまにはご利用されている Microsoft Windows に応じてセキュリティパッチを適用いただく必要があります。詳細はこちらをご覧ください。
※ Apex One Service Pack 1 は Apex One 2019からのバージョンアップがサポートされています。バージョンアップする前にお使いのバージョンのWindowsに必要なハードウェア要件をサーバが満たしている事をご確認下さい。
※ Apex One の管理サーバやセキュリティエージェントがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。
※ Windows Server 2012を実行するコンピュータにインストールする場合ネットワーク通信を保護するため、Windows Server 2012 の TLS 1.2 を有 効にすることをお勧めします。

※1 重要:Windows 2012 Server R2 に Apex One サーバをインストールする場合は KB2919442 と KB2919355 が必要
※2 デスクトップエクスペリエンスGUIモード



Trend Micro Apex One™ エッジリレーサーバ

CPU
  • 2GHz デュアルコア
メモリ
  • 1GB 以上(エッジリレーサーバ専用)
ハードディスク
  • 60GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2022
ネットワークカード
  • ネットワークカード×2の場合:Apex One サーバへのイントラネット接続用に1ポート、持ち出し端末(オフプレミス)のPC(セキュリティエージェント)接続用(インターネット接続)に1ポート
  • ネットワークカード×1 の場合:イントラネット接続とインターネット接続に異なるポートを使用するように設定



Apex One™ セキュリティエージェント

CPU
  • 2GHzのIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / POSReady 7 / 7 Embedded / 8.1 Embedded / 10 IoT の各32ビット版を使用する場合:
  • 1GHz(2GHzを推奨)のIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2GB 以上)

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 2GB 以上の空き容量(推奨3GB 以上)
OS
  • Windows 7 SP1 [Home Basic / Home Premium / Ultimate / Professional / Enterprise / Professional for Embedded Systems / Ultimate for Embedded Systems / Thin PC] ※1※4※5
  • Windows 8.1 [Standard / Pro / Enterprise] ※2
  • Windows 10 (SPなし、バージョン22H2以前、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstations / Education / Enterprise] ※3
  • Windows 11 (SPなし、バージョン22H2以前、アップデート対応状況はこちらをご参照下さい) [Home / Pro / Education / Enterprise]
  • Windows Embedded POSReady 7 ※1※5
  • Windows 7 Embedded SP1 [Standard / Professional / Ultimate] ※1※4※5
  • Windows 8.1 Embedded [Pro / Industry Enterprise / Industry Pro] ※1
  • Windows 10 IoT Enterprise ※1
  • Windows 11 IoT Enterprise ※1
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [Standard / Enterprise / Datacenter / Web / Server Core] ※4※5
  • Windows Storage Server 2008 R2 SP1 [Basic / Standard / Enterprise / Workgroup] ※4※5
  • Windows HPC Server 2008 R2※4※5
  • Windows MultiPoint Server 2011 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Storage Server 2012 [Workgroup / Standard]
  • Windows Storage Server 2012 R2 [Workgroup / Standard]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2012 R2 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2019 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Storage Server 2016 [Workgroup / Standard]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2022 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server (Modern Life Cycle適用)※3
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※ 【重要】トレンドマイクロでは、Microsoft 社からの要請に基づき、2023年2月中旬より、Azure Code Signing (ACS) を使用して各製品モジュールの署名を行います。お客さまにはご利用されている Microsoft Windows に応じてセキュリティパッチを適用いただく必要があります。詳細はこちらをご覧ください。
※ 特定のプラットフォームのプロセッサおよび RAM の要件については、該当するプラットフォームの Microsoft システム要件を参照してください。
※ Apex One Endpoint Sensor をご利用の場合、スタンダードサポートではRCA結果などについてコンサルティングが必要な高度な内容はサポート範囲に入りませんので、ご注意ください。
※ サーバOS上での Apex One Endpoint Sensor 機能はサポート対象外です。
※ エンドポイントで多数のアプリケーションが同時に実行されている場合は、リソースの一時的な高負荷が発生する可能性があります。対象エンドポイントですでにメモリまたはディスク容量が不足している場合は、Apex One セキュリティエージェントのインストールまたはバージョンアップの前に必要なハードウェアコンポーネントをバージョンアップすることをお勧めします。広範囲にわたる検索処理中に、十分なパフォーマンスを確保できるよう、記載されているシステムの最小要件をセキュリティエージェントプログラム専用のリソースとして割り当てることをお勧めします。
※ Windows Embedded プラットフォームおよび Windows Storage Server におけるトレンドマイクロのすべてのテストは仮想化環境で実施されます。通常、これらの OS はカスタムハードウェア (POS 端末など) 上で実行されるため、実稼働環境への導入前に、対象のハードウェアプラットフォームで十分なテストを実施するよう 計画してください。また、サポートケースを登録する前に、仮想化環境での問題の再現を試行してください (トレンドマイクロのサポートチームが使用しているの が仮想化環境であるため)。問題がカスタムハードウェアへの導入に固有のものである場合は、サポートケースへの対応前に、サポートチームによるお客様の適切な 環境へのリモートアクセスを許可していただく可能性があります。
※ 統合書き込みフィルター(UWF)機能が有効な Windows プラットフォームへの Apex One セキュリティエージェントのインストールはサポートしていません。
※ オペレーティングシステムについて、サポート期間を定めております。
サポートポリシー・期間の情報は、こちら をご参照下さい。

※1 セキュリティエージェントは Windows Embedded システムをサポートしていますが、インストールには特定のコアコンポーネントが必要です。Windows Embedded システムで必要なコンポーネントの詳細については、製品 Q&A を参照してください。また、各Windows Embedded システムの構成は一律ではないため、オプションの Windows コンポーネントの一部が Apex One でサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントを組み合わせて使用するにあたり、互換性の問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。
※2 WindowsRTおよびWindows UI はサポートされていません。
※3 Trend Micro Apex One のサポート期間内において、Windows10 および Windows Server のLTSB/LTSCおよびSACをサポートします。SAC のサポート開始情報についてはこちら、LTSCはサポート開始後下記のFAQにサポート対象のOS情報が追加されます。本FAQには、SAC/LTSC含め、各OSバージョンのサポート情報もこちらのサイトに記載されておりますので、ご参照下さい。
※4 弊社製品のコードサイニング証明書情報をご参照下さい。
※5 Extended Security Updates - ESU が必要となります。詳細情報はこちらをご参照下さい。

< 備考 >
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)



アップデートエージェント

CPU
  • 1GHz (32 ビット)/2GHz (64 ビット) Intel Pentium 以上または同等の CPU、2GHz を推奨
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.8GB 以上の空き容量(推奨2.3GB 以上)※1
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※1 Patch5以降、ハードディスク要件が(空き容量1.5→1.8GB/推奨2.0→2.3GB)変更となりました。

 

 

Apex One™ サーバ Web コンソール

プロセッサ
  • 300MHz Intel Pentium または同等の CPU

メモリ
  • 128MB 以上
ハードディスク
  • 30MB 以上
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ
ブラウザ
  • Chrome
  • Microsoft Edge
  • Chromium版Microsoft Edge
  • Internet Explorer10.0以降(SP1 Patch1以降はシステム要件外)

※ WinsowsRT およびWindows UI はサポートされていません。



仮想化環境

仮想化サポート

VMware™

  • ESX/ESXi Server (Server Edition) 5.x、6.x、7.x、8.x
  • Server (Server Edition) 1.0.3、2
  • Workstation および Workstation ACE Edition 7.0、
  • 7.1、8.0、9.0、10.0、11.0、12.0、14.0、15.0
  • vCenter 5.0、5.1、5.5、6.x、7.x、8.x
  • View 5.0、5.1、5.3、6.x
  • Horizon Air Desktops
  • Horizon Mirage 5.x
  • Horizon View 7
  • Horizon View 8

 

Citrix™

  • XenDesktop 5.0、5.5、5.6、7.x
  • XenServer 6.5, 7.0
  • XenApp 4.5、5.0、6.0、6.5、7.x
  • VDI-in-a-Box 5.1

 

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)
  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V

 

Windows Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V

※ VDI環境上でサーバOSを利用する場合には設定について一部制限があります。詳細はこちらをご覧ください。



次の表は VDI オプションでサポートされる仮想プラットフォームを示しています。

仮想化プロバイダ サポートされるプラットフォーム
VMware
  • VMware vCenter: 5.x、6.x、7.x、8.x
  • VMware View: 4.x、5.x、6.x
  • VMware Horizon View: 6.x、7.x、8.x
Citrix
  • Citrix XenServer: 6.x、7.x
  • Citrix XenDesktop: 5.x、7.x
HyperV

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)  

Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2019 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2022 (64ビット) Hyper-V

Hyper-V

  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Pro for Workstation/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 11 Pro/Pro for Workstation/Enterprise(64ビット) Hyper-V



Trend Micro Apex One™ (Mac) システム要件

Apex One™ (Mac) サーバ

サーバ
  • Apex One 以降

※ Windows Server 2008および、Windows Server 2008R2はサポート対象外となります。

プラグインマネージャ
  • 2.0 および以降
メモリ
  • 最小1GB以上
  • 推奨2GB以上
ハードディスク
  • 最小7GB(XGがシステムドライブへインストールされている場合)
  • 最小5GB(Apex Oneがシステムドライブへインストールされている場合)
  • Apex OneまたはXGがシステムドライブへインストールされていない場合
    - 7GB(XGがインストールされているドライブに必要)
    - 5GB(Apex Oneがインストールされているドライブに必要)
    - 7GB(下記Apex Oneで利用するソフトウェアがシステムドライブ以外へインストールされる場合、システムドライブに必要。)
その他
  • Microsoft™ .NET Framework 3.5 and 4.6.1
  • Microsoft Windows™ Installer 3.1以上

※ 以下のプログラムがインストールされていない場合、サーバプログラムのインストール時に合わせて自動的にインストールされます。
Microsoft SQL Server 2016 SP1 Express (2008 R2 Express, 2016 Expressの利用も可能)
Apache™ ActiveMQ 5.15.4
Microsoft Visual C++ 2017 Redistributable



Apex One™ (Mac) セキュリティエージェント

OS
  • macOS™ Ventura 13.0 ※Patch 8 (3.5.6604) 以降
  • macOS™ Monterey 12.0 ※Patch 5 (3.5.5709) 以降
  • macOS™ Big Sur 11.0 ※Patch 2 (3.5.3712) 以降
  • macOS™ Catalina 10.15
  • macOS™ Mojave 10.14(2023年12月サポート終了予定)
  • macOS™ High Sierra 10.13(2022年12月サポート終了)
  • macOS™ Sierra 10.12(2021年12月31日サポート終了)
  • OS X™ El Capitan 10.11(2021年3月10日サポート終了)
  • OS X™ Yosemite 10.10 or later(2020年1月16日サポート終了)
CPU
  • Intel® Core™ プロセッサ M1・M2プロセッサ搭載のMac
    ※M1プロセッサ : Patch 3 (3.5.5371) 以降
    ※M2プロセッサ : Patch 6 (3.5.6074) 以降
メモリ
  • 最小2GB
ディスク
  • 最小512MB
その他
  • サーバとのコミュニケーションに61617番ポート、バージョン 3.5.3714 以降4343版ポートを使用します。
  • Apex One Endpoint Sensor を利用する場合、443番ポートを使用します。
  • *.trendmicro.comへのアクセスを必要とします。

 

記載内容は2023年10月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

Trend Micro Apex One™ Patch6 以降システム要件

remove add

Apex One™ サーバ

CPU
  • 1.86GHz Intel™Core™2 Duo (デュアルコア) 以上
  • AMD 64 (デュアルコア) プロセッサ
  • Intel 64 (デュアルコア) プロセッサ
メモリ
  • 3GB 以上のRAM (Apex One専用)

アプリケーションコントロールまたは仮想パッチを使用する場合:
  • 8GB 以上のRAM (Apex One専用)

Apex One Endpoint Sensorを使用する場合:
  • 16GB 以上のRAM
ハードディスク
  • 7.0GB 以上

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 8.0GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter] ※1
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter] ※2
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
データベース
  • SQL Server 2012(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2012 Express
  • SQL Server 2014(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2014 Express
  • SQL Server 2016(Enterprise/Standard)SP1 以降
  • SQL Server 2016 Express SP1 以降
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017 Express
  • SQL Server 2019(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2019 Express

※ Apex One で正式にサポートされているのは、指定のSQL Serverエディションのみです。


Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • SQL Server 2016 SP1 以降(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2019(Enterprise/Standard)

※ SQL Server Express はサポートされていません。

※ Endpoint Sensorを使用する場合、SQLの設定で、[検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出] を有効にする必要があります。必要な機能の詳細はインストールガイドに記載しています。

※ Apex One で正式にサポートされているのは、指定のSQL Serverエディションのみです。

その他
  • ギガビットネットワークインタフェースカード
  • 解像度1366×768、256色以上をサポートするモニタ

※ Apex One Patch6 は Apex One 2019からのバージョンアップがサポートされています。バージョンアップする前にお使いのバージョンのWindowsに必要なハードウェア要件をサーバが満たしている事をご確認下さい。
※ Apex One の管理サーバやセキュリティエージェントがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。

※1 重要:Windows 2012 Server R2 に Apex One サーバをインストールする場合は KB2919442 と KB2919355 が必要
※2 デスクトップエクスペリエンスGUIモード



Trend Micro Apex One™ エッジリレーサーバ

CPU
  • 2GHz デュアルコア
メモリ
  • 1GB 以上(エッジリレーサーバ専用)
ハードディスク
  • 60GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
ネットワークカード
  • ネットワークカード×2の場合:Apex One サーバへのイントラネット接続用に1ポート、持ち出し端末(オフプレミス)のPC(セキュリティエージェント)接続用(インターネット接続)に1ポート
  • ネットワークカード×1 の場合:イントラネット接続とインターネット接続に異なるポートを使用するように設定



Apex One™ セキュリティエージェント

CPU
  • 2GHzのIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / POSReady 7 / 7 Embedded / 8.1 Embedded / 10 IoT の各32ビット版を使用する場合:
  • 1GHz(2GHzを推奨)のIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2.0GB 以上)

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 2.0GB 以上の空き容量(推奨3.0GB 以上)
OS
  • Windows 7 SP1 [Home Basic / Home Premium / Ultimate / Professional / Enterprise / Professional for Embedded Systems / Ultimate for Embedded Systems / Thin PC] ※1※4
  • Windows 8.1 [Standard / Pro / Enterprise] ※2
  • Windows 10 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstation / Education / Enterprise] ※3
  • Windows 11 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照下さい) [Home / Pro / Education / Enterprise]
  • Windows Embedded POSReady 7 ※1
  • Windows 7 Embedded SP1 [Standard / Professional / Ultimate] ※1※4
  • Windows 8.1 Embedded [Pro / Industry Enterprise / Industry Pro] ※1
  • Windows 10 IoT Enterprise ※1
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [Standard / Enterprise / Datacenter / Web / Server Core] ※4
  • Windows Storage Server 2008 R2 SP1 [Basic / Standard / Enterprise / Workgroup] ※4
  • Windows HPC Server 2008 R2
  • Windows MultiPoint Server 2011 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Storage Server 2012 [Workgroup / Standard]
  • Windows Storage Server 2012 R2 [Workgroup / Standard]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2012 R2 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2019 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Storage Server 2016 [Workgroup / Standard]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2022 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server (Modern Life Cycle適用)※3
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※ 特定のプラットフォームのプロセッサおよび RAM の要件については、該当するプラットフォームの Microsoft システム要件を参照してください。
※ Apex One Endpoint Sensor をご利用の場合、スタンダードサポートではRCA結果などについてコンサルティングが必要な高度な内容はサポート範囲に入りませんので、ご注意ください。
※ サーバOS上での Apex One Endpoint Sensor 機能はサポート対象外です。
※ エンドポイントで多数のアプリケーションが同時に実行されている場合は、リソースの一時的な高負荷が発生する可能性があります。対象エンドポイントですでにメモリまたはディスク容量が不足している場合は、Apex One セキュリティエージェントのインストールまたはバージョンアップの前に必要なハードウェアコンポーネントをバージョンアップすることをお勧めします。広範囲にわたる検索処理中に、十分なパフォーマンスを確保できるよう、記載されているシステムの最小要件をセキュリティエージェントプログラム専用のリソースとして割り当てることをお勧めします。
※ オペレーティングシステムについて、サポート期間を定めております。サポートポリシー・期間の情報は、https://success.trendmicro.com/jp/solution/1122809  をご参照下さい。

※1 セキュリティエージェントは Windows Embedded システムをサポートしていますが、インストールには特定のコアコンポーネントが必要です。Windows Embedded システムで必要なコンポーネントの詳細については、製品 Q&A を参照してください。また、各Windows Embedded システムの構成は一律ではないため、オプションの Windows コンポーネントの一部が Apex One でサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントを組み合わせて使用するにあたり、互換性の問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。
※2 WindowsRTおよびWindows UI はサポートされていません。
※3 Trend Micro Apex One のサポート期間内において Windows10 および Windows Server のLTSB/LTSCおよびSACをサポートします。各バージョンのサポート情報は(https://success.trendmicro.com/jp/solution/1122809)をご参照下さい。
※4 弊社製品のコードサイニング証明書情報(https://success.trendmicro.com/jp/solution/1113179)をご参照下さい。

< 備考 >
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)



アップデートエージェント

CPU
  • 1GHz (32 ビット)/2GHz (64 ビット) Intel Pentium 以上または同等の CPU、2GHz を推奨
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.8GB 以上の空き容量(推奨2.3GB 以上)※1
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※1 Patch5以降、ハードディスク要件が(空き容量1.5→1.8GB/推奨2.0→2.3GB)変更となりました。

 

 

Apex One™ サーバ Web コンソール

プロセッサ
  • 300MHz Intel Pentium または同等の CPU

メモリ
  • 128MB 以上
ハードディスク
  • 30MB 以上
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 (以降)
  • Chrome
  • Microsoft Edge
  • Chromium版Microsoft Edge

※ WinsowsRT およびWindows UI はサポートされていません。



仮想化環境

仮想化サポート

VMware™

  • ESX/ESXi Server (Server Edition) 5.x、6.x、7.x
  • Server (Server Edition) 1.0.3、2
  • Workstation および Workstation ACE Edition 7.0、
  • 7.1、8.0、9.0、10.0、11.0、12.0、14.0、15.0
  • vCenter 5.0、5.1、5.5、6.x、7.x
  • View 5.0、5.1、5.3、6.x
  • Horizon Air Desktops
  • Horizon Mirage 5.x
  • Horizon View 7
  • Horizon View 8

 

Citrix™

  • XenDesktop 5.0、5.5、5.6、7.x
  • XenServer 6.5, 7.0
  • XenApp 4.5、5.0、6.0、6.5、7.x
  • VDI-in-a-Box 5.1

 

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)
  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V

 

Windows Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V

※ VDI環境上でサーバOSを利用する場合には設定について一部制限があります。詳細はこちらをご覧ください。



次の表は VDI オプションでサポートされる仮想プラットフォームを示しています。

仮想化プロバイダ サポートされるプラットフォーム
VMware
  • VMware vCenter: 5.x、6.x、7.x
  • VMware View: 4.x、5.x、6.x
  • VMware Horizon View: 6.x、7.x、8.x
Citrix
  • Citrix XenServer: 6.x、7.x
  • Citrix XenDesktop: 5.x、7.x
HyperV

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)  

Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2019 (64 ビット) Hyper-V

Hyper-V

  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Pro for Workstation/Enterprise (64 ビット) Hyper-V



Apex One™ for Mac システム要件

Apex One™ for Mac サーバ

サーバ
  • Apex One 以降
  • ウイルスバスターコーポレートエディションXG(以下XG)以降

※ Windows Server 2008および、Windows Server 2008R2はサポート対象外となります。

プラグインマネージャ
  • 2.0 および以降
メモリ
  • 最小1GB以上
  • 推奨2GB以上
ハードディスク
  • 最小7GB(XGがシステムドライブへインストールされている場合)
  • 最小5GB(Apex Oneがシステムドライブへインストールされている場合)
  • Apex OneまたはXGがシステムドライブへインストールされていない場合
    - 7GB(XGがインストールされているドライブに必要)
    - 5GB(Apex Oneがインストールされているドライブに必要)
    - 7GB(下記Apex Oneで利用するソフトウェアがシステムドライブ以外へインストールされる場合、システムドライブに必要。)
その他
  • Microsoft™ .NET Framework 3.5 and 4.6.1
  • Microsoft Windows™ Installer 3.1以上

※ 以下のプログラムがインストールされていない場合、サーバプログラムのインストール時に合わせて自動的にインストールされます。
Microsoft SQL Server 2016 SP1 Express (2008 R2 Express, 2016 Expressの利用も可能)
Apache™ ActiveMQ 5.15.4
Microsoft Visual C++ 2017 Redistributable

※ ウイルスバスターコーポレートエディションXGサーバへインストールする場合、Java runtime environment (JRE) 1.8.211 以降が必要となります。



Apex One™ (Mac) エージェント

OS
  • macOS™ Monterey 12.0
  • macOS™ Big Sur 11.0
  • macOS™ Catalina 10.15
  • macOS™ Mojave 10.14
  • macOS™ High Sierra 10.13(2022年12月サポート終了予定)
  • macOS™ Sierra 10.12(2021年12月31日サポート終了)
  • OS X™ El Capitan 10.11(2021年3月10日サポート終了)
  • OS X™ Yosemite 10.10 or later(2020年1月16日 サポート終了)
CPU
  • Intel® Core™ プロセッサ / M1プロセッサ搭載のMac
メモリ
  • 最小2GB
ディスク
  • 最小512MB
その他
  • サーバとのコミュニケーションに61617番ポート、バージョン 3.5.3714 以降4343版ポートを使用します。
  • Apex One Endpoint Sensor を利用する場合、443番ポートを使用します。
  • *.trendmicro.comへのアクセスを必要とします。

 

記載内容は2022年5月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

Trend Micro Apex One™ Patch3 以降システム要件

remove add

Apex One™ サーバ

CPU
  • 1.86GHz Intel™Core™2 Duo (デュアルコア) 以上
  • AMD 64 (デュアルコア) プロセッサ
  • Intel 64 (デュアルコア) プロセッサ
メモリ
  • 3GB 以上のRAM (Apex One専用)

アプリケーションコントロールまたは仮想パッチを使用する場合:
  • 8GB 以上のRAM (Apex One専用)

Apex One Endpoint Sensorを使用する場合:
  • 16GB 以上のRAM
ハードディスク
  • 7.0GB 以上

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 8.0GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter] ※1
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter] ※2
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
データベース
  • SQL Server 2008 R2 Express SP2
  • SQL Server 2008(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2008 R2(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2012(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2012 Express
  • SQL Server 2014(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2014 Express
  • SQL Server 2016(Enterprise/Standard)SP1 以降
  • SQL Server 2016 Express SP1 以降
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017 Express
  • SQL Server 2019 ※3(Enterprise/Standard)

※ Apex One で正式にサポートされているのは、指定のSQL Serverエディションのみです。


Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • SQL Server 2016 SP1 以降(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2017(Enterprise/Standard)
  • SQL Server 2019(Enterprise/Standard)

※ SQL Server Express はサポートされていません。

※ Endpoint Sensorを使用する場合、SQLの設定で、[検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出] を有効にする必要があります。必要な機能の詳細はインストールガイドに記載しています。

※ Apex One で正式にサポートされているのは、指定のSQL Serverエディションのみです。

その他
  • ギガビットネットワークインタフェースカード
  • 解像度1366×768、256色以上をサポートするモニタ

※ Apex One Patch3 は Apex One 2019からのバージョンアップがサポートされています。バージョンアップする前にお使いのバージョンのWindowsに必要なハードウェア要件をサーバが満たしている事をご確認下さい。
※ Apex One の管理サーバやセキュリティエージェントがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。
※ SQL2008サーバのサポートについては、こちらを御覧ください。

※1 重要:Windows 2012 Server R2 に Apex One サーバをインストールする場合は KB2919442 と KB2919355 が必要
※2 デスクトップエクスペリエンスGUIモード
※3 SQL Server Expressはサポートされていません



Trend Micro Apex One™ エッジリレーサーバ

CPU
  • 2GHz デュアルコア
メモリ
  • 1GB 以上(エッジリレーサーバ専用)
ハードディスク
  • 60GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
ネットワークカード
  • ネットワークカード×2の場合:Apex One サーバへのイントラネット接続用に1ポート、持ち出し端末(オフプレミス)のPC(セキュリティエージェント)接続用(インターネット接続)に1ポート
  • ネットワークカード×1 の場合:イントラネット接続とインターネット接続に異なるポートを使用するように設定



Apex One™ セキュリティエージェント

CPU
  • 2GHzのIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / POSReady 7 / 7 Embedded / 8.1 Embedded / 10 IoT の各32ビット版を使用する場合:
  • 1GHz(2GHzを推奨)のIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2.0GB 以上)

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 2.0GB 以上の空き容量(推奨3.0GB 以上)
OS
  • Windows 7 SP1 [Home Basic / Home Premium / Ultimate / Professional / Enterprise / Professional for Embedded Systems / Ultimate for Embedded Systems / Thin PC] ※1※4
  • Windows 8.1 [Standard / Pro / Enterprise] ※2
  • Windows 10 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstation / Education / Enterprise] ※3
  • Windows Embedded POSReady 7 ※1
  • Windows 7 Embedded SP1 [Standard / Professional / Ultimate] ※1※4
  • Windows 8.1 Embedded [Pro / Industry Enterprise / Industry Pro] ※1
  • Windows 10 IoT Enterprise ※1
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [Standard / Enterprise / Datacenter / Web / Server Core] ※4
  • Windows Storage Server 2008 R2 SP1 [Basic / Standard / Enterprise / Workgroup] ※4
  • Windows HPC Server 2008 R2
  • Windows MultiPoint Server 2011 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Storage Server 2012 [Workgroup / Standard]
  • Windows Storage Server 2012 R2 [Workgroup / Standard]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2012 R2 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Storage Server 2016 [Workgroup / Standard]
  • Windows Server バージョン 1709 [Server Core]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter / Server Core]
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※ 特定のプラットフォームのプロセッサおよび RAM の要件については、該当するプラットフォームの Microsoft システム要件を参照してください。
※ Apex One Endpoint Sensor をご利用の場合、スタンダードサポートではRCA結果などについてコンサルティングが必要な高度な内容はサポート範囲に入りませんので、ご注意ください。
※ サーバOS上での Apex One Endpoint Sensor 機能はサポート対象外です。
※ エンドポイントで多数のアプリケーションが同時に実行されている場合は、リソースの一時的な高負荷が発生する可能性があります。対象エンドポイントですでにメモリまたはディスク容量が不足している場合は、Apex One セキュリティエージェントのインストールまたはバージョンアップの前に必要なハードウェアコンポーネントをバージョンアップすることをお勧めします。広範囲にわたる検索処理中に、十分なパフォーマンスを確保できるよう、記載されているシステムの最小要件をセキュリティエージェントプログラム専用のリソースとして割り当てることをお勧めします。
※ オペレーティングシステムのサポートポリシーは、こちら をご参照下さい。

※1 セキュリティエージェントは Windows Embedded システムをサポートしていますが、インストールには特定のコアコンポーネントが必要です。Windows Embedded システムで必要なコンポーネントの詳細については、製品 Q&A を参照してください。また、各Windows Embedded システムの構成は一律ではないため、オプションの Windows コンポーネントの一部が Apex One でサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントを組み合わせて使用するにあたり、互換性の問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。
※2 WindowsRTおよびWindows UI はサポートされていません。
※3 Trend Micro Apex One のサポート期間内において、Windows 10およびWindows Server 2016のサービスオプション「半期チャンネル(ターゲット指定)」、「半期チャンネル」、「長期サービスチャンネル」をサポートします。
※4 弊社製品のコードサイニング証明書情報(https://success.trendmicro.com/jp/solution/1113179)をご参照下さい。

< 備考 >
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)



アップデートエージェント

CPU
  • 1GHz (32 ビット)/2GHz (64 ビット) Intel Pentium 以上または同等の CPU、2GHz を推奨
メモリ
  • 2GB 以上(Apex One 専用)
ハードディスク
  • 1.8GB 以上の空き容量(推奨2.3GB 以上)※1
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※1 Patch5以降、ハードディスク要件が(空き容量1.5→1.8GB/推奨2.0→2.3GB)変更となりました。



Apex One™ サーバ Web コンソール

プロセッサ
  • 300MHz Intel Pentium または同等の CPU

メモリ
  • 128MB 以上
ハードディスク
  • 30MB 以上
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 (以降)
  • Chrome
  • Microsoft Edge
  • Chromium版Microsoft Edge

※ WinsowsRT およびWindows UI はサポートされていません。



仮想化環境

仮想化サポート

VMware™

  • ESX/ESXi Server (Server Edition) 5.x、6.x、7.x
  • Server (Server Edition) 1.0.3、2
  • Workstation および Workstation ACE Edition 7.0、
  • 7.1、8.0、9.0、10.0、11.0、12.0、14.0、15.0
  • vCenter 5.0、5.1、5.5、6.x、7.x
  • View 5.0、5.1、5.3、6.x
  • Horizon Air Desktops
  • Horizon Mirage 5.x
  • Horizon View 7
  • Horizon View 8

 

Citrix™

  • XenDesktop 5.0、5.5、5.6、7.x
  • XenServer 6.5, 7.0
  • XenApp 4.5、5.0、6.0、6.5、7.x
  • VDI-in-a-Box 5.1

 

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)
  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V

 

Windows Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V

※ VDI環境上でサーバOSを利用する場合には設定について一部制限があります。詳細はこちらをご覧ください。



次の表は VDI オプションでサポートされる仮想プラットフォームを示しています。

仮想化プロバイダ サポートされるプラットフォーム
VMware
  • VMware vCenter: 5.x、6.x、7.x
  • VMware View: 4.x、5.x、6.x
  • VMware Horizon View: 6.x、7.x、8.x
Citrix
  • Citrix XenServer: 6.x、7.x
  • Citrix XenDesktop: 5.x、7.x
HyperV

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)  

Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2019 (64 ビット) Hyper-V

Hyper-V

  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Pro for Workstation/Enterprise (64 ビット) Hyper-V



Apex One™ for Mac システム要件

Apex One™ for Mac サーバ

サーバ
  • Apex One 以降
  • ウイルスバスターコーポレートエディションXG(以下XG)以降

※ Windows Server 2008および、Windows Server 2008R2はサポート対象外となります。

プラグインマネージャ
  • 2.0 および以降
メモリ
  • 最小1GB以上
  • 推奨2GB以上
ハードディスク
  • 最小7GB(XGがシステムドライブへインストールされている場合)
  • 最小5GB(Apex Oneがシステムドライブへインストールされている場合)
  • Apex OneまたはXGがシステムドライブへインストールされていない場合
    - 7GB(XGがインストールされているドライブに必要)
    - 5GB(Apex Oneがインストールされているドライブに必要)
    - 7GB(下記Apex Oneで利用するソフトウェアがシステムドライブ以外へインストールされる場合、システムドライブに必要。)
その他
  • Microsoft™ .NET Framework 3.5 and 4.6.1
  • Microsoft Windows™ Installer 3.1以上

※ 以下のプログラムがインストールされていない場合、サーバプログラムのインストール時に合わせて自動的にインストールされます。
Microsoft SQL Server 2016 SP1 Express (2008 R2 Express, 2016 Expressの利用も可能)
Apache™ ActiveMQ 5.15.4
Microsoft Visual C++ 2017 Redistributable

※ ウイルスバスターコーポレートエディションXGサーバへインストールする場合、Java runtime environment (JRE) 1.8.211 以降が必要となります。



Apex One™ (Mac) エージェント

OS
  • macOS™ Big Sur 11.0
  • macOS™ Catalina 10.15
  • macOS™ Mojave 10.14
  • macOS™ High Sierra 10.13
  • macOS™ Sierra 10.12(2021年12月31日サポート終了)
  • OS X™ El Capitan 10.11(2021年3月10日サポート終了)
  • OS X™ Yosemite 10.10 or later(2020年1月16日 サポート終了)
CPU
  • Intel® Core™ プロセッサ / M1プロセッサ搭載のMac
メモリ
  • 最小2GB
ディスク
  • 最小512MB
その他
  • サーバとのコミュニケーションに61617番ポート、バージョン 3.5.3714 以降4343版ポートを使用します。
  • Apex One Endpoint Sensor を利用する場合、443番ポートを使用します。
  • *.trendmicro.comへのアクセスを必要とします。

 

記載内容は2021年11月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

Trend Micro Apex One™ システム要件

remove add

Apex One™ サーバ

CPU
  • 1.86GHz Intel™Core™2 Duo (デュアルコア) 以上
  • AMD 64 (デュアルコア) プロセッサ
  • Intel 64 (デュアルコア) プロセッサ
メモリ
  • 2GB 以上のRAM

アプリケーションコントロールまたは仮想パッチを使用する場合:
  • 8GB 以上のRAM

Apex One Endpoint Sensorを使用する場合:
  • 16GB 以上のRAM
ハードディスク
  • 7.0GB 以上

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 8.0GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter]※1
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
データベース
  • SQL Server 2008 R2 Express SP2
  • SQL Server 2008
  • SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2012 Express
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2014 Express
  • SQL Server 2016
  • SQL Server 2016 Express
  • SQL Server 2016 Express SP2
  • SQL Server 2017
  • SQL Server 2017 Express

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • SQL Server 2016 SP1 以降
  • SQL Server 2017

※ Endpoint Sensorを使用する場合、SQL Server Express はサポートされていません。

※ Endpoint Sensorを使用する場合、SQLの設定で、[検索のためのフルテキスト抽出とセマンティック抽出] を有効にする必要があります。必要な機能の詳細はインストールガイドに記載しています。

※  Apex One の管理サーバやセキュリティエージェントがインターネット環境に接続できない環境(オフライン環境)で利用する場合、各端末においてルート証明書の更新が必要です。詳細はこちらをご覧ください。

※1 重要:Windows 2012 Server R2 に Apex One サーバをインストールする場合は KB2919442 と KB2919355 が必要



Trend Micro Apex One™ エッジリレーサーバ

CPU
  • 2GHz デュアルコア
メモリ
  • 1GB 以上
ハードディスク
  • 60GB 以上
OS
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
ネットワークカード
  • ネットワークカード×2の場合:Apex One サーバへのイントラネット接続用に1ポート、持ち出し端末(オフプレミス)のPC(セキュリティエージェント)接続用(インターネット接続)に1ポート
  • ネットワークカード×1 の場合:イントラネット接続とインターネット接続に異なるポートを使用するように設定



Apex One™ セキュリティエージェント

CPU
  • 2GHzのIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 / POSReady 7 / 7 Embedded / 8.1 Embedded / 10 IoT の各32ビット版を使用する場合:
  • 1GHz(2GHzを推奨)のIntel Pentium以上、もしくは同等のCPU
メモリ
  • 2GB 以上
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2.0GB 以上)

Apex OneでEndpoint Sensorを使用する場合:
  • 2.0GB 以上の空き容量(推奨3.0GB 以上)
OS
  • Windows 7 SP1 [Home Basic / Home Premium / Ultimate / Professional / Enterprise / Professional for Embedded Systems / Ultimate for Embedded Systems / Thin PC] ※1
  • Windows 8.1 [Standard / Pro / Enterprise] ※2
  • Windows 10 (SPなし、アップデート対応状況はこちらをご参照ください) [Home / Pro / Pro for Workstation / Education / Enterprise] ※3
  • Windows Embedded POSReady 7 ※1
  • Windows 7 Embedded SP1 [Standard / Professional / Ultimate] ※1
  • Windows 8.1 Embedded [Pro / Industry Enterprise / Industry Pro] ※1
  • Windows 10 IoT Enterprise ※1
  • Windows Server 2008 R2 SP1 [Standard / Enterprise / Datacenter / Web / Server Core]
  • Windows Storage Server 2008 R2 SP1 [Basic / Standard / Enterprise / Workgroup]
  • Windows HPC Server 2008 R2
  • Windows MultiPoint Server 2011 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2012 R2 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Storage Server 2012 [Workgroup / Standard]
  • Windows Storage Server 2012 R2 [Workgroup / Standard]
  • Windows MultiPoint Server 2012 [Standard / Premium]
  • Windows Server 2012 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2012 R2 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Server 2016 [Standard / Datacenter / Server Core]
  • Windows Server 2016 フェイルオーバークラスタ
  • Windows Storage Server 2016 [Workgroup / Standard]
  • Windows Server バージョン 1709 [Server Core]
  • Windows Server 2019 [Standard / Datacenter / Server Core]
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ

※ 特定のプラットフォームのプロセッサおよび RAM の要件については、該当するプラットフォームの Microsoft システム要件を参照してください。
※ Apex One Endpoint Sensor をご利用の場合、スタンダードサポートではRCA結果などについてコンサルティングが必要な高度な内容はサポート範囲に入りませんので、ご注意ください。
※ サーバOS上での Apex One Endpoint Sensor 機能はサポート対象外です。

※1 セキュリティエージェントは Windows Embedded システムをサポートしていますが、インストールには特定のコアコンポーネントが必要です。Windows Embedded システムで必要なコンポーネントの詳細については、製品 Q&A を参照してください。また、各Windows Embedded システムの構成は一律ではないため、オプションの Windows コンポーネントの一部が Apex One でサポートされない場合があります。オプションのコンポーネントを組み合わせて使用するにあたり、互換性の問題が発生した場合は、テクニカルサポートチームまでご連絡ください。
※2 WindowsRTおよびWindows UI はサポートされていません。
※3 Trend Micro Apex One のサポート期間内において、Windows 10およびWindows Server 2016のサービスオプション「半期チャンネル(ターゲット指定)」、「半期チャンネル」、「長期サービスチャンネル」をサポートします。

< 備考 >
以下の64ビットCPUテクノロジーに対応しています。
AMD64, Intel 64(ただしIntel Itanium = IA64 プロセッサには未対応)



アップデートエージェント

CPU
  • 1GHz (32 ビット)/2GHz (64 ビット) Intel Pentium 以上または同等の CPU、2GHz を推奨
メモリ
  • 2GB 以上
ハードディスク
  • 1.5GB 以上の空き容量(推奨2.0GB 以上)
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ



Apex One™ サーバ Web コンソール

プロセッサ
  • 300MHz Intel Pentium または同等の CPU

メモリ
  • 128MB 以上
ハードディスク
  • 30MB 以上
ディスプレイ
  • 解像度 1024x768、256 色以上をサポートするモニタ
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 (以降)
  • Chrome
  • Microsoft Edge

※ WinsowsRT およびWindows UI はサポートされていません。

 

仮想化サポート

VMware™

  • ESX/ESXi Server (Server Edition) 5.x、6.x
  • Server (Server Edition) 1.0.3、2
  • Workstation および Workstation ACE Edition 7.0、
  • 7.1、8.0、9.0、10.0、11.0、12.0、14.0、15.0
  • vCenter 5.0、5.1、5.5、6.x
  • View 5.0、5.1、5.3、6.x
  • Horizon Air Desktops
  • Horizon Mirage 5.x
  • Horizon View 7

Citrix™

  • XenDesktop 5.0、5.5、5.6、7.x
  • XenServer 6.5, 7.0
  • XenApp 4.5、5.0、6.0、6.5、7.x
  • VDI-in-a-Box 5.1

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)
  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V

Windows Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V

※ VDI環境上でサーバOSを利用する場合には設定について一部制限があります。詳細はこちらをご覧ください。

 

次の表は VDI オプションでサポートされる仮想プラットフォームを示しています。

仮想化プロバイダ サポートされるプラットフォーム
VMware
  • VMware vCenter: 5.x、6.x
  • VMware View: 4.x、5.x、6.x
  • VMware Horizon View: 6.x、7.x
Citrix
  • Citrix XenServer: 6.x、7.x
  • Citrix XenDesktop: 5.x、7.x
HyperV

Hyper-V Server

  • Microsoft Hyper-V Server 2008/2008 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2012/2012 R2 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2016 (64 ビット)
  • Microsoft Hyper-V Server 2019 (64 ビット)  

Server Hyper-V

  • Windows Server 2008/2008 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2012/2012 R2 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2016 (64 ビット) Hyper-V
  • Windows Server 2019 (64 ビット) Hyper-V

Hyper-V

  • Windows 8/8.1 Pro/Enterprise (64 ビット) Hyper-V
  • Windows 10 Pro/Pro for Workstation/Enterprise (64 ビット) Hyper-V



Apex One™ for Mac システム要件

Apex One™ for Mac サーバ

サーバ
  • Apex One 以降
  • ウイルスバスターコーポレートエディションXG(以下XG)以降
  • Windows Server 2008および、Windows Server 2008R2はサポート対象外となります。
プラグインマネージャ
  • 2.0 および以降
メモリ
  • 最小1GB以上
  • 推奨2GB以上
ハードディスク
  • 最小7GB(XGがシステムドライブへインストールされている場合)
  • 最小5GB(Apex Oneがシステムドライブへインストールされている場合)
  • Apex OneまたはXGがシステムドライブへインストールされていない場合
    - 7GB(XGがインストールされているドライブに必要)
    - 5GB(Apex Oneがインストールされているドライブに必要)
    - 7GB(下記Apex Oneで利用するソフトウェアがシステムドライブ以外へインストールされる場合、システムドライブに必要。)
その他
  • Microsoft™ .NET Framework 3.5 and 4.6.1
  • Microsoft Windows™ Installer 3.1以上

※ 以下のプログラムがインストールされていない場合、サーバプログラムのインストール時に合わせて自動的にインストールされます。
Microsoft SQL Server 2016 SP1 Express (2008 R2 Express, 2016 Expressの利用も可能)
Apache™ ActiveMQ 5.15.4
Microsoft Visual C++ 2017 Redistributable

※ ウイルスバスターコーポレートエディションXGサーバへインストールする場合、Java runtime environment (JRE) 1.8.211 以降が必要となります。



Apex One™ (Mac) エージェント

OS
  • macOS™ Big Sur 11.0
  • macOS™ Catalina 10.15
  • macOS™ Mojave 10.14
  • macOS™ High Sierra 10.13
  • macOS™ Sierra 10.12
  • OS X™ El Capitan 10.11(2021年3月10日 サポート終了)
  • OS X™ Yosemite 10.10 or later(2020年1月16日 サポート終了)
CPU
  • Intel® Core™ プロセッサ搭載のMac
メモリ
  • 最小512MB
ディスク
  • 最小512MB
その他
  • サーバとのコミュニケーションに61617番ポートを使用します。
  • Apex One Endpoint Sensor を利用する場合、443番ポートを使用します。
  • *.trendmicro.comへのアクセスを必要とします。

 

記載内容は2021年5月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

Join 500 K+ Global customers

Apex Oneを始める