EdgeFire™

効率的なインライン脅威検出で継続的な作業現場の運用をサポート

ミッションクリティカルなマシンを制御

EdgeFire™は、さまざまなネットワークプロトコルに幅広く対応しています。これらのプロトコルを使用して、OT対応の運用コマンドやパラメータに基づく信頼される接続リストを作成できます。

シャドーOTの可視化の提供

EdgeFire™は、ITおよびOTネットワークの統合と管理性の向上のために装備されます。また、シャドーOT環境の可視化も提供します。

1つのコンソールに一元化

OT Defense Console(ODC)を活用することで、稼働中の複数のEdgeFireとEdgeIPSをまとめて一元的に管理ができます。パターンアップデート、ファームウェア管理、およびプロビジョニングをすべて一元化できます。

TXOne EdgeFire™

容易な導入とネットワークセグメンテーション
EdgeFire™はネットワークセグメンテーションを目的に構築されます。これにより、既存のトポロジを変更することなく、各資産の運用ニーズに基づいて、容易に防御可能なセキュリティゾーンにネットワークを設定できます。

パッチが適用されてないデバイスやレガシーシステムを脆弱性型から保護

Edgeシリーズの代表的なテクノロジーである仮想パッチは、サポート終了後やパッチを適用できない資産をネットワーク上で保護する動作です。これらの資産の周りに「シールド」を配置し、侵入者が脆弱性を悪用しないよう保護します。

EdgeFire™

過酷な環境下でも最高のパフォーマンスを発揮
EdgeFire™は、摂氏-40~75度、華氏-40~167度の範囲の過酷な作業現場環境で導入できます。平均故障間隔(MTBF)は700,000時間を超えています。

Edgeシリーズの柔軟な管理のために
OT Defense Console (ODC)

EdgeFire™を始める