地域貢献に向けた取り組み

コミュニティの活動を支え、被災地支援 を行い、世界中の家族をサポートしています

コミュニティ支援 – ホームビルディングプロジェクト

2008年以降、世界中のトレンドマイクロの従業員が、フィリピンの恵まれない環境にある家族のために家屋を建設してきました。従業員のフィリピンへの渡航費、現地での生活費と建設費はすべてトレンドマイクロが援助しています。

ヨーロッパ、米国、アジアの650人を超える従業員が参加し、16以上の異なるコミュニティで250もの家屋を建設し、1,700世帯、2,800人を超える子どもたちを支援しました。

Give and Match Program

マッチングドネーションを行うため、トレンドマイクロの従業員は毎年1つの非営利慈善団体を指名します。

マッチング基金を受け取る資格のある組織として、通常、特にデジタルギャップ、教育、環境、貧困の問題を抱える恵まれないコミュニティを支援している団体が選ばれます。

Give and Match Programは、トレンドマイクロの従業員が寛容の精神を育み、世界中の仲間たちとコラボレーションを行うことで寄付金の影響力を増大させる機会を提供します。

被災地支援

トレンドマイクロの従業員は、多くの死傷者を伴う自然災害や危機 (地震、台風、ハリケーン、火災など) の際に臨時のGive and Matchプロジェクトを開始することもできます。最近のプロジェクトには、タイの洪水、東アフリカの食糧難、日本の地震/津波の被害者支援要請などがあります。

Give and Match Programの結果はどのようなものでしょうか。

2008年以降、13,000人を超えるトレンドマイクロの従業員が420万ドルを集めて120を超える非営利慈善団体および世界中の34の自然災害の被災地支援に役立てています。

被災地支援 – スマイルプロジェクト

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地の方々とトレンドマイクロの社員が共に笑顔になれるように長期的に支援活動を行う取り組みからスタートしました。被災地の復興状況に応じた活動や、ICT支援の観点からインターネット教室などを実施しており、現在も継続的に支援活動を行っています。
有志社員が日本全国の被災地を訪れ活動を実施しており、2018年9月現在、全41回、延べ510人以上の社員が被災地支援活動に参加しています。

【2018年度】

【2017年度】

【2016年度】

【2015年度】

【2014年度】

【2013年度】

【2012年度】

【2011年度】