仮想化環境のセキュリティ
Trend Micro Deep Security™

VMware環境に対する包括的なセキュリティ

主な特長

仮想環境に最適なエージェントレス型

Deep Security Virtual Appliance は、VMware ESXi、VMware NSXと連携することで、仮想環境上においてゲストOSに保護モジュールをインストールする必要のない「エージェントレス型セキュリティ」を実現します。そのため、業務を行うゲストOSには負荷をかけずにセキュリティ対策を実施することが可能です。

  • 各仮想マシンごとの ソフトウェアインスールが不要
  • 不正プログラム検索に使用するリソースはセキュリティ仮想アプライアンスのリソースを共有
  • パターンファイルなど各種コンポーネントは Virtual Appliance のみに配信されるため 各仮想マシンの容量を節約可能
windows mac android ios new power

運用管理負荷の軽減

Deep Security Virtual Appliance は、VMware NSXと連携することによって、仮想アプライアンスにセキュリティアップデートを施すだけで、すべての仮想マシンのセキュリティ更新が可能です。セキュリティポリシーへのアクセスを制限したり、重要なアップデートの際にリソースが重複しないようにスケジュールを最適化できます。これにより、運用管理負荷を軽減しながら、ポリシーを常時適用することができます。

windows mac android ios new power

パフォーマンスを損なわない
セキュリティ対策

エージェントレス型ウイルス対策を使用すれば、スキャンとアップデートが集中化されるため、アンチウイルスストームを避けることができます。VMware専用アーキテクチャにより、スキャンやパターンファイルのアップデートなど、CPUやI/O負荷の高い作業を行っている間も、ゲスト仮想マシンは重要なビジネス処理を行うリソースを確保します。

windows mac android ios new power

VMware NSX 環境における
高度なセキュリティの実現

VMware NSXとTrend Micro Deep Securityを連携させることで、NSX仮想化プラットフォームが提供するセキュリティを補完し、より快適な、よりセキュアな仮想化環境を実現することが可能です。各仮想マシンのセキュリティ負荷を軽減させつつ多層防御を実現し、またウイルスに感染した端末を自動隔離することで、ウイルスの社内横展開を防止することができます。

ウイルス感染端末の自動隔離

Deep SecurityとVMware NSXの連携により、ウイルスを検出した仮想デスクトップをVMWare NSXの分散ファイアウォール機能により、一時的に仮想セグメントに自動隔離することができます。これにより、感染端末の拡散を防止しながら、その後の感染端末の調査を可能にします。これまでIT管理者による工数の大きい手作業が強いられていましたが、Deep SecurityがVMware NSXと連携することにより、セキュリティ構築上のコストおよび運用上の工数を低減し、煩雑になりがちなセキュリティ対策の管理、運用をシンプルにします。

  • vCenterと連携してエージェントレスでの仮想マシン保護を実現(仮想マシンへの負荷軽減)
  • NSXと連携してマルウェア感染時の該当VMの自動隔離(セキュリティ運用の負荷軽減と迅速な一次対処)

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

ガートナー マジック・クアドラント"エンドポイント保護プラットフォーム"において15年連続でリーダーに位置づけられる(※1)

Quantify the value of Deep Security (Enterprise Strategy Group)(英語)

※1 本リサーチは、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、発行物全体のコンテクストにおいてご覧いただく必要があります。ガートナーの発行物は、リクエストにより トレンドマイクロからご提供することが可能です。GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 
出典:Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, January 30, 2017, Eric Ouellet, Ian McShane, Avivah Litan

仮想化環境のセキュリティについて、さらに詳しく