Trend Micro Deep Security™ as a Service

クラウド型サービスでスピーディにサーバを保護

主な機能

生産性の向上

Trend Micro Deep Security as a Service(以降、Deep Security as a Service)はトレンドマイクロが管理サーバをクラウドで提供するSaaS型のため、管理サーバを構築、運用するIT部門の負荷を軽減できます。

  • システムのインストール/構成なしにサーバの保護をスピーディに開始
  • セキュリティインフラの管理ではなく、サーバ、インスタンスの保護に注力
  • クラウドやデータセンターのリソースへ即座に接続して迅速に保護

 

windows mac android ios new power

最新のセキュリティ

Deep Security as a Serviceとアジャイル開発プロセスにより、最新のセキュリティ機能を提供します。

  • 最新のセキュリティ機能でワークロードを保護
  • ダウンタイムなしに新しいバージョンへのアップグレードを実装

 

windows mac android ios new power

脅威への防御

業界をリードするトレンドマイクロのサーバセキュリティは、ウイルス対策に加えて、IPS/IDSによって脆弱性を狙った攻撃にも対応します。

  • IPS/IDS(侵入防御)でネットワーク攻撃を防止
  • 既知の脆弱性を狙うエクスプロイト攻撃から保護
  • 仮想パッチにより正規のセキュリティパッチを適用するまでの間、脆弱性を保護
  • サンドボックス連携(Connected Threat Defense)によって標的型サイバー攻撃対策を強化
windows mac android ios new power

侵入前提の対策

標的型サイバー攻撃への対策には、IPSや不正プログラム対策などの予防に加えて、万が一、侵入されてしまった場合に備えて、サーバの変更監視やセキュリティログの監視などの対策も求められます。

  • 不審または悪意のあるシステムの変更を監視
  • 大量のログイン試行を検知するためのセキュリティログ監視
  • 止められないミッションクリティカルなサーバに出入りする通信をIDSで監視

 

windows mac android ios new power

Trend Micro Deep Security as a Service システム要件

※ Trend Micro Deep Security(以下、Deep SecurityまたはDS)
※ Trend Micro Deep Security as a Service(以下、Deep Security as a ServiceまたはDSaaS)

Trend Micro Deep Security as a Service (DSaaS) のご利用に際しては、保護対象サーバにDeep Security Agent (DSA) をインストールしていただく必要があります。現在サポート可能なDSAのバージョンおよびサポート対象プラットフォームは以下のとおりです。DSAインストール先のメモリやディスク容量などシステム要件の詳細は、こちらをご参照ください。

Deep Security Agent バージョン 9.5 SP1

Windows:
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows Vista (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V

※ エディションが指定されていないWindows製品は、エディションに関係なく動作を保証いたします。
※ システム要件に記載されていないService Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちらをご確認ください。
※ Windows XPおよびWindows 2003のサポートは2017年12月31日で終了致します。

Linux:
  • Red Hat 5、6、7 (32/64 bit)
  • CentOS 5、6、7 (32/64 bit)
  • SUSE 10 SP3、SP4、11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)
  • Ubuntu Linux 10.04、12.04、14.04 (64bit)
  • Oracle Linux 5、6 (32/64bit) – RedHat kernel
  • Oracle Linux 5、6 (64bit) – Unbreakable Kernel
  • CloudLinux 5、6 (32/64bit)
  • Amazon AMI Linux EC2 (32/64bit)
  • Amazon Red Hat Enterprise 6 EC (32/64bit)
  • Amazon SuSE 11 EC2 (32/64bit)
  • Amazon Ubuntu 12 EC2 (32/64bit)

※ Linux版Agentでは、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。サポートするカーネルバージョンについては、以下製品Q&Aをご参照ください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

Deep Security Agent バージョン 9.6 SP1

Windows:
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows Vista (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows 10 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2016 (64bit)

※ エディションが指定されていないWindows製品は、エディションに関係なく動作を保証いたします。
※ システム要件に記載されていないService Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちらをご確認ください。
※ Windows XPおよびWindows 2003のサポートは2017年12月31日で終了致します。

Linux:
  • Red Hat 5、6、7 (32/64 bit)
  • CentOS 5、6、7 (32/64 bit)
  • SUSE 10 SP3、SP4、11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)、12 (64bit)
  • Ubuntu Linux 10.04、12.04、14.04、16.04 (64bit)
  • Oracle Linux RedHat/Unbreakable Kernel 5、6 (32/64 bit)、7 (64 bit)
  • CloudLinux 5、6 (32/64bit)、7 (64bit)
  • Debian 6、7 (64bit)
  • Amazon AMI Linux (32/64bit)
  • Amazon Red Hat 6 EC2 (32/64bit)、7 EC2 (64bit)
  • Amazon Debian 7 (64bit)
  • Amazon SUSE 11 EC2 (32/64bit)、12 EC2 (64bit)
  • Amazon Ubuntu 12 EC2、14.04 LTS、16.04 LTS (64bit)

※ Linux版Agentでは、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。サポートするカーネルバージョンについては、以下製品Q&Aをご参照ください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

Deep Security Agent バージョン 10.0

Windows:
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows 10、10 TH2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2016 (64bit)

※ エディションが指定されていないWindows製品は、エディションに関係なく動作を保証いたします。
※ システム要件に記載されていないService Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちらをご確認ください。
※ Windows XPおよびWindows 2003のサポートは2017年12月31日で終了致します。

Linux:
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6 (32/64 bit)、7 (64 bit)
  • CentOS 5、6 (32/64 bit)、7 (64 bit)
  • SUSE 11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)、12 (64bit)
  • Ubuntu Linux 14.04 (64bit)、16.04 (64 bit)
  • Oracle Linux RedHat/Unbreakable Kernel 5、6 (32/64 bit)、7 (64bit)
  • CloudLinux 6 (32/64bit)、7 (64bit)
  • Debian 7、8 (64bit)
  • Amazon AMI Linux EC2 (64bit)
  • Amazon Red Hat Enterprise Linux 6 EC2 (32/64bit)、7 EC2 (64bit)
  • Amazon Debian 7 (64bit)
  • Amazon SUSE Enterprise Linux 11 EC2 (32/64bit)、12 (64bit)
  • Amazon Ubuntu 14.04 LTS、16.04 LTS (64bit)

※ Linux版Agentでは、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。サポートするカーネルバージョンについては、以下製品Q&Aをご参照ください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

Deep Security Agent バージョン 10.1

注意: 本バージョンはFeature Releaseとなり、サポート期間やサポート提供範囲が通常リリースと異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

Windows:
  • Windows XP (32/64bit)
  • Windows 7 (32/64bit)
  • Windows 8 (32/64bit)
  • Windows 8.1 (32/64bit)
  • Windows 10、10 TH2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2003 R2 SP2 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 (32/64bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64bit)
  • Windows Server 2008 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2012 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server Core 2012 (64bit)
  • Windows Server Core 2012 R2 (64bit)
  • Windows Server 2016 (64bit)

※ エディションが指定されていないWindows製品は、エディションに関係なく動作を保証いたします。
※ システム要件に記載されていないService Pack 等でも、要件に記載されているものより新しいバージョンはサポート対象となります。詳細は こちらをご確認ください。
※ Windows XPおよびWindows 2003のサポートは2017年12月31日で終了致します。

Linux:
  • Red Hat Enterprise Linux 5、6 (32/64 bit)、7 (64 bit)
  • CentOS 6 (32/64 bit)、7 (64 bit)
  • SUSE 11 SP1、SP2、SP3 (32/64bit)、12 (64bit)
  • Ubuntu Linux 16.04 (64 bit)
  • Oracle Linux RedHat/Unbreakable Kernel 6 (32/64 bit)、7 (64bit)
  • CloudLinux 7 (64bit)
  • Debian 8 (64bit)
  • Amazon AMI Linux EC2 (64bit)
  • Amazon Red Hat Enterprise Linux 6 EC2 (32/64bit)、7 EC2 (64bit)
  • Amazon SUSE Enterprise Linux 11 EC2 (32/64bit)、12 (64bit)
  • Amazon Ubuntu 16.04 LTS (64bit)

※ Linux版Agentでは、ご利用のカーネルもサポート対象である必要があります。サポートするカーネルバージョンについては、以下製品Q&Aをご参照ください。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1098600.aspx

新機能対応や不具合改修のため、定期的にDSAの更新プログラムがリリースされます。また、DSaaSで新しく追加されたセキュリティ機能は、DSAをアップグレードすることで利用可能になります。古いバージョンのDSAは、一定期間を過ぎるとサポート終了させていただきます。可能な限り最新ビルドにアップグレードをお願いたします。

お使いのDSAのビルドは、Deep Security as a Service コンソールの [コンピュータ]から対象のDSエージェントの[詳細]を開き、[処理]タブの[ソフトウェア]セクションでご確認いただけます。また、最新ビルドへのアップグレードは、 [処理]タブの[ソフトウェア]セクションで[Agentのアップグレード]をクリックすることで実行できます。

記載内容は2017年7月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

1つのセキュリティ製品で多層防御を実現

ハイブリッド環境を一元的に可視化し、1つの製品でセキュリティの複数の機能を利用できます。

  • 不正プログラム対策
  • Webレピュテーション
  • IPS/IDS
  • アプリケーションコントロール
  • ファイアウォール
  • 変更監視
  • セキュリティログ監視

ハイブリッド環境のセキュリティ効率化

Deep Security as a Serviceはハイブリッド環境でシームレスに機能するように設計されており、特にAWSとAzureに最適化されています。そのため、クラウドのワークロードをスピーディに保護できます。

  • 複数のセキュリティ機能を備えた1つの製品でクラウドのインスタンスを保護
  • AWSとAzureのオートスケールに対応することでセキュリティの抜けもれを解消
  • PCI DSS Level 1認定のサービスでコンプライアンスを促進

工数の短縮と運用負荷の軽減

Deep Securityの管理サーバを構築せずに、迅速に効果的なセキュリティで重要データを保護できます。Deep Security as a Serviceは、以下のメリットを提供します。

  • 管理サーバを構築する工数を短縮し、スピーディな導入が可能
  • 1つのセキュリティ製品でデータセンターとクラウドのサーバを保護
  • 製品の更新、ホスティング、データベース管理の運用負荷の軽減
Save time and reduce effort

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

ガートナー マジック・クアドラント"エンドポイント保護プラットフォーム"において15年連続でリーダーに位置づけられる(※1)

企業向けサーバセキュリティ分野のシェアNo.1(2009年より)(※2)

Quantify the value of Deep Security
(Enterprise Strategy Group)

※1 本リサーチは、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、発行物全体のコンテクストにおいてご覧いただく必要があります。ガートナーの発行物は、リクエストにより トレンドマイクロからご提供することが可能です。GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 
出典:Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, January 30, 2017, Eric Ouellet, Ian McShane, Avivah Litan

※2 出典:IDC, Nov 2016 “Worldwide Endpoint Security Market Shares, 2015: Currency Volatility Headwind”(US41867116)

お客さまの声

ニフティ株式会社

クラウドの利便性・強みを損なうことなく、セキュリティ上の強化が図れるという点で、Deep Security as a Serviceはビジネスのクラウド化を図るうえで必要なソリューションと言えます...詳細はこちら

ニフティ株式会社
営業企画本部
コンシューマー営業部兼ビジネス企画部
課長 谷津 伸二 氏

※ 記載内容は2016年4月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。
※ 現在、ニフティクラウドは富士通クラウドテクノロジーズ株式会社が提供するサービスです

Deep Security as a Serviceについて、さらに詳しく

Hybrid Cloud Security  

Trend Micro Deep Securityは、今日のサーバ環境とアプリケーションを保護する、先進技術と高い実績が融合したXGen セキュリティによって強化されています。セキュリティ侵害による業務の混乱を防いでコンプライアンス準拠を促進します。高度な最適化された一連のテクノロジにより、すべてが連携して機能することで、高度化する脅威に対する可視化と防御力の向上を図ることができます。
XGen セキュリティについて