Trend Micro Deep Security as a Service™

クラウド型サービスでスピーディにサーバを保護

主な特長

生産性の向上

Trend Micro Deep Security as a Service(以降、Deep Security as a Service)はトレンドマイクロが管理サーバをクラウドで提供するSaaS型のため、管理サーバを構築、運用するIT部門の負荷を軽減できます。

  • システムのインストール/構成なしにサーバの保護をスピーディに開始
  • セキュリティインフラの管理ではなく、サーバ、インスタンスの保護に注力
  • クラウドやデータセンターのリソースへ即座に接続して迅速に保護

 

Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

最新のセキュリティ

Deep Security as a Serviceとアジャイル開発プロセスにより、最新のセキュリティ機能を提供します。

  • 最新のセキュリティ機能でワークロードを保護
  • ダウンタイムなしに新しいバージョンへのアップグレードを実装

 

Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

脅威への防御

業界をリードするトレンドマイクロのサーバセキュリティは、ウイルス対策に加えて、IPS/IDSによって脆弱性を狙った攻撃にも対応します。

  • IPS/IDS(侵入防御)でネットワーク攻撃を防止
  • 既知の脆弱性を狙うエクスプロイト攻撃から保護
  • 仮想パッチにより正規のセキュリティパッチを適用するまでの間、脆弱性を保護
  • サンドボックス連携(Connected Threat Defense)によって標的型サイバー攻撃対策を強化
Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

侵入前提の対策

標的型サイバー攻撃への対策には、IPSや不正プログラム対策などの予防に加えて、万が一、侵入されてしまった場合に備えて、サーバの変更監視やセキュリティログの監視などの対策も求められます。

  • 不審または悪意のあるシステムの変更を監視
  • 大量のログイン試行を検知するためのセキュリティログ監視
  • 止められないミッションクリティカルなサーバに出入りする通信をIDSで監視

 

Windows® Mac® AndroidTM iOS new Power Up

システム要件

Trend Micro Deep Security as a Service システム要件

※ Trend Micro Deep Security(以下、Deep SecurityまたはDS)
※ Trend Micro Deep Security as a Service(以下、Deep Security as a ServiceまたはDSaaS)

Trend Micro Deep Security as a Service (DSaaS) のご利用に際しては、保護対象サーバにDeep Security Agent (DSA) をインストールしていただく必要があります。
バージョンを指定をせずにDSAをインストールした場合、リリース済みの最新バージョンのDSAがインストールされます。特に理由がない限り、最新バージョンのDSAをお使いいただくことをお勧めします。
現在DSaaSでサポート可能なDSAのバージョンは以下のとおりです。

  Deep Security Agent 12.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 11.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 10.0 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 9.6 SP1 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。
  Deep Security Agent 9.5 SP1 システム要件の詳細はこちらをご覧ください。

注意事項:
・DSaaS配下においては、上記いずれのバージョンにおいてもUNIXプラットフォーム(AIX, Solaris, HP-UX)はサポート対象外となります。
・DSaaSご利用の場合において、Deep Security Virtual Appliance (DSVA)による保護機能はご利用いただけません。
・DSaaS配下でご利用いただけるDSAのバージョンは、ソフトウェア版Deep Securityのサポート期限に依存します。各バージョンのサポート期限については、こちらを確認してください。
・お使いのDSAのバージョン、インストール先OSの種類/バージョンによって、各セキュリティ機能のサポート状況が異なります。詳しくはこちらをご確認ください。
・システム要件に記載されている一部のOSへの対応には、特定のUpdateプログラムの適用が必要になる場合があります。
・トレンドマイクロでは、既知問題に対する修正やパフォーマンス改善などを累積的に含んだUpdateプログラムを定期的に公開しています。安定した状態で製品をご使用いただくためにも、Updateプログラムの定期的な適用を強く推奨します。詳細については、こちらを参照してください。
・システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

ひとつのセキュリティ製品で多層防御を実現

ハイブリッド環境を一元的に可視化し、1つの製品でセキュリティの複数の機能を利用できます。

  • 不正プログラム対策
  • Webレピュテーション
  • IPS/IDS
  • アプリケーションコントロール
  • ファイアウォール
  • 変更監視
  • セキュリティログ監視

ハイブリッド環境のセキュリティ効率化

Deep Security as a Serviceはハイブリッド環境でシームレスに機能するように設計されており、特にAWSとAzureに最適化されています。そのため、クラウドのワークロードをスピーディに保護できます。

  • 複数のセキュリティ機能を備えた1つの製品でクラウドのインスタンスを保護
  • AWSとAzureのオートスケールに対応することでセキュリティの抜けもれを解消
  • PCI DSS Level 1認定のサービスでコンプライアンスを促進

工数の短縮と運用負荷の軽減

Deep Securityの管理サーバを構築せずに、迅速に効果的なセキュリティで重要データを保護できます。Deep Security as a Serviceは、以下のメリットを提供します。

  • 管理サーバを構築する工数を短縮し、スピーディな導入が可能
  • 1つのセキュリティ製品でデータセンターとクラウドのサーバを保護
  • 製品の更新、ホスティング、データベース管理の運用負荷の軽減
Save time and reduce effort

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

IDC Japan: 国内サーバ向けウイルス対策製品市場シェア No.1

Gartner Market Guide for Cloud Workload Protection Platforms

※ 出典: IDC Japan, 国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策

Deep Security as a Serviceについて、さらに詳しく

Hybrid Cloud Security  

Trend Micro Deep Securityは、今日のサーバ環境とアプリケーションを保護する、先進技術と高い実績が融合したXGen セキュリティによって強化されています。セキュリティ侵害による業務の混乱を防いでコンプライアンス準拠を促進します。高度な最適化された一連のテクノロジにより、すべてが連携して機能することで、高度化する脅威に対する可視化と防御力の向上を図ることができます。
XGen セキュリティについて