被害総額数十億円のサイバー攻撃の実態とは?

近年、増加の一途をたどるサイバー攻撃は、組織的な犯罪として益々高度化・巧妙化してきており、セキュリティ脆弱性への対策は企業にとって、死活問題となっています。
本セミナーでは、近年発生したさまざまなサイバー犯罪とその対策等、ここでしか聞けない事例を徹底解説するとともに弊社ソリューションを紹介します。

開催概要

愛知

開催日時 2019年7月30日(火) 13:00~14:55 (12:30より受付開始)
主催社名 富士通株式会社
定員 48名
会場 富士通株式会社 東海支社
〒450-6631 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー
会場地図

[最寄駅]
JR線「名古屋駅」:直結
市営地下鉄「名古屋駅」:直結
名鉄線「名鉄名古屋駅」:徒歩4分
近鉄線「近鉄名古屋駅」:徒歩5分
受講をお勧めする方 情報システム部門・セキュリティ管理者
受講料 無料

アジェンダ

時間 内容
12:30~13:00 受付
13:00~13:05 ご挨拶
第1部
13:05~13:45
ビジネスを脅かすサイバー攻撃の最新トレンドを徹底解説
昨今のIoTの発展と普及は、ビジネスのデジタル化を一層加速させており、サイバー攻撃による企業のビジネスリスクはこれまで以上に高くなっています。
企業活動に影響するサイバー攻撃の最新トレンドとして、ビジネスを取り巻く脅威の変化と被害の実状を事例を交えて徹底解説いたします。

トレンドマイクロ株式会社
第2部
13:45~14:45
高度化するサイバー攻撃への対策
当セッションでは、最新の攻撃手口を事例を交えながら紹介し、脆弱性の検出から対策までの自動化やクラウドセキュリティの対策など、対策ポイントを解説いたします。
また、対策を実現する弊社ソリューションをご紹介いたします。実機を使ったサイバー攻撃の実演もあります。

富士通株式会社
14:45~14:55 質疑応答