• TOP
  • スマートホーム

スマートホーム

2018/01/18

日本政府の次期サイバーセキュリティ戦略、3月までに骨子案・7月に閣議決定

日本政府の次期サイバーセキュリティ戦略、3月までに骨子案・7月に閣議決定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は1月17日、16回目となるサイバーセキュリティ戦略本部会合を総理官邸で開催しました。

2017/12/20

Mirai亜種が急速に活発化、JPCERT/CCや警察庁らが一斉に注意喚起

Mirai亜種が急速に活発化、JPCERT/CCや警察庁らが一斉に注意喚起

IoT機器に感染するマルウェア「Mirai」の亜種による攻撃が、11月に入ってから増加していることが確認されました。特定ポートへのアクセス増が観測されたとして、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、警察庁らが注意を呼びかけています。

2017/12/18

子供用スマートウォッチのセキュリティ問題にみるIoTデバイスの選定基準とは

子供用スマートウォッチのセキュリティ問題にみるIoTデバイスの選定基準とは

IoTによって我々のビジネスや生活が大きく変わろうとする中で、そのメリットを享受できるのは大人に限った話ではありません今回は、子供たちにとっても魅力的なIoTデバイスの1つであるスマートウォッチを題材に、子供たちがIoTデバイスを利用する際のセキュリティとプライバシーの問題について考察します。

2017/12/11

Miraiの新亜種が攻撃を拡大、南米や北アフリカの複数国で観測

Miraiの新亜種が攻撃を拡大、南米や北アフリカの複数国で観測

トレンドマイクロは12月7日、公式ブログで「続報:南米および北アフリカで『Mirai』の新しい亜種による攻撃を確認」と題する記事を公開しました。11月29日に公開された記事「『Mirai』の新しい亜種の拡散を確認」の続報です。

2017/12/10

スマートスピーカーの不具合にみるプライバシー情報漏えいの問題

スマートスピーカーの不具合にみるプライバシー情報漏えいの問題

家庭用IoT(モノのインターネット)デバイスの利用時、「プライバシー情報漏えい」のリスクは、利用者にとって深刻な問題のひとつです。今回、利用者がスピーカーに話しかけている時以外にも、周辺で発生した音声が意図せずスピーカーに拾われ、録音された音声が開発元のクラウドサービス上にアップロードされる事象が、正式販売前のスマートスピーカーで確認されました。

2017/12/01

Miraiの新しい亜種が登場、特定モデムの検索でトラフィック急増

Miraiの新しい亜種が登場、特定モデムの検索でトラフィック急増

「Mirai」(「ELF_MIRAIファミリ」として検出)の新しい亜種の急速な拡散がセキュリティリサーチャによって報告されています。11月22日に2323番および23番ポートへのトラフィック(ポートスキャン)の急増が確認されました。これは、先立つ10月31日に、マルウェア「Mirai」(ミライ)のProof-of-concept(概念実証、PoC)型エクスプロイトコードが、脆弱性公開データベースで公開されたことがきっかけと見られています。

2017/11/02

IoT機器を狙うボット「Reaper」、数百万台のネットワーク機器に感染

IoT機器を狙うボット「Reaper」、数百万台のネットワーク機器に感染

2017 年 10 月 19 日(現地時間)、IoT 機器を狙う「Reaper(リーパー、「ELF_IOTReaper.A」として検出)」が確認されました。報道によると、100 万以上の法人ネットワークに感染し、引続きその感染を拡大しています。

2017/10/31

ホームネットワークの脅威:スマートデバイスが仮想通貨のマイニングに悪用される?

ホームネットワークの脅威:スマートデバイスが仮想通貨のマイニングに悪用される?

インターネットユーザの意識しない所で、日々大量のネットワーク攻撃が、企業や組織のネットワークシステムに対して行われています。他方でIoT時代の到来に伴い、ホームルータなど家庭内のインターネットアクセスポイントとなるルータとそこにつながるスマートデバイスなどで構成されるホームネットワークに対しても、ネットワーク攻撃が波及しています。本記事では、ホームネットワークを巡る脅威について、数字からその傾向を探ります。

2017/10/24

スマートホームの実現に不可欠な「ホームネットワークセキュリティ」とは?

スマートホームの実現に不可欠な「ホームネットワークセキュリティ」とは?

IoTの浸透によって、家庭内のネットワークにつながるデバイスが多様化し、ネットワークの構成もより複雑になりつつあります。これまでインターネットに繋がるデバイスといえば、PCやスマートフォンに限られており、これらをエンドポイントで保護するというのが、一般利用者の持つべき基本的なセキュリティ指針でしたが、これだけでは不十分な状況が生まれてきています。一般家庭におけるIoTセキュリティで、今後注目すべきソリューションとなる「ホームネットワークセキュリティ」について考えてみましょう。

2017/10/17

WPA2の脆弱性「KRACKs」、ほぼすべてのWi-Fi通信可能な端末機器に影響

WPA2の脆弱性「KRACKs」、ほぼすべてのWi-Fi通信可能な端末機器に影響

2017年10月15日(現地時間)、Wi-Fi通信のセキュリティプロトコル「Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)」に存在する脆弱性が複数確認されたことが明らかになり、その詳細が同月16日に公開されました。報道によると、これら脆弱性は、「Key Reinstallation AttaCKs」という手法により悪用されることから「KRACK」と呼ばれ、「概念実証(Proof of Concept、PoC)」の攻撃コード(現時点で非公開、参考動画)によりWPA2 の暗号化の仕組みを侵害します。

※記事を読むをクリックするとトレンドマイクロセキュリティブログに移動します。

2017/10/10

IoT機器向けプロトコル「MQTT」サーバの探索が急増 警察庁観測

IoT機器向けプロトコル「MQTT」サーバの探索が急増 警察庁観測

警察庁は10月6日、IoTやM2M等で使用されるメッセージプロトコル「MQTT」による探索行為の増加を、8月に観測したとして、注意を呼びかけました。インターネット定点観測システムへのアクセス情報等の観測・分析により判明したとのことです。

2017/10/03

総務省、課題や今後の方針を取りまとめた「IoTセキュリティ総合対策」公表

総務省、課題や今後の方針を取りまとめた「IoTセキュリティ総合対策」公表

総務省は10月3日、IoTセキュリティ対策において取り組むべき課題を整理した「IoTセキュリティ総合対策」を公表しました。

2017/09/26

あなたのスマートスピーカーはどれだけ安全ですか?

あなたのスマートスピーカーはどれだけ安全ですか?

Amazon EchoやGoogle Homeなど、スマートスピーカーと呼ばれる音声アシスタントデバイスが家庭で使われはじめています。気軽に会話を楽しむ感覚でスマートライフを提供してくれるスマートスピーカーですが、音声でやりとりする情報の中に個人的なもの、重要なものは含まれていませんか?今回は、スマートスピーカーをはじめとした音声アシスタント機能を持つモノのセキュリティについて考えてみましょう。

2017/09/21

日本政府、サイバーセキュリティ関連の2018年度予算は727億円超に

日本政府、サイバーセキュリティ関連の2018年度予算は727億円超に

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は9月20日、政府のサイバーセキュリティに関する予算(平成30年度予算概算要求)について取りまとめた資料を公開しました。各省庁の概算要求、および施策例をとりまとめた内容となっています。

2017/09/19

Bluetooth機器を乗っ取る脆弱性「BlueBorne」、IoT機器にも深刻な影響

Bluetooth機器を乗っ取る脆弱性「BlueBorne」、IoT機器にも深刻な影響

トレンドマイクロは9月14日、公式ブログで「脆弱性『BlueBorne』、Bluetooth機器の乗っ取りを可能に」と題する記事を公開しました。

おすすめの動画

IoTで広がる世界とそのセキュリティ

運営社情報

セキュリティブログ
is702
PageTop