コネクテッドカーセキュリティ

変わり続けるモビリティの世界を保護

コネクテッドカーの
セキュリティ上の課題

脆弱性
一般的なセキュリティ上の問題である脆弱性は、サードパーティのハードウェアベンダやソフトウェアベンダに依存するコネクテッドカーにとって安全性の維持を難しくします。さらに製品の長いライフサイクルや大規模なサプライチェーンが原因で、未知の脆弱性に適切に対処できないことも問題を悪化させています。

制御不能なコンポーネント
新しいアプリケーションやコンポーネントのインストールなど、車両所有者の行動によってもたらされるセキュリティリスクを管理することは困難です。

広範にわたる視野
強固なコネクテッドカーセキュリティを実現するためには、車両、ネットワーク、およびバックエンドを含めた統合的な観点が必要です。急速に進化するテクノロジーの要求に応えるだけでなく、幅広い知識とスキルが求められます。

脅威インテリジェンスの欠如
コネクテッドカーを標的としたサイバー攻撃の特定および防御に必要となる高度な脅威インテリジェンスをホストするには多額の投資が必要になります。

コネクテッドカー
エコシステムの保護

包括的な設計と可視性が重要です。 

車両向けセキュリティオペレーションセンター(VSOC)

車両、ネットワーク、およびバックエンドは極めて密接につながっているため、サイバー攻撃を防御する方法を検討する際には、断片的ではなく総体的な視点を持つことが重要です。この俯瞰的な視点が、VSOCを構築し、各ポイントでイベントを監視および分析して、インシデントに対する適切な対策を講じるためには不可欠です。

車両内

外部ネットワークや車載ネットワーク(CAN Busなど)に接続されているコンポーネントを保護することが重要です。ハッキングされたコンポーネントは、ECUやノードに不正なコードを送信する可能性があります。ハッキングのデモにより、異常な動作を検知して報告することが非常に重要であることが明らかになりました。攻撃者はTCU/IVIの脆弱性を悪用することで、車両システムを制御します。

ネットワーク

コネクテッドカーには適切なネットワークセキュリティ対策が不可欠です。ユースケースや要件に柔軟に対応するセキュリティポリシーを適用し、トラフィックを監視して、脅威を検知および防御することが大切です。

バックエンド

データ交換のために複数のアプリケーションがクラウドに接続して情報を送受信し、新たな攻撃媒体が作られるにしたがって、バックエンド接続の保持機能に対する需要が高まっています。攻撃が成功した場合、個々の車両よりも大きな規模で影響が広がる可能性があります。

トレンドマイクロが選ばれる理由

トレンドマイクロのコネクテッドカーセキュリティソリューション

ホワイトペーパー

コネクテッドカー セキュリティを始める