ウイルスバスターTM ビジネスセキュリティサービス

PC、モバイル、タブレットをランサムウェア、ウイルス・スパイウェアから防御
 

広範囲での脅威対策

シンプル

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスは、クラウド型のため、常に最新版に自動更新されます。そのため、ユーザはITセキュリティのアップデートに気を取られることなく、ビジネスに集中することができます。

簡単

中小企業に特化したクラウド型セキュリティサービスにより、Windows、Mac、Android、iOSの各デバイスも一元的に管理できます。管理コンソールのインストールおよび操作は簡単です。インターネットを介して複数デバイスの管理が可能です。

信頼

クラウド上に構築されたセキュリティ基盤のTrend Micro Smart Protection Network™と連携し、脅威がビジネスに影響を与える前にプロアクティブに阻止します。グローバルのスレットインテリジェンスを活用し、最新の脅威情報に基づき防御します。

システム要件

Windows用エージェント

CPU
  • x86アーキテクチャのIntel Pentium4プロセッサまたは互換プロセッサ
  • x64アーキテクチャのプロセッサ (AMD64およびEM64Tに対応)

注意:IA64(Itaniumプロセッサ)、およびARMプロセッサには対応していません。

メモリ

  • 8GB以上、10GB以上を推奨 Windows SBS 2011 Standard/Essentials
  • 2GB以上、8GB以上を推奨 Windows Server 2012/2012 R2、Windows Server 2012/R2 Essentials、Windows Server 2016、Windows Server 2019
  • 1GB以上、2GB以上を推奨 Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
ハードディスク
  • 1.5GB以上の空き容量、2GB以上を推奨
OS
  • Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home/Premium/Home Basic SP1
  • Windows 8.1 Basic/Professional/Enterprise Update1 (※1)
  • Windows 10 Home/Professional October 2018 Update/May 2019 Update/November 2019 Update/May 2020 Update (※3)
  • Windows 10 Enterprise/Education October 2018 Update/May 2019 Update/November 2019 Update/May 2020 Update (※3)
  • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB / 2016 LTSB / 2019 LTSC
  • Windows SBS 2011 Standard SP1
  • Windows SBS 2011 Essentials SP1
  • Windows Server 2012 Standard/Datacenter/Essentials
  • Windows Server 2012 R2 Standard/Datacenter/Essentials Update
  • Windows Storage Server 2012 Workgroup/Standard
  • Windows Storage Server 2012 R2 Workgroup/Standard Update
  • Windows Server 2016 Standard/Essentials
  • Windows Server 2019 Standard/Essentials
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup/Standard
  • Windows Server IoT 2019 for Storage

※これらのエディションおよび64ビットバージョンは、特に断りのない限り対応しています。
※これらのOSは、特に断りのない限り、物理環境/仮想環境問わずに対応しています。

ディスプレイ
  • 256色以上、解像度800x600ピクセル以上

Webブラウザ(エージェントインストール、Webレピュテーション、URLフィルタ)

  • Internet Explorer 11.0 (※2)
  • Mozilla Firefox (※4)
  • Google Chrome (※4)
  • Microsoft Edge (※4)

※1 Windows 8.1に関してはWindows (Modern) UI、Windows RT及びWindowsToGoには対応していません
※2 Internet Explorer 11はWindows (Modern) UI上での利用には対応していません
※3 Windows 10 Mobileには対応しておりません。
※4 特に断りのない限り、最新バージョン含め3世代のバージョンをサポートいたします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。その際、サポート対象にできない状況がある場合には、別途情報を掲載いたします。

Mac用エージェント

CPU
  • Intel Core プロセッサ(Mac OS の要件に準拠)
メモリ
  • 512MB
ハードディスク
  • 300MB 以上の空き容量 (※)

※ エージェントプログラムのインストールに最低限必要な容量であり、隔離ファイル、ログファイ ル、設定変更等により更に多くの容量が必要となる場合があります。

OS
  • macOS 10.15.x Catalina
  • macOS 10.14.x Mojave
  • macOS 10.13.x High Siera
  • macOS 10.12.x Siera
  • OS X 10.11.x (El Capitan)

※ 上記すべてのOSのServer版にも対応
※特に断りのない限り、最新バージョン含め5世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。その際、サポート対象にできない状況がある場合には、別途情報を記載します。

ディスプレイ
  • 256色以上、解像度800x600ピクセル以上
Webブラウザ(エージェントインストール、Webレピュテーション)
  • Safari 9.0、10.0、11.0、12.0、13.0

Android用エージェント

OS
  • Android 11
  • Android 10.0
  • Android 9.0.x (Pie)
  • Android 8.0.x、8.1.x (Oreo)
  • Android 7.0.x、7.1.x (Nougat)

※特に断りのない限り、最新バージョン含め5世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。その際、サポート対象にできない状況がある場合には、別途情報を記載します。

Webブラウザ (エージェントインストール、Webレピュテーション)
  • Androidデバイスのデフォルトのブラウザ
  • Google Chrome

Androidエージェントをインストールする場合には以下の要件を満たす必要があります

  • Google アカウントを登録していること(FCMとの接続のため)
  • 提供元不明のアプリ(サードパーティアプリケーション)のインストールを許可していること
  • バックグラウンド同期が有効であること
  • JavaScript が有効であること
  • Cookie が有効であること

 

iOS用エージェント

OS
  • iOS 13.x
  • iOS 12.x
  • iOS 11.x
  • iOS 10.x
  • iOS 9.x

※特に断りのない限り、最新バージョン含め5世代のバージョンをサポートします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。その際、サポート対象にできない状況がある場合には、別途情報を記載します。

Webブラウザ (エージェントインストール)
  • iOSデバイスのデフォルトのブラウザ

iPadOS用エージェント

OS
  • iPadOS 13.x
Webブラウザ (エージェントインストール)
  • iPadOSデバイスのデフォルトのブラウザ

Web管理コンソール

Webブラウザ
  • Internet Explorer 11.0(※1)
  • Mozilla Firefox 64.0、65.0、66.0、67.0、68.0
  • Google Chrome(※2)
  • Microsoft Edge(※2)
PDFリーダ (レポート用)
  • Adobe Acrobat Reader 6.0 以降(最新バージョン推奨)
ディスプレイ
  • ハイカラー、解像度1366×768ピクセル以上

※1 Internet Explorer 11 はWindows (Modern) UI 上での利用には対応していません。
※2 特に断りのない限り、最新バージョン含め3 世代のバージョンをサポートいたします。新バージョンがリリースされた際には、順次検証を実施し、サポート対象となります。その際、サポート対象にできない状況がある場合には、別途情報を掲載いたします。

Common Active Directory Synchronization Tool

OS
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
CPU
  • 1.4GHz 64 ビットプロセッサ
メモリ
  • 512MB 以上
ハードディスク
  • 50MB 以上

システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。最新の情報については、本サイトをご参照ください。

本製品は1ドメインあたりの利用台数は10,000台、グループ数は50個以内を推奨しています。推奨台数・グループ数を超えた台数を1ドメインで管理する場合は、管理コンソールのパフォーマンスが低下するなど影響が出る可能性がありますので、必ず事前にトレンドマイクロの技術者にご相談ください。

推奨値未満の台数であっても、以下の環境の場合は問題が発生することがあります。

  • ファイルサーバや特定のアプリケーションサーバなどファイルI/Oおよびネットワークトラフィックが頻繁に発生する環境
  • 複数のネットワークカード、または複数のIPアドレスを保持する環境
  • ネットワークパフォーマンスが著しく低い環境


記載内容は2020年9月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます

高度な脅威対策

機械学習型検索と従来の検出技術を組み合わせることで、ランサムウェアと高度な攻撃から組織を守ります。以下の機能を提供します。

Advanced protection

トレンドマイクロは、実行前だけでなく実行時も独自の方法でファイルを分析する高忠実度の機械学習を初めて取り込み、検出の正確性を高める

ファイルレス、仮想通貨マイニング、ランサムウェアなど、高度なマルウェアをより正確に検出

各レイヤでのセンサス/ホワイトリストチェックなどのノイズ除去技術により、誤検出を低減

挙動分析 (スクリプト、インジェクション、ランサムウェア、メモリ、ブラウザ攻撃が対象)

機密データを保護する

統合されたDLP、暗号化管理、およびデバイス制御機能は、次のことを保証するために、最も広範なデバイス、アプリケーション、およびファイルタイプをカバーします。

  • 可視化と制御
  • GDPR、ホストベースの侵入防御システム (HIPS)、およびその他の急速に進化する規制の機密性とコンプライアンスを確保
  • デバイスコントロールとデータ管理の詳細なポリシーを設定
  • Microsoft BitLockerの管理と可視性

アプリケーション制御で悪意のあるソフトウェアを停止する

アプリケーションの監視、ホワイトリスト、ロックダウンにより、マルウェアや感染が組織に侵入するのを防ぎます。

  • ランサムウェアなどの未知または不明なアプリケーションによる攻撃の実行をブロック
  • 管理しやすいシンプルなルールを実行
  • 不要なアプリケーションの実行を制御
  • すべての未知の脅威に対応するものではありません。

防御アプローチ

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスが
できること

使用可能なサービス

ITアドバイザリ企業・第三者機関による高い評価

2002年以降、ガートナーのマジッククアドラントにおいてエンドポイント保護プラットフォーム部門でリーダーの評価を獲得

市場のリーダーを維持
The Forrester Wave™: エンドポイント セキュリティ スイート、2018 年第 4 四半期でリーダーの評価を獲得

第三者機関のテストにおいて、トレンドマイクロはパフォーマンス、保護、ユーザビリティで最高得点を獲得

2019年にNSS Labsが実施した「Advanced Endpoint Protection」レポートで「推奨」の評価を獲得

"これからは何が起きるかわかりません。最低限の対策は、必要経費として取っておくべきと考えています。信頼して IT パートナーにセキュリティをお任せしています"

小樽市漁業協同組合、 専務理事、新川 正己 氏

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスについて、さらに詳しく