Trend Micro Cloud OneNetwork Security

マルチクラウド環境のための
強力なネットワークレイヤのセキュリティ

※ 2020年3月現在。リリース予定は2020年第3四半期(7月~9月)。予告なく変更する可能性がございます。

多層防御

クラウドネットワークファブリックに統合された強力なネットワークレイヤセキュリティにより、入口/出口のトラフィックを検査できます。

従来の侵入防止システム (IPS) 機能を超えて、強力なハイブリッドクラウドセキュリティプラットフォームの一部として仮想パッチおよび侵害後の検出と阻止を提供します。

迅速な保護

シンプルで柔軟な導入オプションにより、ビジネスアプリケーションやプロセスの中断を招くことなく、必要な場所でネットワークを迅速に保護できます。

コンプライアンス

Trend Micro Researchによるトレンドマイクロのスレットインテリジェンスは当社のソリューションを強化し、それによってエンタープライズ規模のアクティブなネットワーク保護が提供可能となります。一元化された可視性と制御を実現し、コンプライアンス要件を支援することが可能になります。

ネットワークを中断させることなく導入可能

お客さまの既存のクラウドアーキテクチャ内に収まるインラインでの導入アプローチにより、Trend Micro Cloud One™ – Network Security(以下、Network Security)では、ビジネスアプリケーションや既存のネットワーク接続を中断することなく、トラフィックの検査を開始できます。

ファイアウォールとは異なり、3ウェイハンドシェイクや、トラフィックの開始と終了を確認する必要はありません。入口/出口での検査を途中で開始できるため、スピーディな保護が可能となります。

アクティブで実践的なネットワークセキュリティ

アクティブなブロックアプローチにより、Network Securityは攻撃を阻止してお客さまに通知するため、お客さまは次の行動を取ることができます。アクティブに脅威をブロックし、侵入を検出および阻止し、復路通信を分離および停止します。

高度な脅威インテリジェンスとプロトコル分析、異常検出、侵害の痕跡 (IOC) ブロック、および典型的なシグネチャベースの方法を活用して、Network Securityは特定の攻撃に加えて、攻撃のクラスおよび技術全体を検出し、クラウドネットワークの保護を行います。

クラウドネットワークの多層的かつ広範囲な防御を迅速に実現

エンタープライズ規模のネットワークレイヤセキュリティを迅速に展開して、仮想プライベートクラウド (VPC) 内のあらゆるものを保護しましょう。クラウドネットワークファブリック内で導入することで、業務やネットワークトラフィックに影響を与えることなく、実践的なセキュリティによってインフラストラクチャとネットワークセグメントを迅速かつ容易に保護できます。

その他のCloud Oneサービス

Trend Micro Cloud One™– Network Securityは、セキュリティプラットフォームであるTrend Micro Cloud One™のひとつです。このプラットフォームには以下の製品・サービスが含まれています。

※ 2020年3月現在。予告なく変更する可能性がございます。