Trend Micro DIRECTION 2017年11月17日

変化する環境に合わせたエンドポイントセキュリティ

多様な環境に合わせた最新ソリューションをご紹介

TrendMicro DIRECTION 2017では、エンドポイントセキュリティをテーマとした展示と複数のセッションが行われた。展示ではセキュリティ対策の紹介に加えてSE等との活発な質疑応答が行われた。

セッションではセキュリティ専門家によってAI技術の活用や、デモを交えたEDR(Endpoint Detection & Response)製品の紹介など、様々なセッションが行われた。今回のミニレポートでは特に人気の高かったセッションの1つをご紹介する。

セッションレポート:
最新AI技術と実績のある技術のブレンドで守る

「トレンドマイクロはお客さまをお守りする上で1つの技術に依存しない。最新のAI技術と実績のある技術をブレンドするXGenアプローチで攻撃者の変化に対応し続ける。」 - 2017年11月17日に都内で開催したTrend Micro DIRECTION 東京でプロダクトマーケティング本部 宮崎 謙太郎が講演を行った。

トレンドマイクロ プロダクトマーケティング本部 宮崎 謙太郎

最新の脅威には2つの傾向がある。ランサムウェアをはじめとして瞬く間に拡散した「瞬発力のある攻撃」と、マルウェア等の様々な脅威が約1秒に1つ発生しているという「総数の増加」だ。防御側が対抗するためには、対応速度とスケーラビリティを向上させる事が大きな課題になる。その2つの課題に対応するために、トレンドマイクロではウィルスバスターコーポレートエディション(以下Corp)の最新バージョン「XG」でAI技術である機械学習を搭載した。

だが、講演で宮崎は「AI技術は非常に有効だが、マルウェア対策の万能薬では無い」と注意を促す。たとえば機械学習は実行ファイル型のマルウェアには強いが、スクリプト型、マクロ型には弱いという特徴を持つ。また、AI検出を回避するランサムウェアも登場してきている。宮崎は「どの技術にも強み・弱みがある。攻撃者の変化に対応するためには1つの技術に依存するのではなく、様々な技術をブレンドし、各技術の強みを活かして弱みを補うXGenアプローチが重要だ」と強調した。

CorpにはAI技術の他にも、実績のある技術が数多く搭載されている。だが、インストール段階で全ての機能が有効になっている訳では無い。セッションの後半では、セキュリティレベル向上につながる各機能の設定方法、導入時に注意すべきポイントを解説した。

オンラインセミナー「ウイルスバスター Corp. ランサムウェア対策実践塾」でCorp設定方法についてご説明しています。

 

資料ダウンロード

AIだけで守れるのか - ITセキュリティにおけるAI技術の有効性の検証 -

情報セキュリティカンファレンス

Trend Micro DIRECTION

Securing Your Connected World

今年のTrend Micro DIRECTION へお申し込みはこちら。
是非ご参加ください。

記事公開日 : 2017.12.12
 この記事は、公開日時点での情報です