解析者: Jennifer Gumban   

 別名:

Ransom:MSIL/Samas.A (Microsoft), Trojan-Ransom.MSIL.Agent.wc (Kaspersky), MSIL/Filecoder.AR (ESET)

 プラットフォーム:

Windows

 危険度:
 ダメージ度:
 感染力:
 感染確認数:
 情報漏えい:

  • マルウェアタイプ:
    トロイの木馬型

  • 破壊活動の有無:
    なし

  • 暗号化:
    なし

  • 感染報告の有無 :
    はい

  概要

感染経路 インターネットからのダウンロード, 他のマルウェアからの作成

■ ランサムウェアファイル復号ツール公開

ランサムウェアの脅威が世界的に深刻になっている状況を受けて、ランサムウェアによって暗号化されたファイルの復号ツールをトレンドマイクロは公開しました。この復号ツールの使用方法や復号可能なファイルの条件などの制限事項については以下のダウンロードページを参照してください。

法人向けダウンロードURL:http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP///1114224

個人向けダウンロードURL:https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1114210.aspx

また、トレンドマイクロでは、ランサムウェアの被害に遭われている法人・個人を対象に無料相談窓口も開設していますので、お困りの方は一度ご相談ください。

トレンドマイクロは、このマルウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。

「SAMSAM」は、医療関連業界を狙いとし、特にKentucky病院を攻撃した最新の「身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)」です。報告によると、このマルウェアは、不正なWebサイトやスパムメールといった一般的な感染経路ではなく、修正プログラムが適用されていないサーバを介して拡散されました。

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

マルウェア マルウェアは、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した マルウェア )を削除します。

  詳細

ファイルサイズ 217,600 bytes
タイプ EXE
メモリ常駐 なし
発見日 2016年2月27日
ペイロード ファイルの作成

侵入方法

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

インストール

マルウェアは、以下のコンポーネントファイルを作成します。

  • {root drive}\HELP_DECRYPT_YOUR_FILES.html
  • %Desktop%\HELP_DECRYPT_YOUR_FILES.html
  • {folders containing encrypted files}\HELP_DECRYPT_YOUR_FILES.html

(註:%Desktop%フォルダは、Windows 2000、XP および Server 2003 の場合、通常 "C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Desktop"、Windows Vista 、 7 、8、8.1 、Server 2008 および Server 2012の場合、"C:\Users\<ユーザ名>\Desktop" です。.)

マルウェアは、以下のファイルを作成し実行します。

  • {malware path}\selfdel.exe - used to delete the malware
  • {malware path}\del.exe - legitimate Sysinternals SDelete program. The following command is executed to wipe free space on the disk to prevent recovery:

    {malware path}\del.exe -c C: /accepteula

ファイル感染

マルウェアは、以下の文字列を含むフォルダには感染しません。

  • "Windows"
  • "Reference Assemblies\Microsoft"
  • "Recycle.bin"

その他

マルウェアは、以下の拡張子をもつファイルを暗号化します。

  • .3dm
  • .3ds
  • .3fr
  • .3g2
  • .3gp
  • .3pr
  • .7z
  • .ab4
  • .accdb
  • .accde
  • .accdr
  • .accdt
  • .ach
  • .acr
  • .act
  • .adb
  • .ads
  • .agdl
  • .ai
  • .aif
  • .aifc
  • .aiff
  • .ait
  • .al
  • .apj
  • .arw
  • .asf
  • .asm
  • .asp
  • .aspx
  • .asx
  • .au
  • .avi
  • .awg
  • .back
  • .backup
  • .backupdb
  • .bak
  • .bank
  • .bay
  • .bdb
  • .bgt
  • .bik
  • .bkf
  • .bkp
  • .blend
  • .bmp
  • .bpw
  • .c
  • .cdf
  • .cdr
  • .cdr3
  • .cdr4
  • .cdr5
  • .cdr6
  • .cdrw
  • .cdx
  • .ce1
  • .ce2
  • .cer
  • .cfp
  • .cgm
  • .cib
  • .class
  • .cls
  • .cmt
  • .cpi
  • .cpp
  • .cr2
  • .craw
  • .crt
  • .crw
  • .cs
  • .csh
  • .csl
  • .csv
  • .dac
  • .db
  • .db3
  • .dbf
  • .db-journal
  • .dbx
  • .dc2
  • .dcr
  • .dcs
  • .ddd
  • .ddoc
  • .ddrw
  • .dds
  • .der
  • .des
  • .design
  • .dgc
  • .dib
  • .djvu
  • .dng
  • .doc
  • .docm
  • .docx
  • .dot
  • .dotm
  • .dotx
  • .drf
  • .drw
  • .dtd
  • .dvr-ms
  • .dwg
  • .dxb
  • .dxf
  • .dxg
  • .emf
  • .eml
  • .eps
  • .erbsql
  • .erf
  • .exf
  • .fdb
  • .ffd
  • .fff
  • .fh
  • .fhd
  • .fla
  • .flac
  • .flv
  • .fmb
  • .fpx
  • .fxg
  • .gif
  • .gray
  • .grey
  • .gry
  • .h
  • .hbk
  • .hpp
  • .hta
  • .htm
  • .html
  • .ibank
  • .ibd
  • .ibz
  • .ico
  • .idx
  • .iif
  • .iiq
  • .incpas
  • .indd
  • .IVF
  • .jar
  • .java
  • .jfif
  • .jpe
  • .jpeg
  • .jpg
  • .jsp
  • .kbx
  • .kc2
  • .kdbx
  • .kdc
  • .key
  • .kpdx
  • .lua
  • .m
  • .m1v
  • .m3u
  • .m4v
  • .max
  • .mdb
  • .mdc
  • .mdf
  • .mef
  • .mfw
  • .mid
  • .midi
  • .mmw
  • .moneywell
  • .mos
  • .mov
  • .mp2
  • .mp2v
  • .mp3
  • .mp4
  • .mpa
  • .mpe
  • .mpeg
  • .mpg
  • .mpv2
  • .mrw
  • .msg
  • .myd
  • .nd
  • .ndd
  • .nef
  • .nk2
  • .nop
  • .nrw
  • .ns2
  • .ns3
  • .ns4
  • .nsd
  • .nsf
  • .nsg
  • .nsh
  • .nwb
  • .nx2
  • .nxl
  • .nyf
  • .oab
  • .obj
  • .odb
  • .odc
  • .odf
  • .odg
  • .odm
  • .odp
  • .ods
  • .odt
  • .oil
  • .orf
  • .ost
  • .otg
  • .oth
  • .otp
  • .ots
  • .ott
  • .p12
  • .p7b
  • .p7c
  • .pab
  • .pages
  • .pas
  • .pat
  • .pbl
  • .pbl
  • .pcd
  • .pct
  • .pdb
  • .pdd
  • .pdf
  • .pef
  • .pem
  • .pfx
  • .php
  • .php5
  • .phtml
  • .pl
  • .plc
  • .png
  • .pot
  • .potm
  • .potx
  • .ppam
  • .pps
  • .ppsm
  • .ppsx
  • .ppt
  • .pptm
  • .pptx
  • .prf
  • .ps
  • .psafe3
  • .psd
  • .pspimage
  • .pst
  • .ptx
  • .py
  • .qba
  • .qbb
  • .qbm
  • .qbr
  • .qbw
  • .qbx
  • .qby
  • .r3d
  • .raf
  • .rar
  • .rat
  • .raw
  • .rdb
  • .rle
  • .rm
  • .rmi
  • .rtf
  • .rw2
  • .rwl
  • .rwz
  • .s3db
  • .sas7bdat
  • .say
  • .sd0
  • .sda
  • .sdf
  • .sldm
  • .sldx
  • .snd
  • .sql
  • .sqlite
  • .sqlite3
  • .sqlitedb
  • .sr2
  • .srf
  • .srt
  • .srw
  • .st4
  • .st5
  • .st6
  • .st7
  • .st8
  • .std
  • .sti
  • .stw
  • .stx
  • .svg
  • .swf
  • .sxc
  • .sxd
  • .sxg
  • .sxi
  • .sxm
  • .sxw
  • .tex
  • .tga
  • .thm
  • .tib
  • .tif
  • .tif
  • .tiff
  • .tlg
  • .txt
  • .vob
  • .wallet
  • .war
  • .wav
  • .wax
  • .wb2
  • .wm
  • .wma
  • .wmf
  • .wmv
  • .wmx
  • .wpd
  • .wps
  • .wvx
  • .x11
  • .x3f
  • .xis
  • .xla
  • .xlam
  • .xlk
  • .xlm
  • .xlr
  • .xls
  • .xlsb
  • .xlsm
  • .xlsx
  • .xlt
  • .xltm
  • .xltx
  • .xlw
  • .xml
  • .ycbcra
  • .yuv
  • .zip

マルウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した マルウェア )を削除します。

マルウェアは、以下のファイルを作成し実行します。

  • {malware path}\selfdel.exe – マルウェアを削除するのに利用されます。
  • {malware path}\del.exe – 正規Sysinternals SDeleteプログラム。ディスク上の空き領域をワイプしリカバリを防ぐために以下のコマンドが実行されます。
    • {malware path}\del.exe -c C: /accepteula

マルウェアは、暗号化したファイルのファイル名に拡張子".encryptedRSA "を追加します。

  対応方法

対応検索エンジン: 9.800
初回 VSAPI パターンバージョン 12.368.05
初回 VSAPI パターンリリース日 2016年2月27日
VSAPI OPR パターンバージョン 12.369.00
VSAPI OPR パターンリリース日 2016年2月28日

手順 1

Windows XP、Windows Vista および Windows 7 のユーザは、コンピュータからマルウェアもしくはアドウェア等を完全に削除するために、ウイルス検索の実行前には必ず「システムの復元」を無効にしてください。

手順 2

以下のファイルを検索し削除します。

[ 詳細 ]
コンポーネントファイルが隠しファイル属性の場合があります。[詳細設定オプション]をクリックし、[隠しファイルとフォルダの検索]のチェックボックスをオンにし、検索結果に隠しファイルとフォルダが含まれるようにしてください。  
  • HELP_DECRYPT_YOUR_FILES.html

手順 3

最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用い、ウイルス検索を実行してください。「RANSOM_CRYPSAM.C」と検出したファイルはすべて削除してください。 検出されたファイルが、弊社ウイルス対策製品により既に駆除、隔離またはファイル削除の処理が実行された場合、ウイルスの処理は完了しており、他の削除手順は特にありません。

■ ランサムウェアファイル復号ツール公開

ランサムウェアの脅威が世界的に深刻になっている状況を受けて、ランサムウェアによって暗号化されたファイルの復号ツールをトレンドマイクロは公開しました。この復号ツールの使用方法や復号可能なファイルの条件などの制限事項については以下のダウンロードページを参照してください。

法人向けダウンロードURL:http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP///1114224
個人向けダウンロードURL:https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1114210.aspx

また、トレンドマイクロでは、ランサムウェアの被害に遭われている法人・個人を対象に無料相談窓口も開設していますので、お困りの方は一度ご相談ください。


ご利用はいかがでしたか? アンケートにご協力ください