情報公開日: 2 12, 2020

  概要

マイクロソフトは、2020 年2月にセキュリティ更新プログラムをリリースし、以下の脆弱性に対応しています。

  • CVE-2020-0674 - スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性
    危険度 : 緊急

    詳しくは こちら

  • CVE-2020-0681 - リモート デスクトップ クライアントのリモートでコードが実行される脆弱性
    危険度 : 緊急

    詳しくは こちら

  • CVE-2020-0692 - Microsoft Exchange Server の特権の昇格の脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  トレンドマイクロの対策

CVE識別番号 DPIフィルタ番号 DPIフィルタ名 DPIリリース日 脆弱性対策オプションとの互換性
CVE-2020-0674 1010133 Microsoft Internet Explorer Scripting Engine Memory Corruption Vulnerability (CVE-2020-0674) 2020年2月11日 はい
CVE-2020-0681 1010150 Microsoft Windows Remote Desktop Client Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2020-0681) 2020年2月11日 はい
CVE-2020-0692 1010151 Identified Usage Of 'X-JsonProxySecurityContext' HTTP Header 2020年2月11日 はい