情報公開日: 12 11, 2019

  概要

マイクロソフトは、2019年12月にセキュリティ更新プログラムをリリースし、以下の脆弱性に対応しています。

  • CVE-2019-0617 - Jet データベース エンジンのリモートでコードが実行される脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1485 - VBScript のリモートでコードが実行される脆弱性

    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-0853 - GDI のリモート コードが実行される脆弱性
    危険度 : 緊急

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1458 - Microsoft Graphics コンポーネントの特権の昇格の脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1439 - Windows GDI の情報漏えいの脆弱性

    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1117 - DirectWrite のリモートでコードが実行される脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1118 - DirectWrite のリモートでコードが実行される脆弱性

    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-1119 - DirectWrite のリモートでコードが実行される脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  • CVE-2019-0959 - Windows 共通ログ ファイル システム ドライバーの特権の昇格の脆弱性
    危険度 :

    詳しくは こちら

  •   トレンドマイクロの対策

    CVE識別番号 DPIフィルタ番号 DPIフィルタ名 DPIリリース日 脆弱性対策オプションとの互換性
    CVE-2019-0617 1010083 Microsoft Windows Jet Database Engine Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-0617) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1485 1010085 Microsoft Internet Explorer VBScript Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-1485) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-0853 1010086 Microsoft GDI Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-0853) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1458 1010087 Microsoft Windows Elevation of Privilege Vulnerability (CVE-2019-1458) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1439 1010088 Microsoft Windows GDI Information Disclosure Vulnerability (CVE-2019-1439) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1117 and CVE-2019-1118 1010090 Microsoft Windows DirectWrite Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-1117 and CVE-2019-1118) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1119 1010091 Microsoft Windows DirectWrite Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-1119) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-0959 1010092 Microsoft Windows Common Log File System Driver Elevation Of Privilege Vulnerability (CVE-2019-0959) 2019年12月10日 はい
    CVE-2019-1150 1010093 Microsoft Windows Graphics Remote Code Execution Vulnerability (CVE-2019-1150) 2019年12月10日 はい