Keyword: ursnif
485 Total Search   |   Showing Results : 1 - 20
   Next  
We spotted a recent spam campaign in Italian that delivers URSNIF malware to unsuspecting users. The email deceives its recipients by posing as a notification with a link that leads to the supposed
URSNIF」は、他の不正プログラム(例: バックドア型 や ファイル感染型 )からさまざまな機能を採用する 情報窃取型不正プログラム として知られています。こうした手法を駆使して、検出回避を可能にし、より効果的な 情報窃取活動 を目論んでいるようです。2014年12月以降、米国のユーザへの感染や、英国内での感染が確認されています。 さまざまなタイプの不正プログラムの機能を採用する中
Description Name: URSNIF - HTTP (Request) - Variant 5 . This is the Trend Micro detection for malicious HTTP network packet that manifest any of the following actions:CallbackThis attack is used for Command and Control CommunicationRelated Malware: T...
Description Name: URSNIF - HTTP (Request) - Variant 6 . This is Trend Micro detection for packets passing through HTTP network protocols that can be used as N/A. This also indicates a malware infection. Below are some indicators of an infected host:E...
Description Name: URSNIF - HTTP (Request) - Variant 2 . This is Trend Micro detection for packets passing through HTTP network protocols that can be used as Command and Control Communication. This also indicates a malware infection. Below are some in...
Description Name: URSNIF - HTTP (Request) - Variant 3 . This is Trend Micro detection for packets passing through HTTP network protocols that can be used as Command and Control Communication. This also indicates a malware infection. Below are some in...
トレンドマイクロは、このスパイウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。 これは、情報を収集する「URSNIF」の亜種に関連する感染したEXEファイルおよびPDFファイルの検出名です。「PE_URSNIF.A-O」として検出されるこの情報を収集する感染マルウェアは、米国や英国といった国で影響を与えています。 侵入方法 スパイウェアは、以下の方法でコンピュータに侵入します。 MSI
トレンドマイクロは、このスパイウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。 これは、感染したMSIファイルの検出名です。MSIファイルは、情報を収集する「URSNIF」の亜種に関連しています。情報を収集するファイル感染ウイルス(「PE_URSNIF.A-O」として検出)は、米国や英国といった国に影響を与えています。 これは、トレンドマイクロの製品では、特定の不正活動を実行するファイルの
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、リモートサイトから他のマルウェアまたはグレイウェアにダウンロードされ、コンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した
ウイルスは、リムーバブルドライブを介してコンピュータに侵入します。 ウイルスは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 ウイルスは、リムーバブルドライブ内に自身のコピーを作成します。作成されたコピーのファイル名として、上記のドライブ上に存在するフォルダ名を使用します。 ウイルスは、作成されたファイルを実行します
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 侵入方法 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 インストール スパイウェアは、以下のフォルダを追加します。 %Application Data%\{string
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、ワーム活動の機能を備えていません。 スパイウェアは、バックドア活動の機能を備えていません。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 侵入方法 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトから
は、他のマルウェアもしくはグレイウェア、または不正リモートユーザによるスパムメールに添付され、コンピュータに侵入します。 は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した )を削除します。 侵入方法 は、他のマルウェアもしくはグレイウェア、または不正リモートユーザによるスパムメールに添付され、コンピュータに侵入します。 インストール は、感染したコンピュータ内に以下として自身のコピー
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した スパイウェア )を削除します。 侵入方法 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します
スパイウェアは、他のマルウェアもしくはグレイウェア、または不正リモートユーザによるスパムメールに添付され、コンピュータに侵入します。 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身
スパイウェアは、他のマルウェアもしくはグレイウェア、または不正リモートユーザによるスパムメールに添付され、コンピュータに侵入します。 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、リモートサイトから他の不正プログラムにダウンロードされ、コンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した スパイウェア
スパイウェアは、他のマルウェアもしくはグレイウェア、または不正リモートユーザによるスパムメールに添付され、コンピュータに侵入します。 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身
スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。 スパイウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。 スパイウェア は、自身(コンピュータに侵入して最初に自身のコピーを作成した スパイウェア )を削除します。 侵入方法 スパイウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトから