解析者: Henry Alarcon Jr.   

 別名:

ELF/Mirai.A!tr (Fortinet), HEUR:Backdoor.Linux.Gafgyt.cn (Kaspersky)

 プラットフォーム:

Linux

 危険度:
 ダメージ度:
 感染力:
 感染確認数:
 情報漏えい:

  • マルウェアタイプ:
    バックドア型

  • 破壊活動の有無:
    なし

  • 暗号化:
    はい

  • 感染報告の有無 :
    はい

  概要

感染経路 インターネットからのダウンロード

トレンドマイクロは、このマルウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。

このIoTマルウェア「Mirai」の新しい亜種は合計13件の脆弱性を利用します。そのほとんどが以前のMiraiに関連した攻撃において利用されており、典型的なMiraiの亜種はバックドアと分散型サービス拒否(Distributed Denial of Service、DDoS)の機能を備えています。これらの脆弱性を突く攻撃は、ルータ、監視製品、その他の機器に見られる欠陥を利用します。

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

マルウェアは、実行後、自身を削除します。

マルウェアは、不正リモートユーザからのコマンドを実行し、感染コンピュータを改ざんします。

  詳細

ファイルサイズ 216,934 bytes
タイプ ELF
メモリ常駐 なし
発見日 2019年5月9日
ペイロード URLまたはIPアドレスに接続, 情報収集

侵入方法

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

インストール

マルウェアは、実行後、自身を削除します。

バックドア活動

マルウェアは、不正リモートユーザからの以下のコマンドを実行します。

  • Download a file
  • Performs various DDOS attacks
  • Execute shell commands
  • Uses default or easy-to-guess usernames and passwords to login to other devices
  • Kill its process
  • Kill all performed various attacks.
  • Kill specific process

マルウェアは、以下のWebサイトにアクセスし、不正リモートユーザからのコマンドを送受信します。

  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.102.123:1337

その他

マルウェアは、以下を実行します。

<補足>
バックドア活動

マルウェアは、不正リモートユーザからの以下のコマンドを実行します。

  • ファイルのダウンロード
  • さまざまなDDoS攻撃の実行
  • シェルコマンドの実行
  • 初期設定の、または推測しやすいユーザ名とパスワードを使用して他のデバイスへのログイン
  • プロセスの終了
  • すべての実行した攻撃の終了
  • 特定のプロセスの終了

  対応方法

対応検索エンジン: 9.850
初回 VSAPI パターンバージョン 15.102.06
初回 VSAPI パターンリリース日 2019年5月10日
VSAPI OPR パターンバージョン 15.103.00
VSAPI OPR パターンリリース日 2019年5月11日

最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用い、ウイルス検索を実行してください。「Backdoor.Linux.MIRAI.VWIPT」と検出したファイルはすべて削除してください。 検出されたファイルが、弊社ウイルス対策製品により既に駆除、隔離またはファイル削除の処理が実行された場合、ウイルスの処理は完了しており、他の削除手順は特にありません。


ご利用はいかがでしたか? アンケートにご協力ください