Potentially Unwanted Application (PUA)

グレイウェアとして分類されるこのPotentially Unwanted Application(PUA)は、モバイル端末やコンピュータにインストールされると、非常に危険であるかユーザのセキュリティやプライバシーに対して予期しない影響を及ぼす可能性のあるアプリケーションです。PUAによりコンピュータのリソースが消耗することもあります。また、ユーザの同意の上でインストールされた場合であっても、不要なアプリケーションである場合もあります。大抵の場合、PUAはその機能や目的を明示していないか不完全です。アプリケーションによる動作には、意図がないものと設計の一部であるものとがあります。PUAは、正規または非正規のソフトウェア開発者が作成します。

PUAの動作:
  • バンドル:デバイスやコンピュータへアプリケーションをインストールする際、ユーザが本来欲しくなかった他のアプリケーション(またはバンドルされるソフトウェア)がインストールされることがあります。別のアプリケーションをインストールするメインのアプリケーションは、インストールのプロセス中にバンドルされたソフトウェアのインストールを許可するオプションとして表示して、ユーザに追加のアプリケーションのインストールを促します。PUAは他のグレイウェアにバンドルされてコンピュータに侵入することもある。
  • 広告:ユーザの操作を中断する広告や不快な広告を大量に表示する。
  • 情報搾取:ユーザに気付かれずに情報を搾取するアプリケーション。
  • PUAがもたらすその他の迷惑な振る舞い:
    • 誇張もしくは偽の通知。
    • ユーザのコントロールを制限。
    • コンピュータのリソースを消耗する不要なプロセスやアプリケーションを実行。
    • アプリケーションのアンインストールの方法として一般的でないものを提示。
このようなアプリケーションがユーザにとって役に立ち、継続使用が望まれる場合もあります。このためトレンドマイクロでは、このアプリケーションを”不要と思われる”アプリケーションとして定義しています。