組織におけるランサムウェア対策

ランサムウェア感染のリスクを
軽減する4層のセキュリティ

ランサムウェアに特効薬はありません。リスクを最大限軽減することを優先した多層的なアプローチが必要です。

4層のセキュリティが組み込まれたトレンドマイクロのXGenセキュリティには、クロスジェネレーションの技術が融合されており、適切なタイミングで適切な技術を提供することが可能です。

メールとWebの保護

メールとWebは組織への侵入を試みるランサムウェアで、最も一般的に使用される手法です。Trend Micro Cloud App Securityは、Microsoft Office 365環境のユーザを不正なメールから保護します。オンプレミスのメールについてはDeep Discovery Email Inspectorでメールゲートウェイを強化し、InterScan Web Securityでユーザを不正なWebサイトから保護します。

エンドポイント保護

ランサムウェアがエンドポイントに到達した場合、XGenセキュリティは、挙動分析や高い精度の機械学習検索含む、複数技術を使用してランサムウェアをブロックします。

ネットワーク保護

ランサムウェアの侵入媒体はメールとWebが一般的ですが、他のネットワークプロトコルや攻撃手段を利用して侵入される可能性もあります。Discovery Inspectorはネットワーク上でランサムウェアを検出、ブロックし、ランサムウェアがエンドポイントやサーバに拡散することを防ぎます

サーバ保護

攻撃者は既知のソフトウェア脆弱性を悪用してランサムウェアを侵入させるため、サーバがランサムウェアの標的になることが増えつつあります。Trend Micro Deep Securityは物理、仮想、クラウドを問わずにサーバを保護します。 

見るだけで感染する不正広告
によるランサムウェアの脅威

ファイルサーバを狙う
ランサムウェアへの対策

Deep Discovery Inspector
ランサムウェア対策