Connected Threat Defense™

標的型サイバー攻撃に対する製品連携による防御

今日の動的な脅威状況

今日の脅威の複雑な状況を受け、多くの組織は、さまざまなセキュリティ製品を導入することでますます高度化する激しい攻撃から環境を保護しようとします。このような脅威はもはや1対多ではなく、高度に標的が絞られています。通常は統合されない、多数の複雑な異種ソリューションの管理は非常に困難であり、ネットワーク内で拡大する脅威が検出されないままとなる可能性があります。組織には新たなセキュリティアプローチが必要です。

セキュリティに対する最新のアプローチ

複数のソリューションにまたがるXGen™ セキュリティの機能を活用するトレンドマイクロのConnected Threat Defenseは、新たな脅威を迅速に防止、検出、および対応するための効果的な方法を提供しながら、ITインフラストラクチャ全体の可視性を向上させ、調査を効率化する、多層的なセキュリティアプローチです。

Connected Threat Defense

組織を保護

不正プログラム対策、侵入防止(IPS)、許可リスト、暗号化、情報漏えい対策などの、効果が高い実証済みの方法を活用して、既知の脅威を阻止します。機械学習や挙動分析などの最新技術との連携により、ランサムウェア、ファイルレス不正プログラム、およびその他の高度な脅威を捕捉します。

標準的な防御では認識できない高度な不正プログラム、悪意のある挙動、および通信を検出する機能は不可欠であり、複数の多層的技術を必要とします。

企業全体で脅威を検出して特定

Trend Micro™ XDRは、AIおよび専門家による分析を、Trend Micro™ Smart Protection Network™ で収集され、関連付けられたデータに適用することにより、メール、エンドポイント、サーバ、クラウドワークロード、およびネットワークの可視性を向上させ、調査を効率化します。グローバルな脅威インテリジェンスでは、AIと分析モデルの力を最大限に活用することにより、さらに多くのコンテキストを提供できます。より多くのコンテキストを得ることによって、それだけでは無害に見えるイベントが、突如として重要な意味を持つ侵害の痕跡となるため、影響をすばやく封じ込め、深刻度と範囲を最小限に抑えることが可能になります。

脅威によりすばやく対応

Connected Threat Defenseの一部である、複数の技術層にまたがる完全な可視性により、問題がどこにあり、どのように対応すべきかをすぐに把握できます。これには、複数のセキュリティ技術に対するリアルタイムアップデートを提供することにより、将来の攻撃を予防し、根本原因を特定し、修復にかかる時間を短縮する、迅速な対応機能が含まれます。

攻撃が検出されると、リアルタイム保護のために、悪意のあるファイル、IPアドレス、およびC&C通信を対象とした的を絞ったインテリジェンスが、製品や環境(メール、エンドユーザ、サーバ、クラウド、ネットワーク)間で共有されます。次回これらのオブジェクトに遭遇した場合には、自動的にブロックできます。これはConnected Threat Defenseの多数の利点の1つです。

可視性と調査

各要素が連携することにより、XDRでは複数のセキュリティ層がインテリジェンスを共有し、何が起きているかを統合されたビューで示すことが可能です。すべてのセキュリティ層に対する一元的な可視性により、組織のメール、エンドポイント、サーバ、クラウドワークロード、およびネットワークのセキュリティが包括的に表示されます。

保護の強化

保護の強化

Trend Micro Connected Threat Defenseには、トレンドマイクロのセキュリティソリューションであるUser ProtectionNetwork Defense、およびHybrid Cloud Securityが利用されています。グローバルな脅威インテリジェンスや一元化された可視性/制御とともにすべてのソリューションが連携して機能し、さらにXGenセキュリティを活用します。