セキュリティチームのための
ソリューション

仮想化、クラウド、コンテナを守る強力で効率的なセキュリティ

多様なセキュリティ機能

仮想化、コンテナおよびクラウドのメリットを生かすためには、データセンターの仮想化環境、クラウドおよびハイブリッド環境を効果的に保護することが重要です。セキュリティに不備があれば、サイバー攻撃による重大なデータ侵害をもたらす隙を攻撃者に与えることになります。またデータプライバシーと各業界特有の規定に準拠するために、適切なセキュリティ対策を実施していることを証明する必要があります。

トレンドマイクロのソリューションは、DevOpsプロセスでセキュリティを自動化し、最新の技術と実績ある技術を融合したXGenセキュリティアプローチによって、多様なセキュリティ技術を提供。システム実行時の物理、仮想、およびクラウド環境とコンテナを保護し、デプロイ前のコンテナイメージをスキャンします。

強力なセキュリティ機能

サイバー攻撃はますます高度化し、お客さま組織に破壊的なダメージを与えることも想定されます。適切なセキュリティを施さなければリスクが増大し、セキュリティ担当者だけではなく、お客さま組織のブランドイメージが損なわれる可能性があります。

セキュリティ担当者はあらゆるセキュリティ機能を利用し、多くの脅威から組織を迅速に保護する必要があります。Trend Micro Deep Securityは、脆弱性攻撃、不正プログラム、不正なシステム変更からお客さま組織を保護します。Deep Securityは、多様なセキュリティ機能をひとつのエージェントで提供します。

  • 運用およびサポートのメンテナンス、予算、間接的なコストを軽減
  • デプロイ前からランタイムまで、開発および運用のパイプライン全体でセキュリティを確保

効率的なセキュリティ運用

ビジネスニーズによって、ハイブリッドクラウド環境が拡大するにつれ、これらの環境を保護する担当者やツールのサイロ化が進んでいます。

この細分化により、コンソールは複数になり、調査とコンプライアンスのレポートはいっそう複雑化し、セキュリティの一貫性が失われます。この課題を解決するため、Deep Securityは、リスクを管理してコンプライアンス準拠を支援するために、一貫したセキュリティの適用と一元的な可視化を実現します。

Get streamlined

直感的なダッシュボードでインフラ環境全体のインシデント対応を支援し、限られたリソースと短い時間で多くの業務を遂行できるようになります。

セキュリティの自動化

事業部門や開発部門の動きが早く、シャドーITを懸念し、新しいクラウド環境を管理できていないと感じるかもしれません。セキュリティが邪魔物と見なされ、適切な対策が適用されなければ、組織はリスクにさらされます。

クイックスタート、クラウドテンプレート、導入スクリプト、APIを利用し開発チームのプロセスに適したセキュリティを実装することで、状況は一変します。 Deep Securityは負荷を感じさせることなく、DevOpsプロセスにシームレスに適合します。組織全体で適切なセキュリティ実装を増やすことで、組織内の信頼につながります。

Connected Threat Defense

トレンドマイクロのConnected Threat Defenseを利用すれば、セキュリティテクノロジ全体でスレットインテリジェンスを共有できるようになります。

  • トレンドマイクロのエンドポイント、メール、Web、およびネットワークのセキュリティ製品
  • SIEM (Security Information and Event Management) : Splunk、Sumo Logic、HP ArcSight、IBM QRadar
  • SOAR (Security Orchestration, Automation and Response) : Splunk Phantom、Demisto、Swimlane、ServiceNow
  • Open indicators of compromise (IOCs)
  • クラウドベンダーのセキュリティサービス:AWS WAF、AWS GuardDuty、Amazon Macie、AWS Security Hub
  • 脆弱性管理 Qualys

ハイブリッドクラウドでのコンプライアンス支援

PCI DSS、HIPAA、NIST 800-53、NERC、FERC、SANS、ISO、GDPRなどの主要なコンプライアンスと業界ガイドラインの順守は、データセンターやクラウドにまで及んでいます。以下の機能を備えたDeep Securityがコンプライアンス準拠を支援します。

  • 保護した脆弱性、検出された攻撃、およびポリシーのコンプライアンス状況を記録する詳細な監査レポート
  • 一元的なセキュリティ管理と統合レポートによる、監査のための準備と作業の軽減
  • 内部ネットワークのアクティビティの可視性を高める内部コンプライアンスイニシアチブのサポート
  • Common Criteria EAL2およびFIPS 140-2の認定を受けた実績のあるテクノロジ
Accelerated compliance

ひとつの製品で複数のセキュリティ機能を提供

多数のセキュリティ製品を組み合わせる必要がなく、コストと運用負荷を最小化

Trend Micro Deep Security

仮想、物理、クラウド、およびコンテナ環境におけるランタイム保護

  • ネットワークセキュリティ: 侵入防御 (IDS/IPS)、ファイアウォール
  • システムセキュリティ: アプリケーションコントロール、変更監視、セキュリティログ監視
  • 不正プログラム対策(機械学習型検索、振る舞い検知)、Webレピュテーション機能

Deep Security Smart Check

ビルドパイプラインにおけるコンテナイメージのスキャン

  • CI/CDパイプラインでコンテナイメージスキャンを実行
  • 推奨される修復策とともに、不正プログラムと脆弱性をスキャン
  • セキュリティ要件を満たすイメージを自動的に本稼働/実行環境に導入可能

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

IDC Japan: 国内サーバ向けウイルス対策製品市場シェア No.1

Gartner Market Guide for Cloud Workload Protection Platforms

※ 出典: IDC Japan, 国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策

セキュリティチームのための
ソリューションについてさらに詳しく

ひとつのソリューションで 複数の環境を保護

Deep Securityは、トレンドマイクロのハイブリッドクラウドセキュリティの中心製品として、DevOpsプロセスでのセキュリティを自動化し、最新技術と実績ある技術を組み合わせたXGenセキュリティアプローチによって、物理、仮想、およびクラウド環境、コンテナを保護するほか、開発フェーズでコンテナイメージをスキャンします。

ひとつのコンソールで様々なセキュリティ機能を管理し、AWS、Docker、Microsoft Azure、VMwareなどの主要な環境を可視化します。