Trend Micro Cloud One

セキュアなAWS環境を

アマゾンウェブサービス(AWS)環境に対し、Trend Micro Cloud One™(CloudOne)が、より適切なセキュリティを提供します。

AWSとの共催Webinarなど、
Trend Micro Cloud One™ on AWSに関する情報はこちら

NEWS

AWSをはじめとするクラウドインフラへのセキュリティに関する最新情報をお知らせします。
またコンプライアンス遵守やサーバ管理など、運用に役立つ情報もリリースしていきます。

AWS Network Firewallで無償でご利用いただけるトレンドマイクロのIPSルールと、Cloud One - Network Securityの違いについてご紹介します。

【公開日:2022年05月18日】

AWS Summit Online 2022は5月25日、26日に開催を予定しています。トレンドマイクロのセッション内容と、トレンドマイクロが後援しているAWS Security Jamについてご紹介します。

【公開日:2022年04月28日】

トレンドマイクロではクラウド環境保護するだけでなく、活用もしています!

今回は、脅威リサーチにフォーカスしたデータ処理や分析環境について紹介します。
【公開日:2022年03月30日】

Cloud OneによるセキュアなAWS運用事例

Cloud One、Deep Securityをご利用いただいているお客さま事例を紹介します。その他の事例につていは導入事例をご覧ください。

株式会社NTTドコモ
株式会社リコー

Trend Micro Cloud One

サーバレスやコンテナなど、さまざまなAWS環境のセキュリティを
まとめてシンプルに運用を。

Cloud Oneは以下のAWS環境を守る6つのセキュリティ製品を1つの単一プラットフォームで提供します。ベンダーの違う製品を複数契約すると、それぞれの運用体制を構築する必要がありますが、Cloud Oneは単一プラットフォームで提供されるため、運用をよりシンプルにすることができます。

5分で分かる!Trend Micro Cloud One on AWS

クラウドワークロードおよびコンテナの保護
Workload Security

Amazon EC2の多層防御を実現し、脆弱性管理に関わる運用負荷を軽減。

Amazon EC2にソフトウェアとしてインストールすることで、アンチウイルスや脆弱性対策をはじめとしたサーバセキュリティに必要とされる7つの機能を提供。また、推奨設定検索機能により、適切な脆弱性対策を自動で施し、脆弱性管理に関わる運用負荷を軽減します。

サーバーレスおよびアプリケーションの保護
Application Security

Webアプリケーションにセキュリティ機能を実装。コンテナやサーバレス環境をよりセキュアに。

RASP(Runtime Application Self Protection)方式を採用、 アプリケーション自身にセキュリティを実装することで、アプリケーションを保護します。ホストにセキュリティソフトウェアのインストールができないコンテナマネージドサービスやサーバレス環境にセキュリティを施すことができます。

クラウド向けネットワークIPSNetwork Security

脆弱性を狙う攻撃から、ネットワーク経路上でAmazon VPCを丸ごと保護。

AWS環境上に構築可能なネットワーク型 IPS 製品。外部からの脆弱性を利用した攻撃通信の遮断はもちろん、システム内での脅威拡散の防止も実現。ソフトウェアではなくネットワーク系路上に設置するタイプなので、サーバ個別のチューニングが必要なく、IPSの運用負荷を軽減します。

ビルドパイプラインでのコンテナイメージスキャン
Container Security

脅威が潜むコンテナイメージを早期検出し開発手戻りを最小化。

レジストリに保存されているコンテナイメージに対してスキャンを実施して、脆弱性や不正プログラムなどを検知しリスクを可視化。セキュリティが後付けではなく、DevOpsにセキュリティを組み込むことが可能となり、セキュアなDevOps環境の実現を支援します。

クラウドストレージの不正プログラムスキャン
File Storage Security

Amazon S3に侵入するマルウェアを検知・駆除。システム内でのマルウェア拡散を防止。

Amazon S3にアップロードされるファイルに対してウイルススキャンを実施。ファイル共有やWeb用にAmazon S3を利用している場合、ここを起点としたマルウェアの拡散を防止することができます。

クラウドの設定不備を可視化、コンプライアンス対応支援
Conformity

AWS環境の設定不備・設定ミスを検知しリスクを可視化。

AWS Well-Architected Framework をベースとして、500 個以上のルールで設定不備やコンプライアンス状況を可視化し、修復方法を提示します。これによりユーザは予期せぬ設定不備を早期に発見し、修復することが可能となります。

AWSと共著のホワイトペーパーを公開中

AWSとトレンドマイクロの共著で作成したホワイトペーパーを公開しております。

まずは体験してください。
30日の体験期間中、すべての機能を制限なく利用いただけます。

お問合せはこちら

Copyright © 2022 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.