Defend your AWS workloads

Deep SecurityでセキュアなAWS環境を

アマゾンウェブサービス(AWS)環境に対し、Trend Micro Deep Security™(Deep Security)が、より適切なセキュリティを提供します。

クラウドセキュリティをシンプルに

home-icon

セキュリティ機能

不正プログラム対策、Webレピュテーション、IPS/IDS(侵入防御)、ファイアウォール、ファイル変更監視、セキュリティログ監視といった6つの機能でAWS環境を守ります。

home-icon1

AWSとの親和性

クラウド特有のAuto Scaling機能により増減するインスタンスにもシームレスにセキュリティポリシーを適用します。
また、Amzon Management Console との管理コンソールの連携が可能です。

home-icon3

ライセンス

Deep Securityのライセンスはインスタンス単位での課金となります。また必要な機能に応じて購入できるよう、複数のラインナップを用意しています。

AWSの責任共有モデル

AWSの責任共有モデル

AWSでは、AWSの責任でセキュリティ確保がされている一方で、AWSユーザの責任で、以下のセキュリティ対策を実施することが求められる責任共有モデルが採用されています。

AWSの責任共有モデル

AWS環境を安全に運用するためには、この責任共有モデルを理解し、適切なセキュリティ対策を施すことが大切です。

Deep SecurityによるセキュアなAWS運用事例

Deep Securityをご利用いただいているお客さま事例を紹介します。その他の事例につていは導入事例をご覧ください。

旭硝子株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社ローソン
株式会社リコー

AWS環境のセキュリティ検討に役立つ情報

AWSをはじめとするクラウドインフラへのセキュリティに関する最新情報をお知らせします。またコンプライアンス遵守やサーバ管理など、運用に役立つ情報もリリースしていきます。

クラスメソッド様作成の「DevSecOps」に関するホワイトペーパー内で、Trend Micro Deep Security on AWS環境での DevSecOpsユースケースを掲載いただきました。ダウンロードはこちらから可能です。
【公開日:2018年6月6日】
「DevSceOps」を実現するAWSサービスとDeep Securityを活用した「セキュリティオートメーション」。
野村総合研究所(NRI)様とトレンドマイクロでの共同実証について記事が掲載されました。
【公開日:2018年6月6日】
5月30日から3日間行われましたAWS Summit Tokyo 2018の出展レポートとなります。当日のセッションを見逃してしまった方へのWebinarもご案内しています!
【公開日:2018年6月5日】
最新バージョンDeep Security11.0では高度化する脅威への防御力とクラウド環境への対応を強化がされます!
【公開日:2018年4月23日】
AWS Marketplaceで販売されているTrend Micro Managed Rules for AWS WAFについて詳細をご紹介させていただきます。
【公開日:2018年4月17日】
AWS Summit Tokyo 2018 に最上位スポンサーであるPlatinum Sponsor として協賛致します。
5/31 13:00~「クラウドエンジニアが本音で語る! NTTドコモはAWSのセキュリティをこう考えた」、
6/1 15:00~「DevSecOps時代のCloud Security!AWSとトレンドマイクロでどう実現するのか?」の2つのセッションもございます。
ぜひご登録ください!
【公開日:2018年4月17日】

まずは体験してください。
30日の体験期間中、すべての機能を制限なく利用いただけます。

AWS環境でDeep Securityが選ばれる3つの理由

AWS環境おけるセキュリティの考え方から、Deep Securityが選ばれる理由を動画でわかりやすく解説します。

お問い合わせ窓口一覧

メールでのお問い合わせ
aws@trendmicro.co.jp

Copyright © 2018 Trend Micro Incorporated. All rights reserved.