InterScan WebManager™

優先指定付き3次元カテゴリと出口対策の次世代URLフィルタ

概要

「見せたくないサイトを指定」するだけでなく、ホワイト系カテゴリを追加して網羅性を高めました。3次元カテゴリによるきめ細やかな制御によって、管理性も向上しています。最新の不正サイト情報を継続的にリスト化し、有害サイト閲覧リスクを継続的に軽減しています。

特長 

国内の主要携帯キャリアで利用されているURLフィルターリストを利用(※1)
日本国内で開発された高精度なURLデータベースを使用。日本の文化・法令を考慮し、外見だけでなくサイトで行われている行為までチェックしリストアップしています。日本国内での利用向けに最適化され、また中国をはじめとした世界のWebサイトを対象としています。

※1 2016年ネットスター社調べ

主なメリット

ひとつのURLで最大3つのカテゴリ。3次元カテゴリで優先指定
従来の単一軸の分類と異なり、サイト内容により分類されたカテゴリ軸(X軸)とITなどの機能から分類されたカテゴリ軸(Y軸)を用意し縦横マトリックスを形成。交差する部分でどちらを優先するか指定が可能で、例外処理数を軽減します

ホワイト系カテゴリを追加し網羅率を向上、より正確で柔軟に管理
「不法」「アダルト」など規制対象カテゴリだけではなく、新たに分類されたホワイト系カテゴリを追加し、Webアクセスの網羅率を大幅に向上しました。組織のアクセスを正確に可視化し、リスク対策に活用できます

出口対策を含む不正サイト情報をリスト化、リスクを大幅に軽減
標的型攻撃で約6割を占めるhttp(s)通信を出口対策し、bot-netを無力化します。攻撃に使用されるC&Cサーバや不正なサイトは、Webレピュテーションとは別ソースとして、(株)セキュアブレイン、独立行政通信研究機構から毎日1回以上提供され、URLデーターベースに配信されます。

システム要件

InterScan WebManager 8.5 SP2 システム要件

Windows版

OS (32ビット)
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise SP2
OS (64ビット)
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise SP2
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise SP1
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2012 Standard
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard
CPU
  • Intel Pentium 4以上
メモリ
  • 2GB以上
ディスク容量
  • 1GB以上の空き領域(ログ用領域を除く)

※ ここに記載されていないエディションで不具合が生じた場合は、上記の環境で再現した場合に対応します。
※ サポートするエディションは、Standardエディションと同等の機能を備えているものを基準とします。

Linux版

OSおよびPatch (32ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 6
OSおよびPatch (64ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
CPU
  • Intel Pentium 4以上
メモリ
  • 2GB以上
ディスク容量
  • 1GB以上の空き領域 (ログ使用領域を除く)

Solaris版(ISWM 8.5 SP1対応。8.5SP2には対応しておりません)

OSおよびPatch (64ビット)
  • SPARC版 Solaris 10 日本語環境
    Patch: Recommended OS Patchset Solaris 10 SPARC(2005/03~2013/01)
  • SPARC版 Solaris 11.1 日本語環境
    Patch: Solaris 11.1 SRU 5.5
    gcc-45-runtime
CPU
  • Sun Ultra SPARC T1 同等以上
メモリ
  • 2GB以上
ディスク容量
  • 1GB以上の空き領域 (ログ使用領域を除く)

仮想環境を使用する場合

InterScan WebManagerが対応しているOSを、ゲストOS上で動作保証している仮想環境
※ 仮想環境固有の問題を除いてはサポート対応可能です。

接続するクライアント側の動作確認状況

インターネット接続時にプロキシの設定ができるブラウザ。
次のブラウザでの動作を確認済みです。

  • Windows
    [ブラウザ]
    Internet Explorer 9.0/10.0/11.0 (Microsoft)
    Microsoft Edge (Microsoft)
    Firefox (Mozilla)
    Chrome (Google)
  • Macintosh
    [OS]
    Mac OS X (v10.10 推奨)
    [ブラウザ]
    Safari v9 on Mac OS (Apple)
  • iPhone/iPad
    [OS]
    iOS
    [ブラウザ]
    Safari v9 on iOS iPhone/iPad (Apple)
    ※ HTTPとHTTPSのWi-fiプロキシのみ対象
  • Android
    [OS]
    Android (v5.0推奨)
    [ブラウザ]
    ブラウザ(com.android.browser)
    Chrome for Android(com.android.chrome)

※ Internet Explorerは各OSがサポートする最新バージョンに対応します。

LDAP連携時に使用できるLDAPサーバの要件

  • Active Directory:Windows Server 2008 (SP2推奨)
  • Active Directory:Windows Server 2008 R2 (SP1推奨)
  • Active Directory:Windows Server 2012
  • Active Directory:Windows Server 2012 R2
  • OpenLDAP 2.4.35
  • Oracle Directory Server Enterprise Edition 11 g R2

※ Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012および Windows Server 2012 R2では、Active Directoryドメインサービス(AD DS)が必要です。Active Directoryライトウェイトディレクトリサービス(AD LDS)には対応していません。

NTLM認証を行う場合のクライアント側の要件

Internet Explorer 9.0/10.0/11.0、Chrome が必要です。
※ Internet Explorerは各OSがサポートする最新バージョンに対応します。

ICAPクライアントについての要件

  • Blue Coat Systems SGOS 5.4~5.5,6.4,6.5
  • Squid 3.1~3.5

※ ISWM for ICAPはLinux/Solaris環境でご利用いただけます。

SSL Access Controllerを使用する場合

OS
  • Windows Vista Ultimate / Business SP2 (日本語32bit版)
CPU
  • Intel Pentium / Celeron 系 1GHz 以上
メモリ
  • 256MB 以上 (Windows 7は1GB 以上)
対応Webブラウザ
  • Internet Explorer 9.0

記載内容は2016年10月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。