ServerProtect™ for Linux

Linuxサーバにおけるリアルタイムな不正プログラム対策

 

概要

Linuxベースのサーバは、Microsoft Windowsなどの他のOSで実行しているクライアントと頻繁に情報をやりとりします。Linuxサーバには、Windowsなどのプラットフォームで使用するために作成されたファイルが保管されています。また、Linuxプラットフォームの人気が高まるにつれて、Linuxサーバを標的にしたウイルスなどの不正プログラムが増加しています。Linuxの世界のサーバ市場での増加に伴い、Linuxへの攻撃頻度が高まり、被害も深刻さも増しています。そのため、Linuxベースのサーバを不正プログラムに感染したファイルから保護することが企業のセキュリティ対策において必要不可欠となっています。

ServerProtect for Linuxは、企業のWebサーバやファイルサーバをリアルタイムに保護し、ウイルスやスパイウェア、そのほかのWebからの脅威がLinuxサーバを経由して社内外のエンドポイントに広まることを防ぎます。また、ServerProtectの直感的なWebコンソールを使用すると、ウイルス/不正プログラム検索、パターンファイルの更新、イベントのレポート、設定などを一元的に行うことができます。

ソフトウェア

保護の対象

  • Linuxファイルサーバ

脅威対策

  • ウイルス
  • スパイウェア

主な機能

強力なウイルス/スパイウェア対策 

  • リアルタイムでウイルスを検索、検出、削除
  • 強化されたスパイウェア検出/削除機能
  • 信頼性の高い検索エンジン
      

パフォーマンスと柔軟性の向上

  • リアルタイム検索、手動検索、予約検索ではマルチスレッド化された最新の検索エンジンを使用してパフォーマンスを最大限に高め、カーネルレベルの検索によりパフォーマンスの低下を最小限に抑えます。
  • 検索処理中のCPU使用率を調整できるため、ユーザはパフォーマンス低下と検索時間のバランスを取ることができます。
  • カーネルフックモジュールは、General Public Licenseとして公開されており、お客さまは使用中のカーネルバージョンに合わせてリコンパイルして利用できます
  •  

ウイルス対策ポリシーの遵守

  • ウイルス対策ポリシーを徹底するため、ウイルスパターンファイルや検索エンジンの自動更新によって各サーバでのアップデートを促進します。
  • 管理者は、メール通知やSNMPトラップを介してウイルスやプログラムのイベントを常に知ることができます。
     

集中管理とレポート機能

  • 脅威対策の一元的な管理コンソールであるTrend Micro Control Managerとシームレスに連携します。
  • 攻撃情報、ポリシー配信、パターンファイルと検索エンジンの導入、ポリシー実施のレポートなどを集中管理します。
  • コンポーネントの自動更新でメンテナンス作業を軽減します。

主なメリット

  • 混在環境における包括的な脅威対策
  • カーネルレベルのマルチスレッド検索で高いパフォーマンスを実現
  • 企業のウイルス対策ポリシーの遵守を確保
  • 一元的な管理とレポート機能による管理のシンプル化
  • さまざまなLinuxプラットフォームに対応

サーバセキュリティを強化するために

ServerProtectは、ウイルス対策を主眼としたサーバ向けセキュリティ対策製品ですが、標的型サイバー攻撃からサーバを守るためには、脆弱性対策や多層防御のアプローチが必要です。Trend Micro Deep Security™(以下、Deep Security)はサーバセキュリティに必要な複数の機能を1つの保護モジュールに実装した総合サーバセキュリティ対策製品であり、脆弱性対策や多層防御の観点から、より堅牢なサーバセキュリティにはDeep Securityをおすすめします。

システム要件

リアルタイム検索機能の動作に関する注意

お使いのOSに適切なカーネルフックモジュール(以下、KHM)がインストールされていない場合、リアルタイム検索が無効になります。但し、KHMが無い場合でもリアルタイム検索機能以外の動作はサポートされます。
必要なKMHがパッケージに含まれていない場合や、その他の正式公開されたKHMについては、トレンドマイクロの下記Webサイトを参照してください。
また、公開されていないKHMのサポートを希望される場合は、下記のページに記載されている方法でKHMをリクエストできます。

詳しくはKHM 対応状況および、リクエストフォームをご参照ください

なお、 ServerProtectインストールパッケージに含まれるオープンソースコードを使用して、お使いのLinuxシステムにKHMを構築することもできます。 ただし、お客さまご自身で構築されたKHMについてはトレンドマイクロではサポートいたしておりません。

詳しくはリアルタイム検索を実行するための設定と操作方法をご参照ください

注意:各ディストリビューションで公開されているオフィシャルカーネルでない場合や、
hotfixカーネル等の特殊なカーネルについてもサポートいたしておりませんので、
対応致しかねます。予めご了承ください。

ServerProtect for Linux 3.0

CPU
  • Intel Pentium II 以上のプロセッサ
  • AMD Athlon またはそれ以上のプロセッサ
RAM
  • 512MB 以上 (アプリケーションサーバ/ファイルサーバには 1GB 推奨)
ハードディスク
  • 250MB の空き容量 (/opt ディレクトリで使用) (※1)
  • 250MB の空き容量 (/tmp ディレクトリで使用) (※1)
  • 300MB の空き容量 (/opt ディレクトリで使用) (※2) (※3) (※4)
  • 300MB の空き容量 (/tmp ディレクトリで使用) (※2) (※3) (※4)
対応 OS (※5) (※6)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (Server、Desktop) (i686, x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (Server、Desktop) (x86_64)
  • SUSE Linux Enterprise 11 (Server、Desktop) (i686, x86_64)
  • SUSE Linux Enterprise 12 (Server) (x86_64)
  • CentOS 6 (i686, x86_64)
  • CentOS 7 (x86_64)

ServerProtect for Linux の OS サポートポリシーについてはこちら

Fault Tolerant サーバ

NEC ft サーバ Express5800 / 320Fb-L, 320Fb-LR (MIRACLE LINUX 対応モデル)

Web ベースの管理コンソール
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 以上
  • Mozilla 1.7 以上
  • Mozilla Firefox 1.0 以上
  • バージョン 3.5 Patch 3 以上

[注意]:
Server ProtectのWebコンソールにアクセスするには、Java 2 Runtime Environment 1.4.2_01以上(32bit)が必要です。Java Runtime Environmentがインストールされていない場合、プロキシサーバ、Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)サーバ、または SMTP サーバのパスワード設定用のパスワード暗号化が機能しません。

Quick Access コンソール用X Window

KDE 3.3 以上

Trend Micro Control Manager

バージョン 6.0

仮想環境について

あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。(※7)

必要なインストールパッケージ

■RHEL6 サポート版、CentOS6 サポート版(※4)

  • glibc-2. 12-1.7.el6 .i686
  • zlib-1.2 .3-25.el6. i686
  • compat-libstdc++-296-2.96-144.el6.i686
  • libuuid-2.17.2-6.el6.i686
  • nss-softokn-freebl-3.12.7-1. 1.el6.i686
  • libgcc-4.4.4-13.el6.i686

■RHEL7 サポート版

  • glibc-2.17-55.el7.x86_64
  • zlib-1.2.7-13.el7.x86_64
  • compat-libstdc++-33-3.2.3-71.el7.x86_64
  • libuuid-2.23.2-16.el7.x86_64
  • nss-softokn-freebl-3.15.4-2.el7.x86_64
  • libgcc-4.8.2-16.el7.x86_64
  • perl-Sys-Syslog-0.33-3.el7.x86_64

※1 CentOS_SUSE11 サポート版
※2 RHEL6 サポート版、RHEL7 サポート版
※3 CentOS6 サポート版、CentOS7 サポート版
※4 SUSE12 サポート版
※5 64bit OS をご使用の場合も必要なパッケージは 32bit 版になります
※6 ご利用のディストリビューションおよびバージョンによって使用するインストールプログラムが異なります。必要なインストールプログラムはダウンロードサイトにてご確認ください。
※7 仮想環境上で動作するトレンドマイクロ製品のサポートについての詳細はサポートページをご覧ください。

記載内容は2017年11月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。