ServerProtect™ for EMC
ServerProtect™ for NetApp
ServerProtect™ for Storage on NetApp

不正プログラムからストレージ上の情報を保護

高性能な保護と自動更新

ストレージ向けのServerProtectは、最新の脅威に対応したパターンファイルを利用したリアルタイムスキャンで、ネットワークストレージの環境を保護します。

  • 不正プログラム検索エンジンでウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬からデータを保護
  • 複数のストレージサーバにわたる高性能なセキュリティ検索
  • 最新パターンのリアルタイムスキャンによるNASデータの保護

一元的な管理とレポート機能

ストレージ向けのServerProtectの一元的なWebベースの管理コンソールにより、管理者は、すべてのストレージデバイスのセキュリティをシンプルに管理できます。

  • サーバのセキュリティステータスの集中監視
  • きめ細かい管理ツールによるコントロール
  • 危険な活動を特定する包括的なログとレポート
  • エクスポートも可能な、不正プログラム対策イベントの統計情報
  • 通知システムの自動化による応答時間の短縮

検索の自動化と保護の最適化

設定、検索、パターンファイルやプログラムファイルの更新、ウイルスログの収集、リアルタイム検索のパラメータ設定などのセキュリティのメンテナンス作業を自動化します。

  • 圧縮ファイルの検索と対処
  • スケジュールされた検索タスクを分割してリソースへの影響を軽減
  • 手作業を最小限に減らして管理コストを削減

不正プログラム対策

  • 可用性と拡張性に優れたスキャンサーバ
  • スキャンサーバは物理環境と仮想環境のどちらでも使用可能

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

ガートナー マジック・クアドラント"エンドポイント保護プラットフォーム"において15年連続でリーダーに位置づけられる(※1)

企業向けサーバセキュリティ分野のシェアNo.1
(2009年より)(※2)

※1 本リサーチは、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、発行物全体のコンテクストにおいてご覧いただく必要があります。ガートナーの発行物は、リクエストにより トレンドマイクロからご提供することが可能です。GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 
出典:Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, January 30, 2017, Eric Ouellet, Ian McShane, Avivah Litan

※2 出典:IDC, Nov 2016 “Worldwide Endpoint Security Market Shares, 2015: Currency Volatility Headwind”(US41867116)

Hybrid Cloud Security

多くのお客さまがTrend Micro Hybrid Cloud Securityを使用して、サーバとストレージデバイスを保護しています。トレンドマイクロは先進技術と高い実績を融合した(クロスジェネレーション)防御アプローチ、XGenセキュリティを活用しデータとサーバに必要な保護を提供します。

ストレージサーバ以外のサーバセキュリティには、Trend Micro Deep Securityをおすすめします。

システム要件

ご利用いただくソフトウェアプログラムは、ServerProtect for EMC となります。

インフォメーションサーバ

CPU
  • 3.0GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition Edition(SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition SP1(SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPCサービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。これらのサービスはインストール済みのコンピュータで実行される必要があります。
※ ServerProtectのインフォメーションサーバと一般サーバ間でのコンポーネントアップデートの配置を最適化するために128Kbps以上の帯域幅をお勧めします。
※ RPC over 名前付きパイププロトコルまたはRPC over TCPが機能しない場合、自動的に別のプロトコルである名前付けパイプまたはTCPに切り替えられます。
※ Windows Serverを管理するには、インフォメーションサーバがインストールされている必要があります。

スキャンサーバ (一般サーバ)

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter edition(SP2/R2 SP2)(x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition(SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1/2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPC サービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。

管理コンソール

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)

サーバ環境

メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition (SP2\R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition

クライアント環境

メモリ
  • 512MB (最小)、1GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows XP Professional SP2/SP3 (x86)
  • Microsoft Windows XP Professional SP2/SP3 (x64)
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x86)
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x64)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x86)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x64)
  • Microsoft Windows 8/Professional/Enterprise (x86)
  • Microsoft Windows 8/Professional/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 8.1/Professional/Enterprise (x86)
  • Microsoft Windows 8.1/Professional/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 10 Professional/Enterprise (x64)
ハードディスク空き容量
  • 500MB
その他 ※ 解像度1024x768以上のモニタ
※ CD-ROMドライブ
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPC サービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。

EMC / VNX

※ Celerra NAS 2.2.39.1以上
※ x86プラットフォームを使用する場合、ServerProtect一般サーバのインストール先となるコンピュータ上に、Celerra Antivirus Agent (CAVA) 2.2.4以上がインストールされている必要があります。
※ x64プラットフォームを使用する場合、ServerProtect一般サーバのインストール先となるコンピュータ上に、Celerra Event Enabler (CEE、旧称はCAVA) 4.5.0.4以上がインストールされている必要があります。 注意: 32ビットプラットフォームと64ビットプラットフォームでは、CEEが異なります。互換性の問題を回避するには、OSバイナリに対応したCEEをインストールしてください。
※ EMC VNX Storage System NAS 7.0以上
※ ServerProtect一般サーバのインストール先となるコンピュータ上に、VNX Event Enabler (VEE) 4.6.8以上がインストールされている必要があります。
注意: 32ビットプラットフォームと64ビットプラットフォームでは、VEEが異なります。互換性の問題を回避するには、OSバイナリに対応したVEEをインストールしてください。

仮想環境について

あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに 対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。 仮想環境上で動作するトレンドマイクロ製品のサポートについての詳細はサポートページをご覧ください。

注意:システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。最新の情報については弊社の「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。

記載内容は2017年1月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

インフォメーションサーバ

CPU
  • 3.0GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition Edition(SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition SP1(SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPCサービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。上記のサービスはインストール済みのコンピュータで実行される必要があります。
※ ServerProtectのインフォメーションサーバと一般サーバ間でのコンポーネントアップデートの配置を最適化するために128Kbps以上の帯域幅をお勧めします。
※ RPC over 名前付きパイププロトコルまたはRPC over TCPが機能しない場合、自動的に別のプロトコルである名前付けパイプまたはTCPに切り替えられます。
※ Windows Serverを管理するには、インフォメーションサーバがインストールされている必要があります。

スキャンサーバ (一般サーバ)

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz EM64T Intelプロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter edition(SP2/R2 SP2)(x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition(SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1/2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPCサービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。

管理コンソール

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)

サーバ環境

メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard/Enterprise/Datacenter Edition (SP2/R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2003 Standard/Enterprise Edition (SP2\R2 SP2) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Web Edition (SP1含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 (SP1/SP2含む) (x86/x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup Edition
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup Edition
  • Windows Server 2016 Essentials Edition
  • Windows Server 2016 Standard Edition
  • Windows Server 2016 Datacenter Edition
  • Windows Storage Server 2016 Standard Edition
  • Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition

クライアント環境

メモリ
  • 512MB (最小)、1GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows XP Professional SP2/SP3 (x86)
  • Microsoft Windows XP Professional SP2/SP3 (x64)
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x86)
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x64)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x86)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x64)
  • Microsoft Windows 8/Professional/Enterprise (x86)
  • Microsoft Windows 8/Professional/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 8.1/Professional/Enterprise (x86)
  • Microsoft Windows 8.1/Professional/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 10 Professional/Enterprise (x64)
ハードディスク空き容量
  • 500MB
その他 ※ 解像度1024x768以上のモニタ
※ CD-ROMドライブ
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPC サービスがWindows Server ファミリ OS で実行されている必要があります。

NetApp®ファイラーおよびHitachi NAS

ServerProtectと通信するには、NetApp®ファイラーおよびHitachi NASでウイルス対策機能が有効で、 RPCエージェントが実行されている必要があります。

NetApp(R)ファイラーOS:

  • Data ONTAP 7.x (※1)
  • Data ONTAP 8.x (※1)
  • ONTAP 9.x (※1,2)

※1 ストレージメーカーでのサポートが終了しているバージョンのOSをお使いで、バージョン固有の問題が見つかった場合、問題の解決策または回避方法を弊社より提供できない場合があります。
※2 ServerProtect for Storage on NetApp は ドメイン環境での動作を推奨しております

注意: NetApp®のCluster-Mode Antivirus Connector (Clustered Data ONTAP Antivirus Connector)は、Windows Server 2003にインストールできません。一般サーバーがインストールされている、Windows Server 2003より新しいバージョンのWindows コンピュータにインストールしてください。

Hitachi NAS Platform (HNAS)

  • HNAS formware 7.0.x
  • HNAS formware 8.1.x

最適な検索パフォーマンスを実現するには、NetApp®ファイラーまたはHitachi NASとスキャンサーバとの間において1Gbps以上の帯域幅で接続することをお勧めします。

注意: Server Protectのインストール先のコンピュータがWindows Server 2008以降で稼働されている場合は、NetApp®ファイラーとスキャンサーバを特定の指定ドメインに追加し、それらのIPアドレスを正引きゾーンと逆引きゾーンに追加します。 さらに、ファイラーとスキャンサーバが異なるドメイン内にある場合は、ドメインの信頼関係を設定することで、それら2つのドメインを信頼リストに追加する必要があります。
注意: ウイルス検索オプションをサポートするには、スキャンサーバをHitachi NASと同じドメインに配置する必要があります

仮想環境について

あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに 対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。
仮想環境上で動作するトレンドマイクロ製品のサポートについての詳細はサポートページをご覧ください。

注意:システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。 最新の情報については「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。

記載内容は2017年1月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます

インフォメーションサーバ

CPU
  • 3.0GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 2008 Server Core
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Server 2016 Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2016 Standard/Workgroup (x64)
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPCサービスがWindows ServerファミリOSで実行されている必要があります。
※ 前述のサービスはインストール先のコンピュータで実行されている必要があります。ServerProtectのインフォメーションサーバと一般サーバ間のコンポーネントアップデートの配信を最適化するため、128Kbps以上の帯域幅を使用することをお勧めします。名前付きパイププロトコル経由またはTCP経由のRPCが機能しない場合は、もう一方のプロトコル (名前付きパイププロトコルまたはTCP) に自動的に切り替えられます。Windows Serverを管理するには、インフォメーションサーバがインストールされている必要があります。

一般サーバ

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)
メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 2008 Server Core
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Server 2016 Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2016 Standard/Workgroup (x64)
ハードディスク空き容量
  • 1GB
その他 ※ ローカルにインストールする場合はCD-ROMドライブが必要です。
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPCサービスがWindows ServerファミリOSで実行されている必要があります。

管理コンソール

CPU
  • 2.5GHz Intel Pentium 4プロセッサ
  • 3.0GHz Intel EM64T プロセッサ
  • 2.0GHz AMD Athlon 64ビットプロセッサ (または同等)

サーバ環境

メモリ
  • 1GB (最小)、2GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard/Enterprise (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 2008 Server Core
  • Microsoft Windows Server 2012 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Foundation/Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2012 R2 Standard/Workgroup (x64)
  • Microsoft Windows Server 2016 Essentials/Standard/Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Storage Server 2016 Standard/Workgroup (x64)

クライアント環境

メモリ
  • 512MB (最小)、1GB (推奨)
OS
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x86)
  • Microsoft Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP1 (x64)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x86)
  • Microsoft Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate (x64)
  • Microsoft Windows 8 Professional/Enterprise (x86)
  • Microsoft Windows 8 Professional/Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 10 Professional/Enterprise (x64)
ハードディスク空き容量
  • 500MB
その他
※ 解像度1024x768以上のモニタ
※ CD-ROMドライブ
※ ネットワークプロトコルおよびサービス: TCP/IP、Microsoft Network、およびRPC サー ビスがWindows Server ファミリOS で実行されている必要があります。

ストレージデバイス

Data ONTAP 7.x、8.x、または9.x を実行するNetApp ストレージデバイスおよびそのOEM 製品(※1,2)

※1 ストレージメーカーでのサポートが終了しているバージョンのOSをお使いで、バージョン固有の問題が見つかった場合、問題の解決策または回避方法を弊社より提供できない場合があります。
※2 ServerProtect for Storage on NetApp は ドメイン環境での動作を推奨しております。

Trend Micro Control Manager

Trend Micro Control Manager (以下、Control Manager) 6.0

NetApp® ファイラー

最適な検索パフォーマンスを実現するには、NetApp® ファイラーとスキャンサーバとの間において1Gbps以上の帯域幅で 接続することをお勧めします。

注意: Server Protectのインストール先のコンピュータがWindows Server 2008以降で稼働されている場合は、NetApp® ファイラーとスキャンサーバを特定の指定ドメインに追加し、それらのIPアドレスを正引きゾーンと逆引きゾーンに追加します。 さらに、ファイラーとスキャンサーバが異なるドメイン内にある場合は、ドメインの信頼関係を設定することで、それら2つのドメインを信頼リストに追加する必要があります。

仮想環境について

あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに 対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。 仮想環境上で動作するトレンドマイクロ製品のサポートについての詳細はサポートページをご覧ください。

注意: システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります

記載内容は2017年1月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます