クラウド環境のセキュリティ

クラウドに最適化されたソリューションで
パフォーマンスを損なわずにワークロードを自動的に保護

クラウドセキュリティの責任共有モデル

AWS、Microsoft Azure、Googleなどのクラウドプロバイダは、多くのセキュリティ機能を実装しています。しかし、これらの多くはハイパーバイザーレベルより上のインフラストラクチャを保護するものです。クラウドプロバイダは、ユーザ側にもセキュリティの責任範囲を定めており、例えばIaaSの場合、ユーザがすべてのデータ、アプリケーション、そしてオペレーティングシステムに責任を持ち、そしてユーザ自身がそれらを保護する責任があるとしています。

Trend Micro Deep Security(以下、Deep Security)は、ひとつもしくは複数のクラウドプロバイダにまたがり、ハイパーバイザーより上のレイヤーを保護。インスタンスを自動で検出し、エージェントを展開することで、クラウド環境全体を可視化し、保護します。

クラウド向けに最適化された総合セキュリティ

Deep SecurityはAzure、AWS、Google CloudとのAPI連携を実現

クラウドテンプレート、クイックスタート、およびオーケストレーションツール用に生成されたスクリプトを使用して、自動的に展開されたDeep Securityエージェントがクラウド環境を保護します。

AWS logo
Azure logo
Google logo

サポート対象:

IBM Cloud logo
Oracle Cloud logo
VMware logo

スマートで柔軟なセキュリティ

Deep Securityは、自動的に導入できるホストベースの様々なセキュリティ機能を提供し、これらのソリューションとも連携します。

効率的なコンプライアンスの実践

クラウドでコンプライアンスを維持することは非常に困難です。以前よりもサーバとインスタンスが増えただけでなく、それらは一時的なオートスケールの場合もあり、数週間、数日、数時間の場合もあります。コンプライアンスを維持するには、クラウド環境を管理するセキュリティの導入が有効です。AWSとAzureは多くのコンプライアンス認定を保有していますが、クラウドユーザは責任範囲をユーザ自身で保護する必要があります。

Deep Securityはひとつの製品で多くの要件に対応し、監査証拠を効率的に収集して、継続的なコンプライアンスの実践を支援します。

コンテナ環境の保護

トレンドマイクロは、コンテナ環境全体を保護できるように最適化されたセキュリティを提供。CI/CDパイプラインに組み込まれたセキュリティが、DevOpsプロセスを邪魔せず、コンテナ環境を保護します。

DevOps向けAutomation Center

クラウドは、お客さまのビジネス速度に合わせて変化する極めて動的な環境です。Deep Securityは、新しいワークロードを自動的に検出して保護するため、クラウドのスピードを阻害しません。

トレンドマイクロのDeep Security Automation Centerは、DevOpsプロセスへセキュリティを組み込むために役立つAPIのレファレンスや、Java/Pythonなどの環境で利用可能なSDK、ドキュメントを簡単に検索できる専用Webサイトです。APIの利用によって手動プロセスは排除され、セキュリティプロセスの自動化が進むため、開発運用チームは強力なセキュリティを維持しながらアプリケーション開発に注力できます。

豊富なAPIにより、エージェントの展開、ポリシーの作成と更新、モニタリング、レポートの作成、およびセキュリティオーケストレーション(SOAR)が可能になります。

アナリスト企業・第三者機関による高い評価

IDC Japan:国内サーバ向けウイルス対策製品市場シェア No.1

Gartner Market Guide for Cloud Workload Protection Platforms

※ 出典: IDC Japan, 国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策

お客さまの声

株式会社NTTドコモ

「クラウドでは、最も普及している標準技術を使うのが理にかなった方法です。ですから、AWS上のセキュリティ対策にDeep Securityを使うのは当然のことで、それがAWSユーザにとっての最良の選択だと確信しています」詳細を読む

株式会社NTTドコモ
イノベーション統括部 クラウドソリューション担当
担当課長 博士(学術)
森谷 優貴 氏

導入事例一覧

クラウドのセキュリティについて、さらに詳しく

ひとつのソリューションで様々な環境を保護

Deep SecurityはトレンドマイクロのHybrid Cloud Securityソリューションの主要製品です。管理負荷を軽減し、様々な環境を保護します。

ひとつのコンソールで様々なセキュリティ機能を管理し、AWS、Docker、Microsoft Azure、VMwareなどの主要な環境を可視化します。