Hybrid Cloud Security

物理、仮想、クラウド、コンテナ環境における
セキュリティ管理の効率化と可視化

多様なセキュリティ機能をひとつのソリューションで

様々なワークロードとビルドパイプラインを対象とした複数のセキュリティ機能を使用して、攻撃者の侵入や悪意ある変更を防止および検出します。

スレットインテリジェンスに支えられたトレンドマイクロのソリューションは、多数のセキュリティ製品を利用することなく、コストの削減、複雑さの緩和、シンプルなセキュリティとコンプライアンスを支援します。

クラウド、仮想化、コンテナにわたって一貫した保護と可視性を実現し、セキュリティ課題を解消。レポート作成の複雑さの軽減にも貢献します。

トレンドマイクロのソリューションは、一元化された可視性と制御、迅速なインシデント対応、各環境やツールとの連携を提供。ライセンスも柔軟です。

DevOpsプロセスに組み込まれたセキュリティにより、開発パフォーマンスを低下させることなく、セキュアなアプリケーション開発を促進します。

パイプライン管理、展開や監視など、APIを使用することで、セキュリティをCI/CDパイプラインに連携して自動化。手動プロセスを削減します。

ソリューション

適用範囲を広げる

Deep Security Automation Center

Deep Security Automation Centerでは、セキュリティポリシーの設定や新たに稼働するコンピュータへのセキュリティ適用、脆弱性の発見とパッチ適用など、セキュリティ運用のルーチンワークを自動的に処理できるようAPIを提供。利用可能なAPIのレファレンスや、Java/Pythonなどの環境で利用可能なSDKなどを公開しています。

Connected Threat Defense

Connected Threat Defenseは、スレットインテリジェンスを次の領域で共有できるようにします。

  • トレンドマイクロのエンドポイント、Eメール、Web、およびネットワークセキュリティソリューション
  • SIEM: Splunk、SumoLogic、HP ArcSight、IBM QRadar
  • インフラストラクチャプロバイダのセキュリティソリューション: AWS WAF、AWS GuardDuty、Microsoft Operations Management Suite
  • セキュリティツール: Okta、Qualys、Amazon Macie
     

ハイブリッドクラウドセキュリティの統合

Deep SecurityとDeep Security Smart Checkによってお客さまのハイブリッドクラウド環境に導入するセキュリティ製品数を抑え、サポートおよび運用管理の工数を削減します。すべてのセキュリティ機能は、セキュリティ業界をリードするTrend Micro ResearchとTrend Micro Zero Day Initiativeによるスレットインテリジェンスによって強化されています。これはSmart Protection Networkを通じて提供されます。

Trend Micro Deep Security

ワークロードの保護(仮想、物理、クラウド、およびコンテナ)

  • ネットワークセキュリティ: 侵入防御 (IPS/IDS)、ファイアウォール
  • システムセキュリティ: アプリケーションコントロール、変更監視、ログ検査
  • 不正プログラム対策(機械学習型検索、振る舞い検知、ランサムウェア対策)およびWebレピュテーション
     

Deep Security Smart Check

ビルドパイプラインにおけるイメージスキャン

  • CI/CDパイプライン内での継続的にコンテナイメージをスキャン
  • マルウェア、脆弱性、およびプライベートキーやパスワードなどの機密情報をスキャンし、修復の推奨事項を提示
  • 許可されたイメージを本番環境へ展開

The Art of Cybersecurity

あらゆるモノがインターネットにつながる世界が到来し、爆発的なデータが毎秒生成されています。 その価値あるデータを狙うサイバー攻撃は後を絶ちません。 セキュリティ人材不足が叫ばれている中、複雑さを増す昨今の脅威は、混沌としており、より対処が難しくなっています。 そこで、お客さまが安心して本来の業務に専念できるようトレンドマイクロが取り組むのが「The Art of Cybersecurity」、 つまり、セキュリティの機能美の追求です。

お客さまの環境を選択

最新の仮想化環境を保護

ひとつのエージェントによる自動化されたポリシー管理や一元的な可視化を実現します。複数のセキュリティ機能を提供するソリューションは、セキュリティリスクに対処し、コストと工数を削減します。VMware仮想化環境 (NSXなどの最新環境を含む) や仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) に最適化したセキュリティを提供します。

クラウドのワークロードを防御

クラウドのメリットを最大限に活かしつつ、ワークロードを保護し、オートスケールによるインスタンスの増加時にも自動化された制御によってセキュリティを維持します。AWS、Microsoft Azure、およびその他のクラウドプロバイダの責任共有モデルにおいて、ユーザーの責任範囲を保護します。

セキュアイメージとコンテナ

API、自動化、開発プロセスに最適化されたソリューションを用いて、ハイブリッドクラウド全体でアプリケーションを保護します。コンテナホスト、コンテナの保護とともに、CI/CDパイプラインにセキュリティを組み込むことで、レジストリ内のイメージを開発時にスムーズにスキャンします。

ITアドバイザリ企業・第三者機関による評価

Gartner Market Guide for Cloud Workload Protection Platforms

IDC Japan: 国内サーバ向けウイルス対策製品市場シェア No.1

DevOpsのスピードを利用してハイブリッドクラウドのセキュリティを強化

※ 出典: IDC Japan, 国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策

Hybrid Cloud Securityについて、さらに詳しく