足利銀行、「金融機関向けインターネット不正送金対策サービス™」導入

~詐欺ツール感染調査・駆除など、利用者と銀行を包括的に保護~

2015年11月4日

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、株式会社足利銀行(本社:栃木県宇都宮市、取締役兼代表執行役頭取:松下 正直、以下、足利銀行)が、同行が運営する個人および法人向けのインターネットバンキング利用者と自行のセキュリティ強化対策として、トレンドマイクロの「金融機関向けインターネット不正送金対策サービス」を導入したことを発表いたします。足利銀行は、11月4日より、トレンドマイクロの「金融機関向けインターネット不正送金対策サービス」を利用した顧客向けサービスを開始します。

足利銀行では、インターネットバンキング利用者へ、安心・安全な利用を促進するために、ワンタイムパスワードの導入や、ID・パスワードの取り扱いに対する啓発など、様々な取り組みを実施しています。今回、足利銀行が導入したトレンドマイクロのサービスは、インターネットバンキング利用者および銀行の両者に対して、トレンドマイクロが培った技術、知見を活かしたセキュリティサービスをそれぞれ提供するものです。

足利銀行では、端末の調査や駆除における専門家のノウハウを必要としていました。そこで、利用者に対する技術的なサポートのみならず、利用者サービスの裏支えとなる自行へのセキュリティ対策強化支援など、セキュリティ専門家と連携した包括的なセキュリティ対策の底上げが実現することを評価し、本サービスの導入を決定しました。

<足利銀行インターネットバンキング利用者への提供サービス概要>
① 不正プログラムの駆除支援:万が一、不正プログラムへの感染が明らかになった際には、トレンドマイクロに設置した足利銀行専用窓口にご連絡いただくことで、専任エンジニアがリモートで利用者のPCの調査を実施し、感染端末からの不正プログラム駆除を支援します。
② 総合セキュリティソフトの導入支援:セキュリティ対策をしていない端末に対して、総合セキュリティソフトの最新版「ウイルスバスター クラウド 10」(90日期間限定版)を足利銀行のホームページより配布します。

<足利銀行への提供サービス概要>
① セキュリティ対策強化の支援:足利銀行のインターネットバンキング利用者のセキュリティ環境や問題点などに関する情報をトレンドマイクロより同行に適時提供し、対策強化を支援します。
② セキュリティに関する啓発活動支援:「インターネット セキュリティ ナレッジ」(※1)を活用したセキュリティ最新情報の提供を通し、足利銀行内のみならず利用者への注意喚起、および啓発活動を支援します。

トレンドマイクロと足利銀行は今後も連携を強化し、インターネットバンキング利用者に対してさらに安心・安全な利用を推進するべく、様々な取り組みを展開し支援してまいります。

■ 「金融機関向けインターネット不正送金対策サービス」の詳細: www.go-tm.jp/bank

■ 総合セキュリティソフト「ウイルスバスター クラウド 10」の詳細:http://safe.trendmicro.jp/products/vb.aspx

※1 「インターネット セキュリティ ナレッジの詳細:トレンドマイクロが運営するセキュリティ情報サイト。インターネットを使う全ての人にセキュリティ全般の知識を提供することを目的としています。 http://www.is702.jp/

※ TREND MICRO、ウイルスバスターおよびウイルスバスタークラウドは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。