製造業が取り組むべき工場セキュリティセミナー

昨今、製造業においてIoTやIndustry4.0を初めとした「つながる工場(スマートファクトリー)」の検討が始まっています。
また、製造業が開発・製造する自動車、家電、産業機器などもIoT機能を搭載するケースが増えています。
インターネットに接続される機器の数は増加する一方でサイバー攻撃やウイルス感染による稼働停止の被害も拡大しています。
本セミナーでは、製造業が取り組むべき工場セキュリティの概念や対策についてご紹介します。

開催概要

福岡

開催日時 2018年11月9日(金)14:00~17:00(13:30より受付開始)
主催社名 トレンドマイクロ株式会社
共催社名 安川情報システム株式会社
定員 30名
会場 TKP博多駅前シティセンター
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F カンファレンス5
会場地図

アジェンダ

時間 内容
13:30~14:00 受付
セッション1
14:00~14:45
工場担当者が今すぐ始めるサイバーセキュリティ対策
生産効率改善や障害予兆検知などを目的に、IoTやIndustry4.0をはじめとした「つながる工場(スマートファクトリー)」への取り組みが始まっています。
その一方でサイバー攻撃やコンピュータウイルス感染が原因となる稼働停止などのリスクも拡大しているためセキュリティ対策が必要となっています。本セッションでは、昨今の工場を取り巻く脅威の概況、企業が取り組むべき組織的な対応についてご紹介します。

トレンドマイクロ株式会社
業種営業推進グループ
大久保 修一
セッション2
14:45~15:30
工場の安定稼働を守るトレンドマイクロ ソリューションのご紹介
工場責任者や設備保全などの担当者にとっては新たなソフトウェアの導入や通信経路での装置の設置は安定稼働しているシステムへの影響が懸念され、どのようなセキュリティ対策をすれば良いのか判断が難しいところです。本セッションでは、安定稼働を守る上で、セキュリティ対策がなぜ必要なのか、既存環境に影響を与えず安定稼働を実現するためのトレンドマイクロのソリューションをご紹介します。

トレンドマイクロ株式会社
セキュリティエキスパート本部 プリセールスSE部
西日本SE課 赤崎 洋一
15:30~15:40 休憩
セッション3
15:40~16:25
どうやって始める?工場IoT化時代のサイバーセキュリティ対策
IoT化、スマート工場化が進み稼働機器が繋がり始めた昨今、工場責任者や生産技術本部の方は、ネットワークが「繋がる」ことで「サイバーリスクにも繋がる」ことを認識しながらも、何から手を付け始めてよいか戸惑うことも多いと思います。
本セッションでは、既存環境に影響を与えないセキュリティ対策の検討・また導入に向けたサイバーリスク対策予算を如何に獲得すれば良いか等についてご紹介します。

安川情報システム株式会社
マーケティング本部 事業推進部 寺西 輝高 氏
16:25~17:00 アンケート記入・質疑応答

本セミナーのお問い合わせ先

トレンドマイクロ株式会社 福岡セミナー事務局
E-mail:jp-fukuoka@trendmicro.co.jp