エンドポイントセキュリティ
Trend Micro Apex One™

事前予防と事後対処の実現
オンプレミス版に続き、SaaS 版の提供を開始

※ SaaS版の体験版については当社営業へお問い合わせください。

エンドポイントセキュリティの再定義

防御力の強化

Trend Micro Apex One™(以下、Apex One)は、ひとつのエージェントにエンドポイントに必要なセキュリティを集約。ファイルレスなど、巧妙化し続ける脅威に対して高度な検出と自動対処を提供します。先進技術と高い実績を融合により、強力なエンドポイント保護を実現します。  

調査と対処の強化

高度なEDR機能とセキュリティ業界をリードするスレットインテリジェンスにより、企業内ネットワークを迅速に可視化することで、被害端末や侵入プロセスの特定が可能。可視性に優れたコンソールはセキュリティ担当者に優れた洞察を与え、実施すべきアクションの理解に役立ちます。
※ EDR機能は別途ライセンスの購入が必要です。

柔軟な導入

Apex Oneは、お客さまの用途や環境にあわせて導入いただけるよう、オンプレミス版とSaaS版を提供しています。オンプレミス版とSaaS版の併用も可能であり、その際も単一のコンソールで管理可能です。また、ウイルスバスターコーポレートエディション XG SP1から容易に移行できます。

メールとエンドポイントのセキュリティはどの程度機能していますか?
アセスメントツールを使う

システム要件

Trend Micro (Apex One)
カスタマーからの評価

※Gartner Peer Insights Customers' Choice
 (Endpoint Protection Platforms部門)の1社に選出

Gartner, Peer Insights, Trend Micro Apex One, Trend Micro in Endpoint Protection Platforms
GARTNER PEER INSIGHTSのロゴは、Gartner, Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insightsのレビューは、個々のエンドユーザー自身の経験による主観的な意見が集約されたものであり、Gartnerまたはその関連会社の見解を表すものではありません。

オンデマンド(ライブウェビナーの録画版)

エンドポイントセキュリティの未来

ウイルスバスターCorp.の後継となる新SaaSサービス Trend Micro Apex One SaaS で何が変わるのか、ポイントをお届けします。

オンデマンド(ライブウェビナーの録画版)

Trend Micro Apex One SaaS 導入/移行ガイド

既存の設定を移行する方法やオンプレミスとSaaSを連携させたハイブリッド利用の方法など、Trend Micro Apex One SaaSに移行するために把握しておくべき情報を製品担当SEが解説いたします。

高度な検出技術

Apex Oneは、先進技術と実績ある技術を融合したXGen(クロスジェネレーション)のセキュリティアプローチにより、さまざまな脅威に対して広範な保護を提供します。

Pre-execution and run-time machine learning

実行前および実行時のハイブリッド型機械学習型検索に加え、オフライン機械学習型検索を提供

More accurate detection of advanced malware, such as fileless, cryptomining, and ransomware

ファイルレス、「環境寄生型」、ランサムウェアの脅威など、高度なマルウェアをより正確に検出

Noise-cancelling techniques – like census and whitelisting – throughout every layer of detection to dramatically reduce false positives

ファイルのポピュラリティ判断技術(センサス)やセーフリストなどのノイズ除去技術で、さまざまな検出レイヤにおいて誤検出を大幅に削減

Effective protection against scripts, injection, ransomware, memory, and browser attacks through innovative behavior analysis

挙動分析により、スクリプト、インジェクション、ランサムウェア、メモリ、ブラウザ攻撃に対する効果的な保護を実現 

検出から対応までをシームレスに統合

Apex サイバーセキュリティプラットフォーム

さまざまな技術を活用することで、データ侵害を受ける前に脅威を検出して対応することができます。XDRを使用すると、組織全体に影響を及ぼす脅威の広範な可視性と対応のために、検出と対応の能力を高め、複数のセキュリティレイヤにわたってこの能力を拡大することができます。

脅威分析アイコン

攻撃の痕跡 (IOA) を捕捉し、攻撃者の目的をリアルタイムに定義

サイバー脅威クロスヘア

侵害の痕跡 (IOC) についてユーザのタイムライン (テレメトリ) を調査し、標的型攻撃の影響を判断

Threat Scanning icon

対話型の根本原因分析ダイアグラムを活用して検出を詳細に調べ、分離、強制終了、またはエンドポイント保護の更新によって対応

ICNアイコン

エンドポイント、メール、サーバ、クラウドワークロード、およびネットワークにわたってイベントを関連付けることで単一媒体のアプローチを超えるオプションを提供

脆弱性に対する最大限の保護

Apex Oneの脆弱性対策機能は、スキャンするだけではなく、ホストベースの侵入防御システム (HIPS) を使用して、正規パッチが適用されるまで脆弱性に仮想パッチを適用し、システムを保護します。 

この仮想パッチ機能と世界有数の調査能力がもたらす知見を用いて脆弱性から保護してリスクを軽減

重要なプラットフォームや物理/仮想デバイスを保護

パッチの緊急適用に追われず、仮想パッチの暫定的な保護により計画的な運用が可能

CVE、MS-ID、重大度に基づいて脆弱性を特定 
 

セキュリティ業界をリードする脆弱性調査を活用し、多くの脆弱性を検出 

エンドポイント(クライアント)対策に
最適化されたソリューション※

※サーバ/クラウドワークロード向け対策にはTrend Micro Deep Security / Trend Micro Cloud One Workload Security をご検討下さい。

機密データを効果的に保護 高度な可視化と制御により、ネットワーク内外の機密データを保護します。Apex Oneに統合された情報漏えい対策、デバイス制御の機能によって以下が可能になります

  • 多種多様なデバイス、アプリケーション、ファイルタイプを網羅
  • GDPRを含む多くの規制コンプライアンスへの準拠を支援
  • デバイスコントロールとデータ管理の詳細なポリシーを設定

※ Client/Server Suite Premium™、ウイルスバスター™ コーポレートエディション Plusをご利用の場合は、別途ライセンスを購入することで、情報漏えい対策機能を使用いただけます

許可されていないアプリケーションに対するコントロール Apex Oneのアプリケーションコントロールを使用して、許可されていないアプリケーションが企業のエンドポイントで実行されるのを防ぎます。これにより以下が可能になります。

  • ロックダウン、セーフリスト、ブロックリストのカスタマイズ可能なポリシーを使用し、悪意のあるソフトウェアの実行を阻止
  • トレンドマイクロのアプリケーション分類やレピュテーションインテリジェンスを活用して動的なポリシーを作成し、管理の負担を軽減
  • 数百万件のアプリケーションイベントのデータを関連付けて脅威を識別し、検証済みアプリケーションの最新データベースを維持

※ アプリケーションコントロールをご利用の場合は、Client/Server Suite Premium、Apex One SaaSのライセンスをご購入いただく必要があります

一元的な可視化と制御

複数のセキュリティレイヤで一貫性のある管理、可視化、レポートをひとつのコンソールで実現します。

オンプレミスとSaaSのハイブリッド環境を単一のコンソールで管理可能 

保護の強化、複雑さの軽減、重複する作業の排除 

Trend Micro Smart Protection Network™の脅威インテリジェンスを活用  

一元的な可視化と制御

防御アプローチ

多層化された検出技術と調査および対応を併用し、さまざまな段階でエンドポイントを保護

アナリスト企業・第三者機関による高い評価

Apex Oneは、シンプルなパッケージでXDRと共に入手できます。

Apex Oneについて、さらに詳しく

SBV Services logo

トレンドマイクロの導入以来、数百万件の攻撃を検出し、1日で117,000の脅威をブロックし、18か月で感染はゼロになりました。詳しくはこちら(英語)

Ian Keller
Chief Security Officer, SBV Services

時代や環境の変化に柔軟に対応、Security as a Service
ウェビナーや資料まとめ

Apex One はウイルスバスター コーポレートエディション XG の後継となる製品です

Apex One はウイルスバスター コーポレートエディションをアップデートすることでご利用可能となり、以下のスイート製品に含まれています

Trend Micro Apex One™ SaaS

Apex One SaaSはSaaS版のApex Oneに加え、オンプレミス版も利用できるサブスクリプションモデルのスイート製品です。ウイルス対策に加え、脆弱性対策、EDR※1、クラウドサンドボックス※2を備え、総合的なエンドポイントセキュリティを実現します。SaaS版を利用することで、管理サーバを社内で運用する必要がなくなり、お客さまの管理負荷を軽減することができます。働き方改革で増加するリモートPCに関しても社内端末と同様の保護を実現し、またオンプレミス版とSaaS版の併用もできるため、段階的なSaaS版への移行が可能です。

※1 EDR機能は別途ライセンスの購入が必要です。
※2 クラウドサンドボックスは別途ライセンスの購入が必要です。

Client/Server Suite Premium™

Client/Server Suite Premiumは、仮想パッチによる脆弱性対策を備えたエンドポイント向けの総合セキュリティ対策製品です。Windows環境だけでなく、Mac端末やスマートフォン・タブレット端末、また仮想デスクトップ環境(VDI)など多様化するデバイス/環境に対応したセキュリティ管理を実現します。

※ EDR機能は別途ライセンスの購入が必要です。
※ 情報漏えい対策機能は別途ライセンスの購入が必要です。

ウイルスバスター™ コーポレートエディション Plus

クライアントPCやスマートフォン/Mac端末などの多様なデバイスを、ウイルスバスターコーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)管理サーバにより一元管理します。また、プラグインマネージャより、必要な機能を柔軟に追加できます。

※ EDR機能は別途ライセンスの購入が必要です。
※ 情報漏えい対策機能は別途ライセンスの購入が必要です。

Trend Micro エデュケーションパックシリーズ

エデュケーションパックシリーズは、文部科学省認可の幼稚園・小学校・中学校・高等学校および厚生労働省認可の保育園・保育所向けパッケージです。Windows/macOSパソコン、Android/iOS/iPadOS モバイル環境に対応した実績のあるセキュリティ製品をパッケージし、教育現場におけるライセンス管理や持ち込みパソコンへの課題に対応します。

エンドポイントセキュリティ製品選択ガイド

Apex One、ウイルスバスター™ ビジネスセキュリティサービスウイルスバスター™ ビジネスセキュリティの機能比較資料です。
お客さまの目的やご利用環境に合わせた製品選定にお役立てください。

包括的なユーザ保護

さらに機能を追加するため、Apex Oneには次のオプション※1が用意されています。

エンドポイントの検知と対応(EDR): EDR機能を実現するApex One Serviceは、広範なXDRプラットフォームの一部であり相関性のある検出結果とより洞察に富んだ調査と対応を、トレンドマイクロの複数の製品に渡って提供できます。

Managed Detection and Response (MDR): : トレンドマイクロのデータセンターに設置されたサンドボックスでの解析により未知の脅威に対する対策を強化※2 詳細はこちら

  1. 別途ライセンスの購入が必要です。
  2. 全ての未知の脅威に対応するものではありません