PortalProtect™

安心なコラボレーションを実現するSharePoint専用セキュリティ

 

概要

多くの企業がMicrosoft SharePointを使用してコラボレーション環境を構築し、従業員、パートナー、顧客とつながっています。ビジネスにおいてSharePointの活用はますます広がっており、単なるコンテンツの保管場所としての存在を超えて、チームサイトの構築、イントラネット/エクストラネットのポータルの作成、Wikiやブログの活用、ソーシャルコミュニティの開設に利用されています。

このようにダイナミックなコラボレーション環境は生産性の向上に役立ちますが、特に外部に公開している場合はセキュリティリスクの増大につながります。

PortalProtectは、管理者が気づきにくい不正プログラムや不正なリンク等の脅威を防ぐ専用の保護レイヤを用いてお客さまのコラボレーション環境を保護します。PortalProtectのWebレピュテーション技術は、不正なリンクがWebポータルに埋め込まれることを防ぐと同時に、強力なコンテンツフィルタでSharePointのファイルとWebコンポーネントの双方を検索します。拡張性の高い強力なWeb脅威対策と情報漏えい対策を備えたPortalProtectは、標準的なウイルス対策製品を超えたセキュリティを実現します。

ソフトウェア

保護の対象

  • SharePointサーバ

脅威対策

  • ウイルス対策
  • スパイウェア対策
  • Web脅威対策
  • 情報漏えい対策
  • コンテンツフィルタ

主な機能

ウイルス対策とスパイウェア対策

  • 感染ファイルのSharePointへの侵入をブロック
  • データを不正行為や盗難から保護
  • 実際のファイル種類を識別し、高リスクのファイルを阻止
  • ユーザ間での脅威の拡散を防止
  •  

情報漏えい対策

  • 事前設定済みのポリシーを情報漏えい対策 (DLP) 技術に組み込んで、情報漏えいとコンプライアンス違反を防止
  • SharePointデータベースを検索して機密データを検出し、リアルタイムで脅威をブロック
  • Microsoft Active DirectoryまたはSharePointのユーザ、グループ、サイトに基づいた詳細なポリシーを使用可能
  •  

高度なコンテンツフィルタ

  • フォーラム、ブログ、ソーシャルサイトへの不適切なコンテンツの投稿を防止
  • 事前に組み込まれたカスタマイズ可能な辞書により、誹謗中傷やさまざまな種類の嫌がらせに対応
  •  

Webレピュテーション技術

  • 不正なWebサイトや感染サイトへのリンクをブロック
  • 最新のスレットインテリジェンスを使用した迅速な保護
  •  

クラウドおよび仮想化に対応

  • Microsoft AzureまたはAmazon Web Servicesへの導入によりコストを削減
  • Microsoft Azure Agent Extension、PowerShellスクリプトをサポートし、クラウド内のSharePointワークロードに対するセキュリティのプロビジョニングを効率化
  •  

管理業務の効率化

  • 強力なグループ構成と管理、および一元化されたログ記録とレポート
  • 複数のサーバ全体を集中管理、隔離が可能
  • 役割ベースのアクセス制御とシングルサインオン
  • デジタルダッシュボード、Webパーツ、DRMなどマイクロソフトの戦略的ツールと統合
  •  

エンタープライズ環境での拡張性

  • 世界中の企業での利用実績
  • データベースに対するエージェントレスのスキャンによる最適化
  • リアルタイム検索と予約検索の双方でSharePoint Shredded StorageとリモートBLOBストレージをサポート

主なメリット

  • SharePointのユーザとデータに特化した保護を提供
  • さまざまな不正なファイルやURLを阻止
  • ファイルとWebパーツの両方で不適切なコンテンツとコンプライアンスデータをフィルタ
  • 管理時間の削減に貢献
  • お客さまの環境に合わせた拡張

システム要件

PortalProtectは、VMware ESXやMicrosoft Hyper-Vなど仮想環境に導入されたSharePoint以外に、Amazon Web ServicesやWindows Azureなどのクラウド環境に導入されたSharePointもサポートします。

PortalProtect 2.5 英語版

ハードウェア要件
  • CPU:
    - Intel Extended Memory 64 Technology (Intel EM64T) をサポートするx64アーキテクチャベースのコンピュータ
    - AMD64プラットフォームをサポートするAMD 64-bitプロセッサが搭載されたx64アーキテクチャベースのコンピュータ
  • メモリ:PortalProtect用に1GB RAM (2GB以上を推奨)
  • ディスク容量:2GBのディスク空き容量 (5GB以上を推奨)
OS環境
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard または Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard SP1 (64-bit)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise SP1 (64-bit)
  • Windows Server 2008 SP2 (64-bit)
    (いずれも日本語環境および英語環境の両方をサポートします。)
SharePoint
  • Microsoft SharePoint Server 2016
  • Microsoft SharePoint Server 2013
  • Microsoft SharePoint Server 2010
    (日本語OS環境上でのご利用もサポート対象です。)
Webサーバ
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 8.5
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 8.0
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.5
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.0
    (いずれも日本語環境および英語環境の両方をサポートします。)
Webベースの管理用ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 7.0、8.0、9.0、10.0、11.0
  • Mozilla Firefox 3.0 以上

PortalProtect 2.1 R2英語版

ハードウェア要件
  • CPU:x64アーキテクチャベースのコンピュータ (4コア以上を推奨)
  • メモリ:8GB RAM (10GB以上を推奨)
  • ディスク容量:2GBのディスク空き容量 (5GB以上を推奨)
OS環境
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
    (いずれも日本語環境および英語環境の両方をサポートします。)
SharePoint Services/Server
  • Microsoft SharePoint Server 2013
  • Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1
    (日本語OS環境上でのご利用もサポート対象です。)
その他
  • Trend Micro Control Manager 5.5 Service Pack 1 (英語版)※
    ※ Trend Micro Control Manager 5.5 Service Pack 1 (日本語版) のご利用予定がある場合には、製品Q&Aにてサポート要件をご確認ください
  • Webベースの管理用にMicrosoft Internet Explorer 6.0 SP1 (以上) またはFirefox 3.0 (以上)
  • Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.5 (以上)

PortalProtect 2.1英語版

ハードウェア要件
  • CPU:デュアルコア (32ビットまたは64ビット) 2.5GHz 以上 (3GHz 以上、64ビットを推奨)
  • メモリ:2GB以上 (4GB以上を推奨)
  • ディスク容量:2GB 空き容量 (5GB以上を推奨)
OS環境
  • Microsoft Windows Server 2008 R2ファミリ
  • Microsoft Windows Server 2008ファミリ x86/x64
  • Microsoft Windows Server 2003 R2ファミリ x86/x64
  • Microsoft Windows Server 2003ファミリ x86/x64
    (いずれも日本語環境および英語環境の両方をサポートします。)
SharePoint Services/Server
  • Microsoft SharePoint Server 2010/2010 SP1
  • Windows SharePoint Services 4.0
  • Microsoft SharePoint Foundation 2010
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 x86/x64
  • Windows SharePoint Services 3.0 x86/x64
    (日本語OS環境上でのご利用もサポート対象です。)
その他
  • Trend Micro Control Manager 5.5 Service Pack 1 (英語版)※
    ※ Trend Micro Control Manager 5.5 Service Pack 1 (日本語版) のご利用予定がある場合には、製品Q&Aにてサポート要件をご確認ください。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 SP1以上 (管理コンソール用)
  • Mozilla Firefox 3.0以上 (管理コンソール用)
  • Microsoft Windows Server 2008 搭載の IIS 6.0以上

注意:
システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。最新の情報については弊社の「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。

記載内容は2017年6月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。